福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「原発事故による死亡者は出てない」自民・高市政調会長(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース

津波の被害により流された人々や、避難所に入れなかった障害者の方々が、放射能の空間線量が余りにも高く救助されず、餓死された話、被災地では突然死が増えている話等も聴いています。その方々は、どんなに心細く、どんなに無念の思いで亡くなられた事でしょうか。

 

原発事故による死亡者が出ていないというのは、明らかに事実から目をそらしています。

出来るだけ多くの人々に、放射能等に興味の無い人々にもこの事実を伝え、国民の意識を高め、自民党に国民が事実を知っている事を訴えましょう!!

ツイッター・フェイスブック・各種ML 等での拡散をお願いいたしますm(__)m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私も電話してみました。

対応して下さった男性「発言に誤解があるようで・・・避難生活中に病気で亡くなったとかいう話しは知っていますが、直接被曝の影響で亡くなった人はいない。という事を言いたかったんです」

 

私「直接、被曝が原因でと証明は出来ませんが、私の子供の幼稚園のママ友逹は去年、働き盛りの旦那さんを心臓疾患で亡くしました。それと、私の親戚は福島の信夫山の麓に住んでいますが、その信夫山の麓で高校生が同じ時期に同じ場所で三人亡くなっています。その他、突然死の話しは、色々聴いています。なのに、あの発言は、被災地の人々の感情を余りにも思いやらなすぎだと思います。」と、言ったら、堂々と言い訳していたその男性が「スミマセン」と小さくなりました。

 

明日以降、別な部所にも電話してみます。

(^o^)/

 

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*

 

「原発事故による死亡者は出てない」自民・高市政調会長(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース

 

6月17日 18時2分配信

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000028-asahi-pol

 

自民党の高市早苗政調会長は17日、神戸市の党兵庫県連の会合で、 「事故を起こした東京電力福島第一原発を含めて、事故によって死亡者 が出ている状況ではない。安全性を最大限確保しながら活用するしかな い」と原発再稼働を目指す考えを強調した。

--------------------------------

自民党・高市早苗政調会長の発言です!

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130618-00000004-ann-pol

再生

 

[ 前の映像 | 次の映像 ]

自民・高市政調会長「福島原発事故で死者はいない」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テレビ朝日系(ANN) 6月18日(火)5時54分配信

http://www.asahi.com/politics/update/0617/TKY201306170249.html?tr=pc

「原発事故による死亡者は出てない」自民・高市政調会長

[PR]

 原発事故により多くの避難者が出ている現状で「死亡者が出ていない」との理由を挙げて、再稼働方針を強調する姿勢には、批判が出る可能性もある。

 自民党は参院選公約の最終案で、再稼働について「地元自治体の理解を得られるよう最大限の努力をする」と推進する考えを盛り込んでいる。高市氏は産業競争力の維持には電力の安定供給が不可欠としたうえで、「原発は廃炉まで考えると莫大(ばくだい)なお金がかかるが、稼働している間のコストは比較的安い」と語った。

 

ーーーーーーー

高市早苗政調会長へのパソコンからのご意見、電話等はこちらへ↓

http://www.sanae.gr.jp/sp/index.html

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒1-77-6

TEL 0743-75-7788(選挙区事務所)

TEL 0743-75-7171(自民党支部)

FAX 0743-75-7780

 

国会事務所

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館903号室

TEL 03-3581-5111(代表)

TEL 03-3508-7198(直通)

FAX 03-3508-7199

 

  1. 2013/06/18(火) 15:31:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮古の汚染牧草などの焼却反対署名について

ザイアンスの法則 - 自分と関わる全ての人に幸せを! 湯山康彦

http://yasuhiko1230.blog.fc2.com/?no=29

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが唱えた、心理学的法 則です。

1、人は知らない相手には攻撃的、批判的、冷淡に対応する。

2、人は会えば会うほど、その人に好意を持つようになる。

3、人は相手の人間的側面を知ると、より好意を持つようになる。

~・**~・**~・**~・**~・**~・**~・**~・**~・**

【緊急・転送希望】宮古の汚染牧草などの焼却反対署名について

ちょっと待って!放射能ガレキ 関西ネットの渉外係さんから、大阪瓦礫訴訟原告団のMLに流れてきたものを転送させて頂きます。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ご存じの方も多いと思いますが、岩手県宮古市では、一部住民の反対にもかかわら
ず、7月から福島原発事故による放射能に汚染された牧草やシイタケほだ木などの焼
却が行われようとしています。
最高でセシウム合計1951ベクレル/kgもあります。
これに対して、かねてからがれき広域処理に対しても反対してきてくださった宮古市
住民の方などが、反対署名を集めておられます。
放射能に汚染されたものを焼却することは、どこでも行ってはいけないものですね。

まだまだ署名数が足りません。
すでにネット署名をされた方もおられるでしょうが、あらためてお願いすると同時
に、拡散をお願いしたいと思います。
6月16日(日)いっぱいが締切の予定ですので急いでお願いします。
http://savechildmiyako.blog.fc2.com/ (署名フォーム)
http://lovelovekosodate.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/05/post_d3b1.html (ブロ
グ)

石堂さんがつくってくださったtwitter拡散用のひな形を添えます。
-----------
【署名】セシウム汚染された牧草やほだ木を、宮古清掃センターで焼却する計画の中
止を要望http://savechildmiyako.blog.fc2.com/
宮古市以外に在住の方・外国人の方の署名も有効 #署名 #宮古 #岩手 #脱原発 
#反原発 #内部被曝
-----------

詳しくは下記をごらんください。

************

7月から、岩泉、宮古、山田の福島第一原発事故で汚染された牧草、シイタケのほ
だ木、落ち葉、シイタケを、
宮古市小山田の清掃センターで燃やし始めます。
焼却炉の周りは、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、短大が半径1キロ圏内に
あり、たくさんの子どもたちが普段生活している場所。
2月に行われた試験焼却の時には、子どもを外遊びさせなかった施設もありました。

そこに、再来年の平成27年3月まで1年9カ月間、岩泉の御大堂牧野(釜津田)、
宮古の旧川井村の区界、三垂、
大仁田、山田の農家で利用が禁止されているシイタケのほだ木を運び続け、さらに清
掃センターの焼却炉を使って燃やし続けます。

最高は、放射性セシウム1951ベクレル/kg。1秒で、1951発放射能が出ていま
す。2秒だと、3902発。
1日ではなんと、1億6千8百56万6千400発(2年で1230億発)

既に汚染されている場所に集中させ、熊に稲藁をいたずらされないように隔離し、管
理する事を望みます。
宮城県の涌谷町では最長5年間、町有地で保管する事について先日住民説明会が開か
れました。

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130508t11024.htm


これ以上、人為的に市街地を汚染させてはいけません。

宮古市が計画している今回の解決策は、「隔離、集中」の放射能の原則に反した計画
です。

宮古市長へ、移動、拡散の焼却処理の計画中止の要望書を提出致しますので、下記の
フォームより、ご署名お願い致します。

http://savechildmiyako.blog.fc2.com/

http://lovelovekosodate.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/05/post_d3b1.html



MLホームページ: http://www.freeml.com/osaka-gareki-sosyou

・!~・!~・!~・!~・!~・!~・!~・!~・!~・!

一つ一つ重ねてゆくことによって
一つのものが 出来上がる

有形 無形

必ず 出来よう

一つ一つ重ねてゆけ

急ぎ行くが着実に 重ねゆけ
  1. 2013/06/15(土) 03:33:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

【情報共有】借上げ住宅問題/特定避難勧奨地点解除についての政府との質疑

いつもそばに 命があり
共に歩む 命がある

日々の暮らしの中
忘れてはならない

自らも 命であり
命の結晶であり

すべからく 
すべては 命で出来ている

命の中にある事を
忘れなければ
何を行わなければならないのか
おのずと 知る事ができよう
-----------------------------
ひまわりさん、さとままさん、コメントとメッセージを有り難うございました。気が付くのが遅く、失礼致しました。m(__)m

とても、嬉しかったです。また、頑張ります!(^○^)
これからも、宜しくお願い致しますm(__)m

----------------------------
フクロウの会の阪上さんがアレンジしてくださり、借上げ住宅問題と、伊達市小
国地区の特定避難勧奨地点の解除について質問を出し、省庁の方々からの
回答を得ました。
下記は簡単な報告です。重要そうな部分には★をつけています。

1..災害救助法に基づく借上げ住宅支援の打ち切り問題について
対応者:西川氏/厚生労働省 社会・援護局 総務課災害救助・救援対策室 な

(質問事項)
・東日本大震災におけるこの制度の利用者数は?
・そのうち福島県からの自主的避難者はどのくらいか
・国と福島県の費用負担はどうなっているか
・福島県内への避難者については同じ扱いか
・来年度以降延長するつもりはあるのか
・新規の利用を打ち切ったのは誰か、根拠は何か
・新規の利用を再開するつもりはあるのか

(先方の回答)
・もともと災害救助法で想定している住宅支援は、応急仮設住宅で、今回の震災
のために民間の住宅を応急仮設とみなしているもの。宮城、山形、新潟などが多
い。県別数字あり。(紙でもらいました)
・福島からの避難者は、9割が避難指示区域からの避難者で、自主避難の割合は
1割。
・災害救助法の枠組みでは、避難先の自治体が住宅を借り上げ、その費用を国に
請求。国が費用の一部を避難元自治体に請求。国と避難元自治体の負担割合は、
避難数の数や、自治体の規模により異なる。
・国と福島県の割合は、89:11(ほぼ9:1で、国の負担は規定に基づけばほぼ
上限)
・県内避難についても災害救助法の適用(という回答だったと思います)
★誤解されることが多いが、災害救助法は人災も対象にしている。しかし、人災
の場合は、原因者が支払うのが筋なので、国は原因者が支払える状況になったら
バトンタッチしていく。また、国が支払った分についても、原因者に求償してい
く。今回の場合は原因者は東電。
★いつまでも災害救助法で補助するのではなく、東電が避難者に賠償金を支払う
形に移行していくべき。
・福島県が、帰還促進を行っている。福島県からの強い要請がある。国としても
費用を一部負担している避難元自治体の意見は踏まえるべき。
・昨年8月3日の西村副大臣の答弁参照。
★(なぜ、毎年の更新なのか?)
→災害救助法の性質(緊急対応)
→プレハブは安全性の点検をしなければならない。
「特定非常災害特別措置法」参照
★一方で、福島県は県内避難者については、2014年3月までから、さらなる延長
を決めた。県外避難者についても、現在各自治体と調整中ときく。

当方:自主的避難に対する賠償には、住宅費用に相当するような項目が
含まれていないのでは?(注) また対象期間も2012年8月までであり、これか
らの住宅費用は到底になえない。
先方:そうかもしれない。しかし災害救助法の役割はすでに説明したとおり。原
発事故子ども・被災者支援法で支援していくしかないが…。
当方:しかし実施されていないではないか。
先方:…(遺憾だが、それは災害救助法のせいではない、という雰囲気。)

注)その後、厚労省の方が調べてくれました。自主的避難には「避難費用」が含
まれているとのこと。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/12/20/1329129_004.pdf
ADRでも認められた例があるのでは、とのことでした。だからと言って…ですが。

所感)災害救助法での長期支援は難しいことを懇切丁寧に説明してくれました。
現実的には避難者の置かれている状況は理解しているのだが、災害救助法適用に
は限界があり、適用し続けるためには、そのことに関する社会的合意が必要だ、
ということのようです。

2.伊達市における特定避難勧奨地点の解除について
対応者:松本真太郎氏など/原子力災害対策本部 被災者生活支援チーム住宅支援チーム
梅原徹也課長補佐/ 経済産業省資源エネルギー庁 原子力損害対応室
瀬戸麻利江/文科省研究開発局原子力損害賠償対策室係長
(質問)
・「20mSv以下」を解除の基準に決めたのはいつ誰か、その根拠は何か
・除染目標との関係はどうなっているのか
・飯舘村などでは「20mSv以下」でも避難指示を解除していないがなぜ対応が異
なるのか
・なぜ伊達市について解除したのか
・住民への説明を行ったか
・解除後3ヶ月で賠償が打ち切られたのは事実か
・3ヶ月での打ち切りはいつ誰が決めたのか
・指定が突然解除になったため、福島復興再生特別措置法案における災害復興住
宅融資の対象となっていた住民も、予告なしに対象外になってしまい、将来設計
に大きな支障をきたしている。問題ではないか。
http://www.jhf.go.jp/shinsai/topics_20120224.html

(先方回答)
・20mSvについては、平成23年8月4日、平成24年3月30日付、原子力安全委員会文
書を参照。
★解除基準:「今後」1年間を積算して、20mSv以下となる数値。
★時間にすると3.8マイクロシーベルト/時
・除染目標は長期的目標で1mSv。これは解除基準ではない。
・飯館村などの「面的」な避難指示がでている場所は、インフラの復旧などで時
間がかかる。
★すなわち解除を決める要素として、線量自体が下がっているか、インフラや学
校などが大丈夫か、の二つをみる。
★伊達市については、12月上旬のモニタリングで、すべての地点が3.8マイクロ
シーベルトを下回っていることを確認。そのときのモニタリング箇所は130地点。
規制委員会HPで公開されている。
・伊達市には、前から、しばしばやりとりをしており、上記の考え方は共有して
いた。解除の前日に、関係市町村との会合をもったが、内容は、解除を伝える紙
の授受などの形式的な話。
・伊達市では除染も進んでおり、これからのところも1月中に終了する。
・住民には、11月下旬に、以上の考え方を通知した。12月上旬にモニタリングを
行うことも通知した。その結果、解除になることも郵送で通知した。その際、問
合せ先として生活支援チームの番号も。市役所にて対面での相談も。
(賠償が解除後3ヶ月で賠償が打ち切られたのは事実か)
★原子力損害賠償紛争審査会の中間指針第二次追補により、解除後、「3か月を
当面の目安とする」と書かれている。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2013/02/08/1329116_003.pdf
の9ページ目。
★ただし、個別の事情がある場合、避難者が東電にさらに賠償を請求し、東電が
それを支払うこともできる。(上記の指針は、あくまで「指針」。3か月を超え
た賠償を妨げるものではない)
★請求は3か月ごとなので、次の請求時に請求することはできる。
(緊急時避難準備区域の場合(11カ月?)と違うのはなぜか)
・緊急時避難準備区域の場合は、インフラの復旧までに長期間を有するため、賠
償の打ち切りまでより長期間を要する。
(福島復興再生特別措置法案における災害復興住宅融資について)
・この適用拡大は、「避難指示」が必要
・「特定避難勧奨地点」は、避難指示ではなく勧奨。よってもともと適用外。
(ガラスバッジについて)
・伊達市では先進的な取り組みが進んでおり、個人にガラスバッジを配布して、
個人の「実効線量」を把握している。空間線量よりも、こちらの方がICRPの考え
方にも即している。国としても、こうした取り組みを参考にしていきたい。

注)指定解除3.8マイクロシーベルト/時(!?)について
指定のときは、「過去」1年間の積算で20mSv以上となる数値だったので、
2011年夏くらいであれば、3.2マイクロシーベルト/時でした。
しかし解除のときは、「将来」1年間の積算で20mSv以上となる数値なので、す
でに減衰しきっているため、3.8マイクロシーベルト/時です。(例の屋外・屋
内の時間配分による計算で)
勧奨地点の指定の基準よりも、解除の基準が高いという、非常におかしなことに
なっていますね。

所感)3.8マイクロシーベルトは衝撃的でした。
生活支援チームの若い賢そうな担当官が、20mSvがいかに安全であるか、とうと
うと説明して、伊達市の防護措置の一つとして、個人の実効線量の把握をあげ
「先進的」であるといったことには、なんだか暗澹とした気分になりました。

--
満田夏花 MITSUTA Kanna <kanna.mitsuta@nifty.com>
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan/tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
メコン・ウォッチ/tel: 03-3832-5034 fax.03-3832-5039
★FFTV配信中
http://goo.gl/27svW
【ご支援を】FoE Japan原発チーム、活動を続けていくため、みなさまからの暖
かいご支援をお待ちしております!
http://www.foejapan.org/join/donation.html#01
  1. 2013/06/13(木) 18:55:22|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚介類のストロンチウム90 ダイジェスト(東京電力)|フクシマンの福島リポート(郡山市) |Ameba (アメーバ)

魚介類のストロンチウム90 ダイジェスト(東京電力)|フクシマンの福島リポート(郡山市) |Ameba (アメーバ)

http://s.ameblo.jp/masa219koro/entry-11526441095.html


~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*.~*

ある測定所の方から

先日電話で、福島県伊達市に住む方と懐かしく話していると
「山菜とって食べたんだ、うまかったよ~」と聞いて、言葉が出ませんでした。
地元では、もうほとんど気にしていない人はそうやって取って食べています。
でも「子どもや孫には食わせらんにげどね~」と言います。

一部避難区域の川俣なんかでも気にしない人は「だいじょぶだいじょぶ」って言い聞かせながら食べてるようです。

味変わりないですからね。わからない人は、おいしさを優先します。
でも困ったことに本当にうまい。だから仕方ない・・・と食べてしまうんです。

それから、山菜が有り余っていると思う県外の業者が
わざわざ山に取りに来て産地偽装して販売していることはよく聞きますけど
こういう人達は止められませんねきっと。

こんなだから尚更、すべての測定は必要なんですけどね。

きのこや山菜等の出荷制限状況はもちろん、時々確認したほうがいいですね。

こちらは出荷制限状況
http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/qa/seigenfukusima.html

沢山の事が押し寄せようとも
一つずつ 落ち着き
冷静に判断することで
言わんとすること
物の通り
信念や深き策に気づけよう
流されるな 流されるな
しっかりと見つめ
進まれよ
  1. 2013/06/13(木) 18:29:31|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しっかり測って下さい&厚労省日報ダイジェスト5月30日(第652報)

繋がりは 大切にし

今と未来を 繋げられよ

 

その繋ぎは 

次に来る者の助けとなろう

 

しっかり繋ぎ そして

託されよ

 

それによりまた そこからの縁

伝わり また ひろがり行こうぞ

 

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

農作物からセシウムが余り検出されませんが、カリウムを沢山撒いているから、出ないんだろうな・・・・・・

 

かえって、他の放射性物質を許してしまう事になり、心配です。

しかも、厚労省の数字は、民間で調べているのより測り方が甘いので、あくまでも参考で見て頂きたいです。

 

しっかり測らない事が本当の風評被害に繋がると思うので、厳しく測って欲しいです。

 

・#・・#・・##・・##・・##・・##・・##・・#

 

 

以下、世田谷こども守る会 より

 

5月30日は基準値超過はありませんでした。

この日は青森、茨城、千葉県沖 の海産物の検査報告があり、茨城県沖のマダラから最大で42Bq/kgが検出 されました。

 

栃木県は県内農産物の測定結果を2つのJA区域名と共に報告しましたが、これはこれまでどの都道府県もしてこなかったことで、消費側に とって大変分かりやすい説明です。

 

また栃木県鹿沼市のハウスサクランボから5.5Bq/kg検出の報告がありましたが、測定はNaIシンチレーション検出器に よるもので、Cs-134とCs-137のバランスが不安定なことから、誤検出ではないかと思われます。

 

  世田谷こども守る会 事務局 堀 

 

厚労省日報ダイジェスト5月30日(第652報)

 

  ※基準値超過なし

  青森県・マダラ4検体 6.1~10Bq/kg

 

岩手県・原乳12検体 うち1件 1.2Bq/kg

岩手県盛岡市・原木シイタケ 13Bq/kg

 

茨城県・マダラ6検体 5.4~42Bq/kg

茨城県・その他海産物31検体 うち13件 1.4~25Bq/kg

 

栃木県(JAうつのみや)・ゴーヤ 3.2Bq/kg

栃木県那須塩原市・スナップエンドウ 8.8Bq/kg

栃木県・ウメ6検体 いずれもGe4.6~5.8Bq/kg以下

栃木県那須塩原市・露地ミョウガタケ 3.4Bq/kg

栃木県・一番茶(飲用状態)6検体 すべて2.2~3.8Bq/kg

 

群馬県・原木シイタケ4検体 うち3件 18~28Bq/kg

 

千葉県銚子/九十九里沖・スズキ4検体 すべて4.4~11Bq/kg

千葉県・その他海産物10検体 うち5件 1.1~2.6Bq/kg

 

東京都清瀬市・原乳 Ge1.1Bq/kg以下

 

参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000033b8p.html

=============================

郡山在住の方による、日報ダイジェスト福島版MLがスタートしました☆ 情報満載です。ご登録はこちら ⇒ http://ameblo.jp/masa219koro/entry-11520467284.html

 

・~&・~&・~&・~&・~&・~&・~&・~&・~&

 

大阪府高槻市に放射能市民測定所が出来ました。今しばらくは無料で測れます。\(^o^)/♪

 

皆で、それぞれの出来る範囲で、例え少しずつでも協力し合い、安全な食を追求していきたいですね。

そして、私達の未来を守って生きましょう!!

 

カンパを集めています。

 

詳しくはこちら。http://no-nukes-hokusetsu.blog.so-net.ne.jp/2013-02-27-


 

  1. 2013/06/12(水) 22:27:08|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ML が荒れています。

最近、福島を始め、様々なMLが荒れていて、ハラハラします。


意見の違う人どうしが傷つけ合ってもなんの解決にもならない。自分とは意見が違っていても、違う人間どうしなのだから、それは当たり前。違っていて、良いじゃないですか~。(*^^*)


しかし、相手方の仰ることは大抵、どこかは一理あると思います。その部分を認めた上での、発言であれば、言葉の暴力に発展したりしないのではないでしょうか?

「あなたの仰ることは最もだけど、こういう事もありますよね・・・・・。」みたいな・・・・・・・。


争いって、疲れます。エネルギー吸いとられちゃう。何もかもイヤになり、仕舞いに共倒れになったら、何にもなりません。愛のある運動にして生きたいですね。


多分、私がこんな事を書かなくても、大抵の方は、こんな簡単な物の道理は心得ていらっしゃるはず。

なのに、ML では・・・・・。

皆様、お疲れなのではないでしょうか?

家庭や身近な幸せを見つけつつ、活動していくと、心が疲れなくて良いのでは?と思います。


私は辛い避難生活に押し潰されそうになり、何もかもがイヤになりました。しかもそんな事が何回もあり、愚痴ってその度に皆様に何度も支えて頂きました。しかし、そんなある日、何故か「出来るだけ笑って生きていこう」と決める事が出来ました。それからは、かなり心が軽くなりました。


一日に何度?か出来る程度ですが、それでも子供達が明るくなりました。夫とのケンカが減りました。活動はしんどいけど、皆さんとの関わりの中で「楽しい」と思える事もあるようになりました。

「辛い事、心配事は一杯あるけど、何だかんだ言っても幸せだよね~。」と思えるようにもなりました。


そんな風に思えるようになったのも、このブログを読んで下さる一人一人の皆様、関西で出逢った全ての皆様のお陰が大きいです。本当に心からの感謝を言わせて下さい。有り難うございます!!!



以下は、余りにも荒れているMLを見ていられなくなり、つい、送ってしまった私のメールです。(^^;)))くどかったのでは・・・・・と蒼くなっています。



〇〇さんを始め、皆様、いつも様々な投稿、行動を有り難うございます。

〇〇と申します。

原告団ML への投稿は、初めてです。何故かというと、他の活動や生活に手一杯でもあるのですが、基本的に、〇〇のML には頼もしい皆様がいらっしゃるので、信頼させて頂いております。

このメールを送信して良いのかどうか迷いながら、書かせて頂いておりますので、気にさわった方がおりましたら、どうぞお許し下さい。


私は福島から関西に避難させて頂いている者でもあります。原発事故以降、語り尽くせぬ、幾多の困難がありました。今でも些細な事で涙がこぼれてしまいます。


にも関わらず、原発事故10ヶ月後より今日まで、様々な活動を続けてこれたのは、「例え、私と意見が違ったとしても、否定される事なく、最後まで辛抱強く私の話を聴いて下さった関西で知り合った皆様の存在があったから」です。


kさん、Yさん、Hさん、T さん、他、数えきれない程の、私に関わって下さった多数の皆様、本当に有り難うございます。心から、感謝しております。


〇〇さんを始め、このML にも関わって下さっている多くの方々に「避難の権利~ネットワーク」にもお力を頂き、ご負担になっているかと思います。恐れ入ります。そして、有り難うございます。


「北風と太陽」のお話しでもありましたように・・・ちょっと違うかな?


例え、憎むべき相手だとしても、その心を開いて頂くには、温かい心で当たりたいと思います。理想です。出来るとは限りませんが・・・・・。理想として、いつでも愛のある行動を心がけたいです。(私が出来ているという事ではありません。(((・・;)


又、色々勉強させて頂く中で、

放射能、ガレキ、避難、原発、放射能汚染の心配のある食べ物、原発の輸出、私達のお財布の問題、イランの問題、慰安婦の方々の事、橋元さん、等々、全ての問題が根っこで繋がっている事を、やっと知る事が出来ました。


そして、其々の問題を解決する早道は、皆がそれらが繋がっている事を意識しつつ、一網打尽が一番だけれど、それは簡単では無いので、出来る人が出来る範囲で多くの問題に繋がって解決していく必要があるのだと気が付かせて頂きました。

どこかで、「メールだけのやり取りだけだと誤解が生じやすい。」とお聴きました。今回の騒動?もお顔を合わせての話し合いであれば、こんなに大きくならなかったのかもしれません。


〇〇〇問題に余り関係の無い、お話しで申し訳ありません。ご存知の方も多数のお話しで、生意気申し上げ、失礼致しました。にも関わらず最後まで読んで頂き有り難うございました。これからも、宜しくお願い致します。

  1. 2013/06/11(火) 13:23:11|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼却再開に向けて抗議をおねがいします。

私も簡単に、「様々な健康被害が出ていたり、植物に異変が出ているのをご本人から連絡を頂き、知っていますので、放射能汚染の恐れのあるガレキは焼却しないで下さい。」との電話を簡単にさせて頂きました。

 

「そういう、声があった事をカウントさせて頂きました。」とのお返事でした。何もしないよりは、ずっとマシです。

 

 

 

先日、福島の放射能市民測定所にお勤めの方にお話しを伺う機会を頂きました。

 

興味深いお話しが一杯でした。その一部を、ご紹介。

「国策として、放射能汚染ガレキを全国で燃やしたり、放射能汚染された食品を全国に出回らせて、福島の被害が目立たないように、無かったかのように見せかけている。」

私は「なるほど~!やっぱり~!」と思いました。やっぱり、自分を守るのは自分しかいない。日本を世界を守る事が、自分を、家族を守る事になります。

 

このブログを読んで下さる方々も、宜しかったらちょっと勇気を出して、連絡をいれてみて下さいませんか?

 

以下、放射能ガレキ告訴団よりの転送です。

--------------------------------

【焼却再開に抗議を】


焼却再開が明後日以降になっていますが、

抗議電話やファックス、および市のHPからメールでもいいので

抗議をお願いします。


しかも14日は台風ですから、飛散範囲はかなり広がる見込みです。


大阪市環境局 災害廃棄物広域処理グループ

〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス12階)


TEL06-6630-3361 FAX 06-6630-3582

 


裁判はもちろんですが、諦めずに市へ働きかけをしましょう。

今朝、

市会の富岡議員(浪速区)の維新離党のニュースも出ましたので、

議会でも動きがあるかもしれません。





  1. 2013/06/11(火) 12:16:11|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8日、9日のイベント&放射能測定所の必要性


以下、長いです。カラフルな所だけでも、読んで頂けたら嬉しいです。(*^^*)


★~*.★~*.★~*.★~*.★~*.★~*.★~*.

 

[放射能測定所の必要性]

 

福島に住む私の父は、野菜と魚が大好きで、肉は殆ど食べないという、とても理想的な食生活でした。震災前、70才をとっくに過ぎて いましたが、退職してからの採石場でのアルバイトで筋肉モリモ リになり、とっても元気に働いていました。 それなのに今は、頭が痛いとか、色々、調子が悪くなってしまい ました。 私が、たまに電話しても「頭が痛くて、話していられない」と、 早々に電話を切ろうとします。 私が父や主人に「食べ物に気を付けて欲しい」と言っても、「国 が大丈夫だと言っているんだから、大丈夫なんだ!」と、全く聞く 耳を持ってくれません。

 

避難させて頂いた私達三人ですが、・・・・・

 

私達は3月15日の午前中に福島空港を発ちました。同じ日の午 後に友人家族がやはり福島空港を発ちました。

 

しばらくして友人家族が外部被曝を調べてもらったところ被曝していなかった そうです。ということは、同じ日、同じ場所から同じ所に、しかも一足早く避難し た私たち3人も外部被ばくをしていないはずです。

 

にも関わらず、私達親子三人には環境が変わったからというには 説明のつかない症状が次々に出ました。

 

私は夏頃から疲れやすく、風邪をひきやすくなりました。一ヶ月位で治っ たかと思ったら一日か二日で、また風邪をひいてしまいました。

 

始めは、環境が変わり、疲れているせいだと思いました。しか し、それからも、首を傾げる事が起き続けます。

 

2011年12月頃には虫歯が沢山出来て、歯に詰めてあった金属がたっ た一週間足らずの間に6個取れました。足の親指の爪も根元から ポロッと取れてしまいました。

 

私も子供達も蚊に刺されたなどの些細な傷が半年、一年以上経っ ても治りませんでした。それから、事故前に治っていたアトピーが私も子供も再発しました。 関西で二度目の冬、子供達の霜焼けが恐ろしい程酷くなり、しか もいつまでも治らなかったのは何故でしょうか?福島でなった時 にはすぐに治っていました。登山家が凍傷になり、指を切り落と す事があると本で読んだ事が有りますが、「切り落とす前にはこ んなふうになるのかな?」と思うくらいに子供達の手足が真っ黒 になり、桜が咲く直前まで綺麗になりませんでした。 ここまで、酷くても、私は「おかしいな」と頭を傾げるばかりで した。

 

京都に避難先を変える直前には鼻血や下痢を繰り返すようにな り、突然、お腹の激痛におそわれるようになってしまいました。救急車を呼ぼうかと思った位です。 外部被曝はしていなかったはずなのに・・・・・。

 

その後、大阪から京都に引っ越し、食材を今までとは、別な所で 買うようになってから、様々な症状が激減しました。

 

この時、初めて、内部被曝していたことを自覚しました。

 

避難当初、大阪だからと安心して食べ物による内部被曝まで、頭 が回らなかったですす。大阪では安売りのスーパーでほとんどの 食材を買って食べていました。

元々関西に住み、被災地の物を食べて応援されていた方々が鼻血や下痢を繰り返すようになった話しは聞いていましたが、あれほど酷い症状が出ていても、まさか自分達が内部被曝しているとは思いもよらなかったです。

 

今でも、長女は些細な傷が治りずらいです。ケガをさせ るのが怖いです。

大人が少し肌寒く感じる時には、長女がいくら「寒くない」と言っても、手や腕がいまだに青紫色で血行が悪いのが一目で分かります。

チェルノブイリの原発事故の時も、第二次成長 期の子供たちに、深刻な被害が出たと聴いています。今、長女は、 まさしく第二次成長期に入っています。

 

福島の現状と中心的に闘って下さっている福島に残っておられる 方々にお聞きしても、私の子供たちのような酷い症状の出た話し は聞いた事が無いそうです。

 

せっかく、子供たちの為に、自分が犠牲になって、避難させてく れた、夫に申し訳ないです。

 

もし・・将来・・・子供たちに何かがあった時・・・私は、どう 償えばよいのでしょうか?私は、その十字架を一生、背負って生 きていかなくてはならなくなりました。

 

先日、マクロビオテックの先生に私達の内部被曝の問題をお話しさせて頂いた所、「健康的な物を食べていたのでしょう。症状が出るのは良い事ですよ。」と言われました。

 

確かに、福島にいたときには、玄米と有機野菜を食べていました。

 

被災地では地産地消で汚染されたものを大人は勿論、子供も食べ続けるしかありません。

 

郡山に帰った時、友人二人が、引っ越しの手伝いに来てくれた時の話です。

 

二人とも、原発事故前から、子育てに関しても、食に関しても、とても意識が高かったです。

しかし、今回、その信頼している友人達が、口を揃えてこう言っていました。

 

「測られているので、福島の食が一番安全だよね♪」と・・・・・そんな二人に、私は情けない事に、何も言えませんでした。

 

確かに、「ザルのようにしか測っていなくても福島県の周りの県の方がむしろ危険。測っていないから、、、」と言われていましたが、郡山の市議さんにお聞きしてみると「安全とは言えない」とおっしゃいます。

 

去年、高槻で保養キャンプのお知らせを福島のママ友達にさせて頂いた所、誰も返事を返してくれませんでした。返事を返してくれたのは、既に避難していた人だけでした。

 

私だけでなく、「被災地の方々に直接言っても聞く耳を持って貰えない。」とは良く聴きます。

 

 

私も、夫に聞く耳を持って貰えないまま、一方的に「福島が、放射能が、危険だよ!」と、言い続けていたのなら、我が家も原発離婚になっていたと思います。この春、夫が避難出来たのは、私が様々な運動を続ける中で、私以外の第三者に夫が福島や日本の現実を聴ける機会を頂けたからです。

 

しかし、避難してきてくれたのは良かったのですが、私達の内部被曝の危険度は上がってしまいました。

 

ですから、被災地から遠く離れた私達で出来ることをして、被災地の人々を少しでも安全に導いていく事で、日本の未来を守り、本当の意味で私達の家族の未来を守って生きたいです。

 

-------------------------------

 

おもいっきり、内部被曝してしまった私達はこれから気を付ける事が出来ます。

怖いのは今、内部被曝している事に気が付いていない人々です。

その方々は数年後、何十年後にガンやその他の病気になったとしても、それが放射能の影響である事にさえ、気が付かないでしょう。

 

政府は今のところ、国民を守ってくれません。

今は、内部被曝の危険度の少ない食べ物を選んで食べる事が出来ます。

だからと言って、知っている人だけが、内部被曝から身を守れば 良いのでしょうか?

 

関東を含む被災地、又は放射能に気を付けないで食べていた国民の多くが、健康を害するようになった時・・・・・安全な食 料を作って下さっていた方々も減ってしまいます。

 

今のままでは、健康な納税者も減ってしまうでしょう。

 

そうなった時、私達の今までの生活は守れるでしょうか? この便利な生活は?保険料は?年金は?生活保護は?・・・?・?・?等々、どう なるのでしょうか?

 

もはや、皆さんが、ご存知の通り、被災地だけの問題ではありません。

 

今までも、福祉などが十分に整わず、苦しんでいた方々が一杯い ました。

 

誰かが、内部被曝に気を付けないで食べ続け、もしも介護状態 になった時、その方々の介護をしてくれる方々は、いらっしゃるのでしょうか?

 

ドキュメンタリー映画・「チェルノブイリハート」では、障害を 持って生まれてきた子達が沢山、親達に見捨てられ、施設で生き ていました。悲しい事に、その子達が希望を持って生きているよ うには見えませんでした。看護師さんに愛情を持って育てられて いるようにも見えませんでした。

 

日本でも同じ事が起きようとしています。その時、その子達を愛 情を持って育てる余裕が日本にあると思いますか?

 

このままでは日本全体が共倒れになる恐れがあります。

 

被災地も含めて、幅広い支持を得て、力強い運動にしていけるように、全国の測定所とも繋がった運動にしていきたいです。

 

一つでも多くの食品等の放射能を測定して、「市民が目を光らせているんだぞ~(^o^)/」と、行政や食品メーカー、スーパーがいい加減な事を出来ないように、釘を刺していきたいです。(^○^)



 

★「放射能健診と避難の権利・大阪 ・神戸集会」

 

大阪北部集会(高槻市) 6月8日(土) ・13:30~高槻市総合市民交流センター・視聴覚室(JR 「高槻」すぐ横)

 

内容:①講演「放射能事故と福島の甲状腺がん、健康被害」(森國悦さん・医師・医療

問題研究会)

②「どこでも誰でも放射能健診」100万人署名運動の提案

③避難者のお話(2人)

④発言・交流:郡山市の母親グループとの交流、放射能市民測定所の運動、食品の安全を求める運動など

 

詳しくは下記まで。

 


 

未来を見つめ今を紡ぐ & 放射能健診と避難の権利・大阪 ・神戸集会」が開催されます。

 
~.*~.*~.*~.*~.*~.*~.*~.*~.*~.*~.

 

★食品の放射能検査のための「高槻・市民放射能測定所」の 開所式   6/9(日)

 

○機材:シンメトリックス社の「環境放射能測定器(iFKR-ZIP)」検 体は400g で検査可能、そして私たちが食品の安全基準と考える「検出限界値1 ベクレル未 満」も可能というもの。

 

○開設場所: 〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31 本澄寺内 電話 : 072-669-1897

 

○開設に合わせてお披露目と記念イベントを6/9(日)に本澄寺で行 います。 イベントの概要は次の通り、3つの内容があります。

 

A.11時~14時 アトラクション(本澄寺境内 入場無料) セミプロ・アマのバンド演奏、歌唱等模擬店・フリマあり

 

B.11時~ 避難者の交流会(本堂内 入場無料)

 

C.14時半~ 記念講演(本堂内 資料代500円) 「今のフクシマ」地脇聖孝さん (子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク事務局員) ※資料代500円は避難者不要

 


 
  1. 2013/06/08(土) 07:56:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来を見つめ今を紡ぐ & 放射能健診と避難の権利・大阪 ・神戸集会」が開催されます。

繋ぐ未来の先を見つめ
今 を紡ぐ

今の繋ぎが未来になりゆく

未来を見つめ
今を紡ぐ

今ばかりを見てても
未来は紡げない

今と未来を繋ぐ紡ぎ

今と未来を繋ぐ結び

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~・*~

「放射能健診と避難の権利・大阪 ・神戸集会」が開催されます。

少なくとも全ての国民の問題です。関東を含む、東北の被災地が見捨てられたら、日本全体が揺らぐ事になります。

多数の皆さんが参加して下さいますと、元気になれるので、一人でも多くの方が参加して下さると嬉しいです。(^○^)


集会内容

高槻で初めてお話をされるYさんは、「強制避難区域」からの避難者の方です。避難の経緯と近畿に避難してからの要求を話して下さいます。

 郡山市で母親グループ「3a」と交流してきた方から、福島県民の生活と要求を話して下さいます。

 そして放射能健診100万人署名を実現するための方針を提案。

内容:①講演「放射能事故と福島の甲状腺がん、健康被害」(森國悦さん・医師・医療
問題研究会)
②「どこでも誰でも放射能健診」100万人署名運動の提案
③避難者のお話(2人)
④発言・交流:郡山市の母親グループとの交流、放射能市民測定所の運動、食品の安全を求める運動など

チラシはこちら:http://hinan.jimdo.com/要請書-ちらし/


★大阪北部集会(高槻市) 6月8日(土) ・13:30~高槻市総合市民交流センター・視聴覚室(JR 「高槻」すぐ横)

■神戸集会 6月23日(日) ・13:00~17:00 神戸市婦人会館(JR「神戸」から 北へ10分)

詳しいことは、 http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

避難・移住・帰還の権利ネットワーク
  1. 2013/06/07(金) 16:24:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高槻・市民放射能測定所・測定無料 | So-netブログ

試料の量は320g。10cm×14cmのZIP袋に細かくした食品を入れて

持参すれば測定してもらえます。なかなか優秀な器械のようです。

8日までは無料です。(^○^)

 

高槻・市民放射能測定所 (日蓮宗本澄寺内)

開所日は6月9日、

11時からアトラクション

14:30時から

福島の地脇さんの測定所記念講演会

阪急上牧駅淀川方面     徒歩約8分

 

詳しくは測定所のホームページを見てください。

 

放射能の検出、不検出に関わらず、市民が目を光らせていている事を世間にお知らせして、行政や食品メーカー等が、いい加減な事を出来ないようにしていきましょう~(^o^)/

そして、色々な物が食べられるようにしましょう!

 

私も測定して頂きました。

カバヤ ・ ゴールドチョコレート不検出でした。

 


測定して頂きながら、本澄寺の奥様に子どもの労働力で作られたチョコレートで無い事を公表しているメーカーがある事を教えて頂きました。

測定所に行き、少し賢くなった私なのでした。

 

高槻・市民放射能測定所 | So-netブログ

 


 

  1. 2013/06/06(木) 13:50:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。