福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな抵抗 & 原発再稼働パブコメ & 危険な放射能汚染の拡散政策を考える 4.14 シンポジウム

私は、滅多に家にいない。
家に居る時、ピンポンが鳴っても、誰かの来客予定が無い限りは、まず玄関に出る事は無い。何故かというと、滅多に家に居ないので、やらねばならぬ事が山積みだから。
家事はモチロン、事務的なお仕事が山積みになっているから・・・。
それらを「やらねば・・・・・(T_T)」と思うだけで、訪問者の応対をする元気も出てこない。

なのに、今日は午後の訪問者のピンポンの音に玄関に出てしまった。

〇〇新聞の勧誘の方だった。「ご購読をされた事はありますか?」

私「購読は、した事が無いですが、読んだ事はあります。余り真実が書かれていなかったので、いいです。」(^_^;)

新聞屋さん「どんな事が?」

私「原発の事とか・・・」

新聞屋さん「最長六ヶ月無料で、その後、お好きな時からとっていただけませんか?」

私「真実が書かれていなかったので、いいです。」(・・;)

新聞屋さん「何かありましたか?」

私「福島県からの被災者なんですけど、真実が書かれていなかったのでいいです・・・・・」(T-T)・・・・・思わず声が、か細くなり涙が溢れてきた。
そう言って、玄関を閉めると鍵をガチャリとかけた。

計算して、そうなったわけではないが、玄関に入ってから「〇〇新聞社の方は、どう思っただろうか?少しは反省してくれただろうか・・・・・?」と思ってしまった。

玄関先で「福島県からの被災者・・・」と口に出すだけでも、抵抗がある・・・・・
それでも、敢えて、それを口に出すのは何故か解りますか?

・・・・・私の世間に対する小さな抵抗だ・・・・・

こんな小さな抵抗の為に、こんなに勇気を振り絞って言わなくちゃならい・・・・・・・

・・・・・こうやって書き綴っているだけでも、涙が溢れてくる。

・・・・・こんな事にエネルギーをつかう意味があるのだろうか・・・?

・・・でも、小さな抵抗をせずにはいられない。


本当は〇〇新聞社に直接、言うのも良いのかもしれない。「『真実が書けた!』と思った時に、勧誘に来て下さい。」って。


去年の5月頃だったか、京都に避難先を替えたばかりの私達の所に、夫が会いに来てくれた。原発事故以降二回目の再会で、家族四人が揃った貴重な1日だった。

その日の朝、どこにだったか原子力規制庁?の方が来るというので、「皆で訴えよう」というお知らせメールが来た。

私がその事を夫に伝えると「行こう」と言ってくれた。とても、意外だった・・・。後で確認すると、何かの勉強会と勘違いしてしまったとか・・・・・。それにしても、意外である。

行ってみると、門前で皆が其々アピールしていた。私も被災した者として、お話しさせて頂いた。凄く惨めな気持ちだった・・・。

夜行バスに揺られ疲れていた夫は、その時、何を思っていたのだろうか?・・・・・

・・・・・・・その時に限らず、マイクを持つ時は、いつも惨めな気持ちだ・・・・・・・・・

原発が爆発したのは・・・・・私達だけが悪い訳じゃないのに・・・・・・何故、こんな気持ちになるんだろう?

・・・・・・・・多分、この問題を多くの国民が他人事のように、感じているからだと思う。


そして、2社の新聞社さんが取材をして下さった。
一方は、原発の様子と同じように漠然としか、書いて下さらなかった。
もう一方は、割りとキチンと私が伝えた言葉で書いて下さった。どっちがどっちの新聞社か、ハッキリ覚えていないのが残念だ・・・・・・。

次回からは、キチンと覚えていて「事実のコメントをブログに載せよう」っと (^-^ゞ

読者は、黙っちゃいない!(^。^)y- ̄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

繋げる未来は誰の為
繋ぐ命は誰の為
多くの未来の命の為
それは自らの未来の為
命の子らよ
全てが命で出来ている事を
忘れてはならない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と原発の再稼働に直結する規制基準(※)がパブコメにかかっています。5/10まで
です。

資料が膨大(3400頁)である上にその構造もわからないため、これを見ただけで
コメントすることはほぼ不可能な状況です。

そこで、4/24のパブコメセミナーでパブコメのポイントをまとめました。
パブコメは市民の意見表明の重要なツールです。
ぜひ、シンプルでいいので早めのパブコメ提出をしましょう。
-----------------------------------
規制基準の資料&ポイント:
※【セミナー】4/24みんなで学ぼう!原発・新規制基準案のパブコメのポイントより
http://goo.gl/LhLli
-----------------------------------
規制庁のパブコメページはこちらです。
http://www.nsr.go.jp/public_comment/

◆前回、骨子案についてパブコメを出した方
の自分が出したパブコメの回答状況をチェックしましょう!
→「発電用軽水型原子炉施設に係る新安全基準骨子案に対する意見募集の結果に
ついて」
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0001_09.pdf

私たちが出したパブコメへの回答をチェックしてみました。
→回答に満足できなければ、反論の形で、再度、提出しましょう!
「発電用軽水型施設に係る新安全基準骨子案」に対する意見とその回答
https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/kiseikijun_kosshi_pubcome_kaito.pdf

◆規制庁と会合をもち、疑問をぶつけました。下記がその報告です。重要なポイ
ントが含まれています。
http://goo.gl/2oxtX

◆パブコメ対象文書、重要なものをピックアップ!
<5年猶予は、こちらの文書のp.5に記載>
原子力規制委員会設置法の一部の施行に伴う関係規則の整備等に関する規則(案)等について
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130410_03/130410-01.pdf

<新たに要求する機能と適用時期(案)>
ここにも「5年猶予」が。5年猶予を求められるのは「特定安全施設(仮称)」
および「所内恒設直流電源設備(3系統目)」。
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130410_03/130410-09.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


危険な放射能汚染の拡散政策を考える 4.14 シンポジウム
IWJ動画配信(一部と二部になっています)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/74150

moto wrote:
スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 17:16:40|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

手抜きご飯&ある方から&棄民

先日のご飯    

冷凍インゲン豆・玄米・ご飯・ジャコ・トマト・板のり・豆腐   

福島に来てからは、家にあるものを消費するという、食生活だった。しかも、作った?のはたった一回。だから冷凍食品使用とは言え、いつもよりずっと、まともな食生活だ_(^^;)ゞ

その数日後、〇〇ちゃんが生野菜サラダを作ってきてくれた。(^○^)有難う~!

今の私には特にご馳走だ!ルン♪

コーンの缶詰めがあったので、サラダに合わせよう♪♪と開けてみた・・・目が点になった・・・。

だって、クリームタイプのコーンだったんだもん(*_*)・・・どうしよう~・・・・・・・

一口食べてみた・・・・・つぶつぶコーンと思い込んでいた私には美味しいとは思われなかった。我が家では普通、コーンスープにする。どうしよう~・・・。

インスタントのスープフォーがあった。日頃、インスタント食品を食べない食生活の私にとって、たまに食すと化学的な味がやけに気になるのだが、今回ばかりは有り難く何でもいただいた。

そのスープフォーにクリームコーンをワンスプーン入れて、その部分だけ食べてみた・・・ン?イケるかも??

結局、缶詰めの半分を入れて美味しく頂いた。ルン♪ 残りの半分は明日の朝、食べよう~っと(^-^)/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ある方から。

幾久しく

平穏は人々の

心の中にあり

心のあらわれが

世のあらわれ

心の中の平穏を

日々繋ぎ

命の灯火を

輝き行かせられよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下、転載です。

--------------------------------

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/3938a34e905e1a4a4d9aeb47d591b405?st=0木下黄太のブログ   「福島の子供たちに内部被ばくゼロ」報道はWBCに無知なマスコミを悪用した結果。

 

その作為を見抜け! 2013-04-12 02:21:52 | 福島第一原発  福島の子供たちに内部被ばくゼロという見出しが躍っています。

WBC=ホールボディカウンターで検出されていないからと伝えています。

 

本当にそうでしょうか。これは、あまりにもマスコミが不勉強で、相手側の誘導に簡単に騙されているだけです。

実は、難しい話は一つもありません。まず、事故発生から、数ヶ月内でないと、そもそもWBCで測定する有効性が少ないです。勿論γ線を計測するだけです。 そして、WBCは精密に測れる機械ではありません。NAIシンチレーションと基本は変わりません。

生体を適切に測るのは難しく、閉架型の精密な機械でも、最大推定は検出値の10倍とも言われています。  そして、今回の機械、簡易的な閉架型で、下限値は300Bq/Bodyです。

 

とても高い。これ以下は測れていないと切り捨てられる可能性が高いです。

 

WBCでは、チェルノブイリの椅子型オープンな装置は数値は高く出ています。それを閉架型と比較する意味もない。

しかもWBCはそもそも精密に計測はできません。

 

事故当初ならともかく、二年後の意味もかなりうすい。

時間経過は意味をさらに喪失させています。  

 

こんな物理学者のごまかしに何時までつきあうのでしょうか。要は、隠ぺいする側は同じように隠ぺいしているだけです。健康症状が出ている状況で、WBCの適当な話を今さら言い募る輩は、犯罪者同然だと、僕には見えます。  

 

検出限界300Bq/Bodyだと、つまり299Bq/Bodyも検出しない可能性もありえます。この場合、生体は機械が精密測定不可能で、最大推定は十倍の2999Bq/Bodyの可能性も。

 

体重20kgの子供だと149Bq/kgの放射性物質の体内蓄積も理論上は測れていない可能性もあり得ます。

 

バンダジェフスキー博士が主張する話は10Bq/kg位の体内汚染から心電図異常もあるということ。これは、チェルノブイリにおける椅子型のWBC数値に基づくものではあると思いますが。そうすると何の安心にもなりません。 福島ではこういう紙も配布されて大丈夫と言われるそうです。 http://khp311.org/wp-content/uplads/internal-exposure.pdf… …

 

福島県の皆さんへ。吸気被曝は防ぐ方法はほぼないです。その危険は、首都圏と同じく、否、それ以上に、福島にあります。

 

食べ物の被曝を回避しても、吸気で微量でも危険な核種を鼻や口で呼吸で吸い⇒肺⇒循環器へ。

排出は厳しい。

 

300Bq/body下限値のWBCのことも酷いです。

 

ドイツのベルリン、放射線防護庁のWBC、機械下限値20Bq/bodyと比較すると、あなたたちは15倍も高い測定下限値で「大丈夫」と言われているだけです。

 

はっきり言うと、棄民されています。捨てられている。これがリアルです。

しかも5分計測。短すぎます。

 

ぼくが東海村の事故の後、国の組織側で、密閉型のWBCで半時間近く計測されたから良くわかるのです。

完全に騙し。JCO事故の時の僕よりも、数段扱いが悪くされているのが、福島県民。

 

もうほんとに許せない。こんなごまかしする奴ら。

 

この人々、元々、南相馬で市長の下、病院で、東大のチームがいろんなことをやられている話です。

上氏や坪倉氏、そして早野龍五氏。http://scienceportal.jp/HotTopics/inteview/interview75/

上氏、ご本人が仙谷さんに頼まれて南相馬に入っていたと告白済みです。南相馬などに、こどもを留めるためにおこなっているのは事実でしょう。

避難させたくないですから。   そこで使われているのが、キャンベラ社のFASTSCANというWBC。遮蔽があるから、開架立位式で簡易型ではあるもの。之は、高度汚染をしている時の識別に使う機械ではないかとも思えるものです。高性能なものではないです。

たがら下限が300Bq/body。そうした機械の本来の用途を、何かずらして使っている気がします。

違う目的のため、食の内部被ばくの不存在証明という話に使えるように錯誤させている感覚です。そして、WBCは精密な閉架型でも、本来最大推定値は計測値の10倍とも言われます。

ベルリンの放射線防護庁で25Bq/body検出した未婚の日本人女性(東葛地域が実家)は、仏の専門家に「最大推定は250Bq/body。半年は妊娠するな」と言われていますから。

お分かりいただけますか。データの解釈問題だけではありません。データそのものが、事実を改ざんするために、データを作り上げるということがおきることを理解して下さい。

 

これは、捏造というあからさまなものばかりでなく、下限値、機械の型式、所要時間など、わかりにくいところで、ずらして誘導する感覚です。

その作為を見抜くしかありません。

福島県民へ・被曝の目安は血液検査、更に染色体検査なんです。本当は、これでわかるのに、公にやらないようにしています。

陰で勝手にやっている可能性は否定できません。当然、関東・南東北全域でやるべき話ではあります。マスコミ人は気づくべきです。こんな基本は。


以上が、木下さんのブログに載っていました。

 




 

 


  1. 2013/04/12(金) 23:21:45|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ある方から & 島根原発3 号機の新規稼働があぶない! 島根原発3号炉訴訟原告(&サポーター)募集

伝える言葉
一つ一つ 
光となる 光である
導きにもなり
後押しにもなる
力は善きものを
善き方法を
心と共に
真心を添えて

--------------------------------
以下、転載

島根原発3 号機の新規稼働があぶない! 島根原発3号炉訴訟、原告(&サポーター)募集
皆様に取り急ぎ、お知らせします。
日曜日に情報が入ってきて、わたしもびっくり。
島根原発3号機の新規稼働が今年の夏にもはじまりそうな情勢だそうです。
この件は、恥ずかしながら知りませんでした。みなさんはご存知でしたか?

関電前で大飯原発反対を叫んでいる間に、
じつは島根が稼働(しかも新規!あと40年は動かせる)していたなんて、シャレになりません。
島根原発のことはまだ多くの人が知らないと思ます。
ツイッターやフェースブックをされている方は、このニュースを広く伝えていただくようお願いします。

原告募集の締め切りは4月15日です。原告1000人を目標にしているそうです。
わたしはサポーター(年会費3000円)になろうかと思っていますが
原告の頭数を増やす方が圧力になっていいのかなあと思ってみたり。
原告といっても、遠方なので何もできないのですが、
これは島根や中国地方だけの問題ではなく、全国で取り組むべき問題です。
原告に国籍・年齢・居住地の制限はないそうです。

韓基大さん たちの早期釈放、公正裁判を求めるネット署名が始まりました!
一昨日お知らせした韓さんたちの釈放を求める署名のネット署名が始まりました。
わたしは知りませんでしたが、韓さんはずっと以前から米軍基地反対運動もされてきたようです。
ネット署名は手軽にできるので、みなさんよろしくお願いします。

下町商店街 の試み~北天満サイエンスカフェ「食の安全を考える~予防原則が子供たちを守る~」
毎日とんでもないニュースが次から次へと飛び込んできて、精神的余裕がないこの頃ですが
この記事はゆったりした気分で読んでくださいね。

一日一回脱原発
http://ameblo.jp/amebloacchan/
  1. 2013/04/11(木) 13:58:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある方から・・・ * 組織の潤滑油

人々との繋がり
人との繋がり 命との繋がり
積み重ね 積み重ね
そして 次へと 
繋ぎ続けられてゆく
その言葉に 間違いはないか
その言葉に 訂正はないか
素直に 誠をもって生きる事
次なる世代へも
誠をもって 歩み続けるよう
伝え 残さねばならぬ
***

組織の潤滑油 - 自分と関わる全ての人に幸せを! 湯山康彦

http://yasuhiko1230.blog.fc2.com/?no=19
  1. 2013/04/04(木) 02:26:35|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドイツ国営国際放送「地下に染みこむのに5年」*放射能健康診断と医療署名

福島にいると、本当に感覚が麻痺してしまいます。一見、何もかもが普通に流れていくからです。麻痺するか、精神が錯乱するかしないと生きていけないように思えます。少なくとも私はそうです。そんな、中でも、原発さんや放射能さんと渡り合い、地域の分断の中、懸命に活動されている方々が福島にもいらっしゃいます。尊敬します。本当に有難うございます。以下、転載です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドイツ国営国際放送『DW(ドイチェ・ヴェレ)』の報道を報じる記事の紹介です。

福島にいると感覚がマヒしているからか、
煽り記事のように感じてしまいますが、
世界からはこのように見られているんだなというのが分かります。

いい加減なことは言ってないのでしょう。

その中でも以下の内容は「フムフム」と納得しました。
「放射能(多分セシウムのこと)が地下に沈みこんでジャガイモや根菜類に影響が及ぶのに5年かかる」
「山や川がある広い土地から放射能を完全に除去するのは不可能であり、その中で内部被曝を防ぐことも不可能だ。」
(東日本でも除染してない田畑って結構ありますよね?旧保原町は一昨日ゼオライトの粉末を撒いているところでした。あらゆる放射能を混ぜてセシウムだけ除去する作戦ですね。)

これに関連して水溶性のストロンチウムがどこまで浸透しているのか気になります。
本日、水道水や地下水のストロンチウムが発表されましたが、
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/suidosui.pu.st.2013-0328.pdf
この浸透速度と今回の測定値の相関がどうなっているのか、
専門家から意見を聞きたいところです。


<news-log>
http://news-log.jp/archives/7394

【原発事故から2年、DWの告発】
第二公共テレビ『ZDF』、週刊誌『シュピーゲル』、『南ドイツ新聞』……。ドイツ・メディアの原発報道に共通するのは、被害者の立場、健康・環境への影響を重視した視点といえる。

その中でも国営国際放送『DW(ドイチェ・ヴェレ)』は、簡潔で要点を突く報道で知られている。

原発事故から2年、DWはドイツ・グリーンピースの専門家ハインツ・スミタール氏にインタビューし、福島では現在、日本政府による被害者切り捨てが進められていると厳しく批判している。

(1)最近の福島の線量について

●高濃度汚染地域の人々が避難している福島市も高濃度放射能で汚染され、地表の線量は事故前の200倍もある。

●除染効果は良くても20%~50%除去できる程度で、放射能は簡単にはなくならない。

●除染をするのであれば、福島市、郡山市など人口密集地で集中して行われるべきだ。

(2)人々の帰還の可能性について

●日本の人たちは何世代も同じ土地に住み、土地との結びつきが強い。今までの生活に戻りたいとの思いは理解できる。しかし、残念だが危険すぎて住むのは不可能だ。

(3)日本政府による情報提供について

●(政府は)人々の健康への危険性を過小評価して発表している。山や川がある広い土地から放射能を完全に除去するのは不可能であり、その中で内部被曝を防ぐことも不可能だ。

●それなのに政府は、人々に高い線量でも受け入れる(住む)よう働きかけている。政府が“放射線の健康への害はないから心配することはない”、と言っているのはそのためだ。

●今、原発事故・放射能災害の被害者は、危険な放射能下に住むのを促される形で(政府・体制によって)二重の被害者にされつつある。

4)人々のための政府の対策は十分ではないというのか?

●全体的にみて、被害者の人たちは見放され・切り捨てられようとしている。

●東京電力に対する賠償請求のための書類を見ても分厚く、まるで本のようだ(これに書き込んでいくのは大変だ)。

●大半の人々はトンデモナイ官僚主義に対抗する気力を失い、諦めかけている。中には、この2年間に1万5千通の手紙を書き、弁護士を雇う人もいる。しかし大半の人たちは闘いに苦しめられ困難な状況の中で、そうした精神力も出せないでいる。こうした状況に被害者を追い込むことによって、原子力村(nuclear power operator)は被害者に賠償を支払うことなく、利益を得ることになる。

(5)福島の復興について

●チェルノブイリ事故のその後を知る限り、放射能汚染は数十年先でも大幅な減少は考えられない。放射能汚染は主に放射性物質の自然崩壊によってしか減少しない。

今後数十年、福島地域は高い放射線量に苦慮することになる。圧倒的に深刻な事態(the magnitude of the catastrophe)に対応できる希望は残念ながらない。原子力がいかに危険なものか、そして原子力はドイツからも、世界からもなくすのがいかに重要か誰にも判るだろう。


DWは故・高木仁三郎氏が創設したCNIC(市民原子力情報室)など多くの日本国民が、政府計測の原発周辺の被曝量などの正確さに疑念を抱いていることを例を挙げながら報じている。

●例えば、政府が設置した線量計の周辺は初めに除染されていること(そのため線量が周辺よりも低く計測される)。

●CNICは、政府は線量計設置箇所だけでなく、あらゆる箇所で線量を計測し公表するべきだという。また、農地の汚染は継続した計測が重要である。何故なら放射能が地下に沈みこんでジャガイモや根菜類に影響が及ぶのに5年かかるからだという。

加えてDWは、手間暇がかかるが政府は東日本の広い地域の農産物の汚染情報を出来るだけ正確に、今後数十年間、国民に提供する必要があるとの専門家の見方を報じている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、

「放射能や原発等に関心の無い人々に、

国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為」

「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚 をしてもらう為」

にも大変重要で意味深いツ-ルです。

是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。

集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。

この世の全てのもの達の為に!

以下、転送です。

避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。

表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。

英語版、日本語版とも、こちら。

http://hinan.jimdo.com/

医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。

お問い合わせは、小山まで。

070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp
  1. 2013/04/02(火) 02:22:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある方から

導きの光は
天でもあり
次の世への導きの光は
一人一人の内側から
発せられるもの
磨かれよ 磨かれよ
次の世が迷わぬように
内側の光
磨かれよ
  1. 2013/04/01(月) 20:13:43|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。