福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何故?! & 東電女子社員の叫び

ベランダに布団を干した。ふと、横に目をやると、赤いにぼし・・・煮干しではない。赤い二星てんとう虫がいた。

ベランダの白い手すりに、ニ星てんとう虫の赤い色が映えて、とても可愛らしく清楚に見えた。

虫と言えば、福島では「見かけない。」とか、「ほとんど見ない。」とか聞いた。

この夏休みに帰った時、蟻を数ひき見ただけだった。

原発事故前には、食卓に座り、窓の外に目をやると、庭の桜の木には、様々な鳥が1、2匹、必ずとまっていた。近所の家の屋根には、スズメ達が、いつも群れをなしていた。

あの桜の木はハウスメーカーのイベントで頂き、「下の子の誕生祝い」にと植樹したものだった。私達の平凡だけど幸せの象徴だったかのような、あの桜。この夏、あの桜に小鳥達がとまっているのを一度も見かけなかった。それは何故 ? !

そんな異常事態を見ても、福島にとどまっておられる方々が沢山いらっしゃる。それは何故 ?!

お願いですから・・・政府は本当の事を言って下さい。
お願いですから・・・多くの方々がご覧になる報道機関の皆様は、真実を報道して下さい。

お願いですから・・・真実を知った方は、情報をとり続けて下さい。そして、あなたの思いが溢れた時、どんな小さな事でも良いですから、私達と一緒に声を挙げて下さい。あなた自身の為に。あなたのご家族の為に。

どうか、お願い致します。
あなたがご自分自身を守る事、あなたがご家族を守る事が、日本を、世界を、守る事になります。私の家族を守る事になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原発労働者の方々は、とても厳しい条件で、使い捨てのように働かせられています。

誰かが、おっしゃっていました。
「 戦時中のように徴収令状が来て、若者達が原発労働者として駆り出されたら、どうするのか?! 」

今のままでは、本当にそんな時がくるかもしれませんね。

「もう限界です」東電女性社員メール―原発作業員使い捨て・・・・・詳しくは下記ヘアクセスどうぞ。

http://www.j-cast.com/tv/s/2011/03/30091674.html?p=1
スポンサーサイト
  1. 2012/11/19(月) 17:22:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。