福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

避難ママから 堺 区・放射線量報告

堺の線量
19:15 0.18 (この場所で初めて出ました、最高値です)
0.16-18をうろうろしてます

ご参考まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年11月29日 17:46 の線量 
17:00 0.13-14
ほぼ通常に戻ってます。
雨で近くに落ちたかな?

ご参考まで

~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年11月29日 15:53
堺の避難ママじゃない友人の、化学物質過敏症の子から、頭痛するからするからなんか来てるかもってメール。。 恐いのはその子瓦礫関係なく元からちょくちょくあること。何が原因か更に不安になります。。(泣) 子供たちはお外出たくて。
子どもと家にこもって、ネットと線量計とにらめっこ中です。
東京の日々を思い出します、、。

9:30-10:30 0.16-17
11:00 0.14
11:40 0.17
14:00 0:16-17
14:45 0:17
15:30 0:15-16

ふつうは0.11-0.15ぐらいなのが、0.15-0.17ぐらいな感じになってきてます。

堺市堺区マンションの7階東向きベランダ
線量計はプリチャピ(高めにでるようです)

ご参考まで。
(たった今見たら、0.13-14でした。)
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 00:37:09|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良かったんだよね。公聴会。

公聴会から一夜明けて、とても、惨めな気分になっている。昨日は、「終わった~!! 」と解放感で一杯だったのに。

発言した内容に後悔は無い。あれで、良かったんだと思う。

しかし、私以外に被曝症状の事を、発言された方は一人か二人だった。

被災者に被曝症状が出た方々が沢山いらっしゃるのは知っている。


私は、子ども達の身体の事、言って本当に良かったんだろうか?マスコミの前で、あんなに沢山の方々の前で・・・・・。

昨日、京都に来て下さった方々はお分かりだと思うが、私は自分の身体の症状の事を話し出す時に、言葉が詰まった。
どうして、こんなに大勢の前で、こんな事を話さなければならないんだろう・・・と、一瞬の内に、とても惨めな気持ちになったから。
今まで、話した事がなくもなかったけど、女性しかいない時が殆どだった。

でも、事実を公の場で話す事は、大きな意味があるよね。

世間に事実を公にする事で、安全な世の中が作られるきっかけになっていく。
そして、私の家族も守られるのだ。うん。そう !

・・・・・でも、なんで、こんなに悲しくなるの?

こんな時に限って、誰も電話してこないし・・・・・。
でも、誰にでも話せる訳じゃない・・・。
夫に言っても、心配かけるだけだし・・・。もしかしたら、怒るかも?


湯船に浮かべたバラの花びら達が、なぐさめてくれた。あれで、良かったんだよね。

先日、お話し会の会場に活けてあったのを、頂いたのだが、
今夜の為に、この子達はウチに来てくれたのかもしれない。
綺麗な花びらさん達、ありがとう。

子ども達が遊んだのだろう・・・。花びら達には、傷があった。
私の心と身体みたいだね。ごめんね。
大好きだよ。チュッ。


さて、ごはん、食べようっと。_(^^;)ゞ


~~~~~~~~~~~~~~~~

  1. 2012/11/30(金) 00:16:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堺区・線量報告  震災ガレキ焼却中

ガレキ焼却中、線量計で測定中
避難ママさんからの転送です。
--------------------------------
子どもと家にこもって、ネットと線量計とにらめっこ中です。
東京の日々を思い出します、、。

9:30-10:30 0.16-17
11:00 0.14
11:40 0.17
14:00 0:16-17
14:45 0:17
15:30 0:15-16

ふつうは0.11-0.15ぐらいなのが、0.15-0.17ぐらいな感じになってきてます。

堺市堺区マンションの7階東向きベランダ
線量計はプリチャピ(高めにでるようです)

ご参考まで。
(たった今見たら、0.13-14でした)



MLホームページ: http://www.freeml.com/hinanmama

-----------------------------------------------------------------
  1. 2012/11/29(木) 17:43:13|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保育室2 & 公聴会の動画

子どもは男性に遊んでもらうのが大好きです。肩車やグルグル回して貰ったり、ちょっとダイナミックな遊び。

ぎっくり腰を最近したばかりのA さん。そんな子ども達を気遣い、頑張ってダイナミックに遊んでくれました。しかし、私は、A さんの身体が心配だったので、一人のお子さんを高く?抱いてみましたが、それでは物足りなかったらしく、直ぐにA さんの所へ戻られてしまいました。f(^_^;

A さんは、「これで最後ね。(^o^;)」と言いながらも、子ども達のリクエストに何度も応えてくれました。
A さん、有難うございました。
その後、腰は大丈夫でしたか?

普段はお父さんが、いない家庭の断然多い、避難してきた子ども達。どんな気持ちでA さんに遊んで頂いたのでしょう?私は、見ているだけで、胸が詰まりました。
わが家の子ども達が、「パパが帰る時は、何でこんなに悲しいんだろう」って泣いていたのを思い出します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「避難者がつくる公聴会in大阪」の動画です。

http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1
  1. 2012/11/29(木) 17:09:09|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪で試験焼却が、されま した。身を守りましょう。

わが家は、取り合えず、マスクを子供たちに着けてもらいます。
以下、転送です。

★ 大阪市は、今日9時から27時間から30時間くらい連続で100トンの震災瓦礫の試験焼却を強行します。
 5日間は、外に出ないこと、今日の公聴会に来ていた方の指示です。

 大阪、奈良、京都の皆様、放射能対策は万全でしょうか?今度、雨が降るまで続けて下さい。

子供たちが雨に濡れないこと、放射性物質を吸い込まないことを願います。マスク着用。

大体放射能が4倍は増えそうなことが、過去の、データーから推測されています。

ちょうど瓦礫を焼却する2日間は、大阪から四国方面に風が流れていくようです。

2番めの動画で風の流れが見れます。 

http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

気流の動画では、地上10mにおける風を予測しています。

大阪市教育委員会は、【瓦礫試験焼却】に関して此花区の学校園に、報告、
通知、指示、何もしていません。怒です。

アスベストが、1.8本/L、瓦礫を運びいれた場内で検出されても、大阪府が他の繊維物質が含まれているから検査に出しているだけ、基準の10本より、というような、開き直りの回答です。
試験焼却では、排ガスもたった4時間だけ集めたのを1立方メートル、測定する
とのことです。テスト機関は、中外テクノス。

全部、検査した、というような、アリバイ作りです。
  1. 2012/11/29(木) 16:22:36|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログの感想 & 私の要望書

ブログの感想をメールして下さった方がいらっしゃいました。こんなふうに思って下さる方がいらっしゃるなんて、幾らかは、世間の役に立っているのかな♪と嬉しくなりました。ブログを始めて良かったです。勧めて下さった、このブログを立ち上げて下さったOさん有難うございました。m(__)m

「ブログ拝見しました。たくさんの思い、投げかけに、感謝。もう誰も彼も、あの震災からただ傍観者でいることはできないんだ、ということを感じます。」

Hさん有難うございました。明日も頑張ります! !
私のブログを、お気に入りに入れて下さっている方々も、本当に有難うございます。m(__)m励みになっております。

以下は今日、京都で行われた、「避難者がつくる公聴会」で私が発言させて頂いた時の原稿です。
この公聴会に携わって下さった方々、中継を見て下さった方、お疲れ様でした。本当に有難うございました。m(__)m
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        要望書

私は、福島県郡山市より小学生の娘二人を連れて、関西に避難してきました。

福島に残っている主人が、ある国際会議に行きました。
去年の9月11日に、山下俊一氏率いる、福島医大で行われた

国際専門家会議「放射線と健康リスク・世界の英知を結集して福島を考える」

です。

その国際専門家会議を傍聴してきた、主人がハッキリと言っていました。
「福島、大丈夫みたいだよ」

その時、私は、こう思いました。「関西で私が出席してきた放射能に対する勉強会とは 言っている事が全然違うみたいだけど国際会議なんだから、主人が言っている通り 大丈夫なのかな?」って少し嬉しくなりました。

しかし、更に沢山の勉強をしているうちに分かった事ですが、この国際会議に出席していた学者たち、UNSCEAR,WHO,IAEA,ICRPらはチェルノブイリで起こった、 低線量被ばくによる健康被害の隠ぺいを行っていた関係者だったのです。
原発を推進したい側の開いた国際会議だったんです。
でも、「国際会議」ですから! !「世界の英知を結集して福島を考える」ですから ! !
一般の方々は、信じます。

それに対し、チェルノブイリで起こった、 低線量被ばくによる健康被害を把握しているECRR の報告を紐解くと、東北どころか、関東でさえも、チェルノブイリで言えば強制避難地域が在る事が分かります。

ECRR の報告をみても、現在のチェルノブイリの現状を見ても、どう考えても、今の被災地に、日本に、希望は見えません。

福島の実家の父は、野菜と魚が大好きで、肉は殆ど食べません。本当に理想的な食生活でした。震災前、70才をとっくに過ぎていましたが、退職してからの採石場でのアルバイトで筋肉モリモリになり、とっても元気に働いていました。それなのに今は、頭が痛いとか、色々、調子が悪くなってしまいました。
私が、たまに電話しても「頭が痛くて、話していられない」と、早々に電話を切ろうとします。
私が父や主人に「食べ物に気を付けて欲しい」と言っても、「国が大丈夫だと言っているんだから、大丈夫なんだ!」と、全く聞く耳を持ってくれません。

主人は原発事故前には、例え、単身赴任していたとしても、几帳面で、いつも小綺麗にしていたのに、今では生気が無く、とても疲れやすいのか、何事も億劫に感じているようでした。
健康診断の結果も、思わしく無かったです。

避難させて頂いた私達三人はというと・・・・・

私達は3月15日の午前中に福島空港を発ちました。同じ日の午後に友人家族がやはり福島空港を発ちました。
友人家族が外部被曝を調べてもらったところ被曝していなかったそうです。ということは、同じ日、同じ場所から同じ所に避難した私たち3人も外部被ばくをしていないはずです。

にも関わらず、私達親子三人には環境が変わったからというには説明のつかない症状が次々に出ました。

私は疲れやすく、風邪をひきやすくなりました。一ヶ月位で治ったかと思ったら一日か二日で、また風邪をひいてしまうのです。生理の量がとんでもなく多くなりました。一瞬の内に大量に流れるので、今トイレに行ってきたばかりであっても、「あっ!」と思った瞬間には衣服が汚れ、外出先で着替えなくてはならなくなりました。
始めは、環境が変わり、疲れているせいだと思いました。しかし、それからも、首を傾げる事が起き続けます。
昨年12月頃には虫歯が沢山出来て、歯に詰めてあった金属がたった一週間足らずの間に6個取れました。足の親指の爪も根元からポロッと取れてしまいました。

私も子供達も蚊に刺されたなどの些細な傷が半年、一年以上経っても治りませんでした。
関西で二度目の冬、子供達の霜焼けが恐ろしい程酷くなり、しかもいつまでも治らなかったのは何故でしょうか?福島でなった時にはすぐに治っていました。登山家が凍傷になり、指を切り落とす事があると本で読んだ事が有りますが、「切り落とす前にはこんなふうになるのかな?」と思うくらいに子供達の手足が真っ黒になり、桜が咲く直前まで綺麗になりませんでした。
ここまで、酷くても、私は「おかしいな」と頭を傾げるばかりでした。

京都に避難先を変える直前には鼻血や下痢を繰り返すようになり、突然、お腹の激痛におそわれるようになってしまいました。
外部被曝はしていなかったはずなのに・・・・・。

その後、大阪から京都に引っ越し、食材を今までとは、別な所で買うようになってから、症状が激減しました。

この時、初めて、内部被曝していたことを自覚しました。

避難当初、大阪だからと安心して食べ物による内部被曝まで、頭が回らなかったですす。大阪では安売りのスーパーでほとんどの食材を買って食べていました。

しかし、今でも、長女は些細な傷が治りずらいです。ケガをさせるのが怖いです。チェルノブイリの原発事故の時も、第二次成長期の子供たちに、深刻な被害が出たと聴いています。今、娘は、まさしく第二次成長期に入っています。
福島の現状と中心的に闘って下さっている福島に残っておられる方々にお聞きしても、私の子供たち程酷い症状の出た話しは聞いた事が無いそうです。マクロビの先生に私達の被曝症状をお伝えしたところ「体に良い物を食べていたのでしょう。」と言われました。確かに福島では有機野菜と玄米を食べていました。

せっかく、子供たちの為に、自分が犠牲になって、避難させてくれた、夫に申し訳ないです。その症状はチェルノブイリや長崎・広島・福島でヒバクされた方々と酷似した症状です。

もし・・将来・・・子供たちに何かがあった時・・・私は、どう償えばよいのでしょうか?私は、その十字架を一生、背負って生きていかなくてはならなくなりました。

-----------------------

①政府は原発を推進したいが為のたて前を言うのではなく、全国民、世界の安全を守るために、いつでも真実を伝えて下さい。

目先の事を考えるあまり、無責任な事をして、日本が世界からの信用を失わないようにして頂きたいです。

②関東を含む避難したい人達が、避難出来るよう、仕事や農地を提供したり、所得の保証をして下さい。

大半の方々は仕事があれば、避難できるのではないでしょうか。

③保養を義務化する法律を作り、東北に限らず、関東も含む被災地で暮らす人々、子供は勿論、大人たちにも「保養の権利」を与えて下さい。

④被災者に保養の給付金を出して下さい。

⑤企業に被災者が保養する為の補助金を出して下さい。例えば、企業提携等や技術交換、研修などをしながら、大人も保養出来ると良いのではないでしょうか?そのように、企業側が検討出来るよう、国からの働きかけ、制度を整えて下さいますようお願い致します。

これから、子どもを授かる方もいらっしゃいます。その方々のお子様は、皆、元気に生まれて来てくれるのでしょうか?
ですから、大人の保養も必要です。

まとまった期間、体を休め、安全な環境と安全な食事で、家族と一緒に暮らして、放射能で傷ついたであろう身体と精神に元気を取り戻してほしいです。

⑥宅急便などの送料の補助を制度化して下さいますようお願い致します。 

避難者には、夫や被災地に残された家族の為に近畿の安全な食材を毎週送り続けている人が多くいます。家族の健康を気遣って送るのですが、郵送料もかさみます。

 小さな事のようですが、避難者は関西にいても、必死に放射能と戦っています。何より家族の健康のためにできることは何でもしたいと考えています。そのような心を理解していただき、ご検討ください。
被災地の方々が安全な飲食物を取り寄せる為の送料の負担もご検討下さい。
 この小さな事の積み重ねが、内部被曝による広範な健康悪化、病気を防ぐ大きな力になります。本来防げるはずの病気・不健康が広がり、医療費や健康保険料、介護保険料等々が値上がりし、国民生活の負担を増やすのでなく、防げる病気は防ぐために、国の支援をお願い致します。

広島、長崎で原爆が落ちた後に、内部被曝の為、元気に働いていた人が突然気力が無くなり、働けなくなってしまいました。病院で検査しても、どこも悪いところがないと言われてしまうのです。これが、原爆ブラブラ病です。広島、長崎では、一度きりの原爆投下です。

福島の第一原子力発電所では、今でも放射能が毎日出続けています。

原発事故後の日本でも原爆ブラブラ病は起きると言われています。

被災地の多くの方々がそうなったら、---------その時、日本は共倒れにならないでしょうか?このままでは、国民の負担が今まで以上に重くなってしまいます。

⑦日本国内外に出回る食糧をしっかり測定し、1ベクレルでも放射能が検出された食材は流通させないようにして頂きたいです。

日本国内の放射能の測定に信頼性があれば、外国への輸出などへの信頼性も高まり、ひいては、日本国と国民の為になります。

福島県、日本の現実、

行政では食品中に含まれる放射能の測定に関わる人々が派遣などの場合があり、測定のための研修が不十分です。測定にかける時間も短いので検出限界値が高く意味の無い測定になっています。
行政(無料)ではかり 放射能が不検出になった場合でも、放射能市民測定所(有料)で時間をかけて調べると、検出されることがあります。

例え、一キログラム当たり8ベクレルの物でも毎日食べ続けると、子供であれば、3ヶ月で心臓疾患の恐れが出てくるそうです。
しかも、全てが測られているわけではないので、それ以上に危険な食べ物が出回る事もあります。
「千ベクレルの農作物が差し押さえになったが、そのとたん、高レベル放射能汚染の恐れがある周りの畑の農作物が、西日本に運ばれてしまった」という、流通業者の内部告発がありました。

元々、西日本に住まわれていた方々に、私よりもっと早い時期に「内部被曝のせい かもしれない? ! と思われるような症状が出た」という話をいくつも、聴いています。
このままでは病気になる方々が全国的に増えて、「健康保険料、介護保険料、各種税金など」が上がる事が予測されます。放射能の影響で出生率も更に下がり、元気に働ける年金などを支える世代が激減するのではないでしょうか?日本国の存亡の危機に陥るのではないでしょうか?
また、「日本では原発事故前でも、食糧の4割りが棄てられている。」とも言われていました。汚染された食べ物を食べなくても、なんとか乗り切れるのではないでしょうか?

内部被曝は外部被曝に比べ格段に危険度が高いのですから、もっと厳しく測って頂きたいです。このままでは「原爆ぶらぶら病」のようになる方々が、日本全体に拡がる可能性があります。

⑧交通費の負担を制度化して下さいますようお願い致します。

バスや電車などの乗り物に、被災者がなん組か、無料で乗せて頂いたとしても各交通機関の負担は、そうそう増えないように思いますが、いかがでしょうか?

避難してから、色々な事情が重なり、ほとんど、家族が揃う事の無いご家族もいます。1日、2日のお休みでも行けるように、一年に何回まで、とか、いくらまで交通費を負担するとか、あると助かります。
原発離婚が増え続けています。家族の絆を深める為、精神的負担を軽減し、心身の健康維持の為にも、交通費の負担を国がして下さいますようお願い致します。

⑨被災者に限らず、全国で放射能の影響を心配している人達が、被曝していないかどうか、調べられる健康診断を実施して下さい。
それが、被災地を守る事に繋がるからです。

⑩移住した者の住宅ローンが残っている時には、そのローンが終わるまでは、住宅手当を支給したり、住宅の無料貸与をして下さいますようお願い致します。

⑪移住した者が、被災当時住んでいた家に誰も住んでいない時、又は原発事故当時住んでいた家の家賃報酬などで固定資産税(土地、建物など)やローンが賄えない場合には、固定資産税を免除して頂けますようお願い致します。
  1. 2012/11/29(木) 01:17:54|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

抱きしめてみては?&明日 11・28「原発被災者支援法の具体的 実施を!避難者がつくる京都公聴会」

今日は、「避難者がつくる公聴会in大阪」に行ってきました。

復興庁からは2名、国会議員さんも、数名、傍聴者も百名以上はいらしたのでは、ないでしょうか?厳粛で、皆の団結力を高めるのに大変良い機会だったと思います。
様々な避難者さん達が、それぞれの思いを訴え、胸に迫るものが、ありました。ハンカチで目を押さえながら聞かなくてはならない事もありました。

こうした、取り組みの一つ一つが、被災者だけでなく、日本を、世界を、安全に導いて行く事に繋がっていくのだと、私は信じます。

今まで、大勢の方々と繋がりながら、試行錯誤しながら様々な事をやってきましたね。私などは、時には、遠回りの事もやって来たのかもしれません。
山あり、谷あり、でも・・・原発事故以降、皆でここまで、続けてきましたね。

皆さん、本当に有難うございます。
関西で出逢った全ての人々に、このブログを読んで下さる全ての人々に、心からの有難うを言わせて下さい。


    *     *     *

私は午後の一時間、保育室で、他の家の子どもさん達と過ごしていました。

ある、4才位の女の子が泣き出しました。オロオロしながらも、その子を抱き寄せ、「悲しかったの?」と聴いてみました。その子は泣きながら何か訴えていたけど、結局、理由は分かりませんでした。
でも、その悲しい気持ちに寄り添いながら、背中をポンポンとすると、間もなく泣き止んでくれました。有難う。私の膝にのっかかった彼女の温かい事。知らないお子さんという気まずさも無いわけではありませんが、なんか、癒されます。私の子供たちをこんなに長い間抱っこしたのは、一体、いつの事だったでしょうか?

暫くして、絵本の読み聞かせを数人の子供たちに聴いてもらいました。その気になったのは、福島で私の子供たちに読み聞かせていた本が数冊あったから。

「モコモコ モコ」と読んでいるうちに涙が溢れてきました。

福島では子ども達に、毎日、沢山の読み聞かせをしていました。
なのに、今では、そんな心の余裕もありません。

それどころか、イライラして子ども達に当たってしまう事もある。

そんな時、「私は何やってるんだろう・・・・・」って、とても虚しくなります。

怒りまくって、自分を取り戻すのが難しい時・・・・・

皆さんならどうされますか?


私は、いつも出来る訳ではありませんが、子どもを抱きしめるようにしています。
・・・・・その、小さくて、温かくて、柔らかな身体を抱きしめると、身も心も温まります。心がほぐれてきます。
ゴメンね・・・お母さんを嫌いにならないでね・・・・・。愛してるよ・・・。

--------------------------------
以下、転送です。

奧森@うつくしま☆ふくしまin京都です。

いよいよ明日、「原発事故子ども・被災者支援法の具体的実施を! 避難者が
つくる京都公聴会」を開催します。

公聴会で発言していただく方も、決まってきておりますが、当日参加の避難・
移住の方からも、時間が許す限り発言していただこうとかんがえております。

このメールを転送していただくか、「うつくしま☆ふくしまin京都」のブログ
に、ソーシャルツールのボタンを設置していますので、ブログにお立ち寄りい
ただき、「ポチッ」とクリックして、拡散してください。

http://utukushima.exblog.jp/16762769/

ぜひ、ぜひよろしく願いします。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 原発事故子ども・被災者支援法の具体的実施を!
 避難者がつくる京都公聴会
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 復興庁を京都に招き、避難者の心情と要求を直接伝えます!
 福島をはじめすべての原発被災者の参加を呼びかけます!

11月28日水曜日 13:20開場・13:40開始・16:30終了予定
京都市呉竹文化センター・創造活動室
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php

参加費無料     *カンパをお願いします


 原発被災者支援法(略称)が今年6月に制定され、国は今、支援法にもとづ
く「基本方針」とそのための「予算案」の策定に取りかかっており、年内にも
とりまとめが行われます。

 原発被災者支援法は、支援対象となる放射能汚染地域への居住、他の地域へ
の移動(避難・移住)、移動前の地域への帰還について、被災者自らが選択で
きることを明確にし、それぞれに必要な支援を国が行うことを義務づけた画期
的な法律です。

 しかし、具体的な施策の中身については、被災者、避難・移住者の声と世論
の高まりにかかっています。

 私たちは、基本方針と予算案が決められるこの時期に、復興庁を京都に招き、
福島県や近隣各都県から京都に避難・移住してきた方々の声、要求を直接、政
府・復興庁に伝えるため、「避難者がつくる京都公聴会」を計画いたしました。
この公聴会には、京都選出の国会議員にも参加を要請をしています。

 被災者、避難・移住者のみなさんが直面する問題は多岐にわたっています。
どれもがこれまで誰も経験したことのない困難であり、被害であるといえます。
原発被災者支援法にもとづく具体的な支援は、このような被災者、避難・移住
者の経過、状況、心情をくんで、誰一人も切り捨てられることなく実施されな
ければなりません。
 
 どれだけの範囲を放射能被害地域(「支援対象地域」)と認めるのか? 被災
地住民そして避難・移住者が求める支援策は?

 ぜひ、多くの避難・移住者に参加いただき、自らの要求を発言していただき
たいと思います。
 また、この問題に関心のある方は、どなたでも参加(傍聴)できますので、
ぜひご来場ください。

 なお、当日は乳幼児の保育を行います。保育を希望される方は、11 月24 日
までに下記の連絡先までメ
ールかFAX で必ず申し込んでください。よろしくお願いします。

========================================================
☆保育申し込み(e-mail rentai@s3.dion.ne.jp またはFAX 075-622-9870 )

 11 月28 日の「避難者がつくる京都公聴会」に参加しますので、保育を申し
込みます。

 保護者のお名前
 連絡先
 保育を希望する乳幼児のお名前と年齢

**********************************************************************
(主催)うつくしま☆ふくしまin京都/避難・移住・帰還の権利ネットワーク
連絡先京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号

******************************************************
  1. 2012/11/27(火) 22:12:26|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難者がつくる公聴会i n大阪 IWJ中継。

明日は大阪で、明後日は京都で避難者が作る公聴会があります。

私も京都で発言させて頂く予定です。

その原稿を作るのに夕べは徹夜をしてしまいました。昼間は2時間位しか寝なかったのに、何故か元気。

でも、明日の大阪にも行くので早く寝なければ・・・・・・。

 

是非、一人でも多くの方々に避難者の声を聴いて頂けますように。


★避難者がつくる公聴会in大阪

 

原発被災者支援法が来年4月から実施されるにあたり、

 

被災者の意見を訊いて支援策を決めることが、

この法律に明記されています。

 

近畿の避難者が自分たちの手でつくり、

自らの気持ちと要求を国に直接伝える「公聴会」です。

 

復興庁と近畿選出の国会議員・大阪市会議員の方もお招きします。

 

 

□日時 : 11月27日(火)  10:30~15:30

 

□場所 : クレオ大阪中央・セミナー室 ※ 地下鉄 四天王寺前夕陽丘 5分

 

□主催 : 大阪府下避難者支援団体等連絡協議会 

 

□問い合わせ : 大阪弁護士会 弁護士 青木佳史 06-6633-7621

 

※ 事前のお申し込みはなくてもご参加頂けますが、可能でしたら事前申し込みをお願い致します。


※途中参加も大丈夫です。

 

【参加申し込み】

 

参加費 : 無料

 

FAX 072-684-2814

 

※託児あり。必要な方は、その旨もお知らせください。

 

↓ 詳細 : 避難・移住・帰還の権利ネットワーク 要請書-ちらし 

 

http://hinan.jimdo.com/

 

 

IWJ 大阪1チャンネルで中継があります。


参加できない方は、是非ご覧ください。


ご都合のつく方は、数時間でも傍聴にきてくださいね。


 

  1. 2012/11/26(月) 23:21:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日、高槻行動 野 田さんが来るらしい。

以下、大阪高槻市の市民の方よりのメールです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

明日の脱原発高槻行動について

場所JR高槻北側

時間 12時~1時30分

3回目となる高槻行動

野田がくるらしい(辻元事務所からの連絡をもらった人の話しによる)

のでやめるわけにはいきません。

私は「原発ゼロ上牧行動」の宣伝とちらしまき

つでに野田に「うそつき!」といってやりたい

〇〇さんは福島集団疎開裁判の宣伝

〇〇さんの音楽もあります。

明日は是非JR高槻駅北側へお集まり下さい。

 

 

 

  1. 2012/11/25(日) 03:02:24|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私達が今、生活出来ているのは・・ ・&原発作業員が去ってい く 福島第一原発“廃炉”の現実 |一日 一回脱原発 |Am eba (アメーバ)

今、日本に住む私達が、世界の人々が、生きているのは、原発作業員さん達のおかげです。
ご自分の身体の危険を感じながらも、捨て身で作業をして下さっている皆様。皆様を送り出して下さる家族の皆様。

本当に、有難うございます。
本当にご免なさい。

形は違うけど、沢山の方々が、関西でも、頑張って下さっています。
本当に有難うございます。

私も、日々模索して、微力ながらも、自分に出来る事を、私なりにやっています。


皆が、お互いを認めあい、高め合って、元気をもらいながら、時には元気を与える事もある。
そうやって、前向きに、生きていきたい。

人間は一人では生きられないのだから・・・・・

意見の違う所があったら、逃げずに歩み寄れる所を探したい。

何もかも投げ出したくなる時もある。

・・・・・けれど、沢山の方々が支えて下さっている事を忘れずに、何とか踏みとどまる。
そしてまた、少しずつでも、良かれと思う方角へ、前に進んで行く。

それしかない。


今日出逢った皆様に。
話しを聴いて下さった皆様に。
私を毎日支えてくれている子供たちに。
遠く離れていても家族である事を忘れないでいてくれている夫に。
遠く離れていても、文句一つ言わず、私達の避難生活を認めてくれているお義母さん、父に。

心からの有難うを言わせて下さい。
皆様のお陰で、今日も何とか、頑張れました。本当に有難うございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下、転送です。

原発作業員が去っていく。
福島第一原発“廃炉”の現実 |一日一回脱原発 |Ameba (アメーバ)

http://s.ameblo.jp/amebloacchan/entry-11399081583.html
  1. 2012/11/25(日) 00:59:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。