福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拡散希望。近大原子力研究所・関原懇「原子炉実験・研修会」

「子供達に放射能安全神話を学ばせる為に、まず、教育現場の教師達に放射能安全神話を叩き込もう。」というような動きがあります。

このままでは、本当に日本が終わってしまいます。

この原発事故で今までも、これからも、数え切れない程の人々が心も身体も傷付いていくんです。

ほんの一握りのお金持ちの方々の経済より、私達国民の健康・未来の方が大切です!!!

経済優先の皆様へ。お金があっても、病気になっては、皆様も幸せにはなれませんよね。ご自分がした事は良くも悪くも必ずご自分に返ってきます。

私も何度か申し入れに行かせて頂きましたが、声をあげる人が少なすぎて、問題の解決に至りません。お願いです。

私達の未来の為に、声をあげてください。

小さくてもいいんです。諦めずに、声を出し続けましょう。忙しい人は、たまにでもいいんです。諦めなければ。

今、何もしていない人々が、皆で少しでも何かして下さったら、この国の未来は大きく変わると思います。

だって、何もしていない人々が大多数だから。

メールでもファックスでも電話でも、皆様の出来る範囲のアクションをお願いいたしますm(__)m

小さくても、やったらやったなりの結果がほんの少しでも必ずついてくるでしょう。

以下転送です。

------------------------------

「放射線教育サポートシステム」についての情報を送ります。

昨日、勤務先の中学校に近畿大学原子力研究所から、夏休みの「原子炉実験・研修会」の案内が届いていました。

これは、関原懇と共催の夏休みに3回・一泊二日で行う研修会(関原懇がお金を出し、募集事務も行う関電の意向を受けた研修会で、中学校理科教員を対象とした「放射線教育サポートシステム」の延長線上の研修会)です。

「文部科学省の後援を得た」と、近大原子力研究所長伊藤哲夫名で送ってきたものですが、関西2府4県と福井県の全中学校に送付しているものと思われます。

教職員を原子力ムラの手先にしようとする動きに対して、中学校現場の理科教員に、「参加・協力するな」「抗議を」と呼びかける要請を広く行えないものかと思っています。

とにかく情報を届ける必要があると思います。

資料(伊藤哲夫名の案内)を添付します。

「原子炉実験・研修会」の内容は関原懇ホームページに載っています。

http://www.kangenkon.org/event/event.htm

関原懇と近大原子力研究所に対しては、「子どもたちを放射能から守る大阪ネットワーク」から要請や質問を出しています。(関原懇3月11日付、近代原子力研究所5月28日付)

http://kodomoosaka.jimdo.com/

情報の拡散をお願いできないでしょうか。

関原懇が「放射線教育サポートシステム」の中で、理科教員に直接手渡ししている「ワークシート」をPDFにしました。必要であれば連絡ください。

https://docs.google.com/file/d/0B8RBIf5I1IceU1FZQVBWcDVVTW8/edit

~・**§~・**§~・**§~・**§~・**§~・**§~・**§~・**§~・**§~

動きは小さくとも

動きは見えなくとも

その流れや 波動は

伝わりゆくもの

すぐには 見えなくとも

変化は訪れ来る

スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 00:56:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こども被災者支援法と森の防潮堤に予算づけを要求する署名です

こども被災者支援法と森の防潮堤に予算づけを要求する署名です。

オンライン署名なので、どんどん拡散をお願いいたしますm(__)m。

 

アドはhttp://chn.ge/18hD3hF

 

~**・~**・~**・~**・~**・~**・~**・~**・~**・~**・~**

 

対応できるよう

構えておくことは

必要であろう

突然の出来事は

困惑させ

判断を鈍らせる

思い描くことは

対処の一つともなろう

動けるように

構えるのである

動けぬ程に

構えてはならない

兼ね備えておくことは

しなやかさである

 



  1. 2013/06/28(金) 13:01:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪府の原木椎茸から放射能検出されています。

福島っこ様。

コメント有り難うございました。福島っこ様の仰る通りですね。

 

もう、いい加減に、日本国民の皆さん、目を覚まして~!!と言いたいです。

私も含め、福島から関西に出てこられた方々が口を揃えて皆さん、こう言います。「福島から出て初めて真実を知った。」

 


*福島っこさんのコメント*↓↓

 

震災の後も 便利で華やかな生活、いわゆる経済発展主流の思考が 日本国民に根づいています。 今の政治はあまりにも物質主義で 幸福主義ではありません。 便利すぎる今の生活を見直してでも、子供、健康、「命」が優先されなければ あまりにも自分勝手です。 原発稼働=復興の構図はもはや時代遅れだし、経済中心の価値観で人間が満たされるこ とは いつまでもないと思います。

 

~。∞*・*~。∞*・*~。∞*・*~。∞*・*~。∞*・*~。∞*・*~。∞*・*~

 

厚労省日報ダイジェスト6月11日(第660報) ※基準値超過なし 秋田県・原乳 Ge1.1Bq/kg以下山形県・ハチミツ2検体 12および14Bq/kg以下 山形県飯豊町・ゼンマイ 29Bq/kg 千葉県銚子/九十九里沖・スズキ2検体 4.5および7.5Bq/kg 千葉県外房沖・ヒラマサ 1.1Bq/kg千葉県(日立/鹿島沖)・マイワシ4検体 いずれもGe0.82~1.1Bq/kg以下 千葉県房総沖・カタクチイワシ4検体 いずれもGe1.0~1.3Bq/kg以下 大阪府・原木シイタケ 54Bq/kg 参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000347gf.html

親子で椎茸大好きなのに、やはり食べれない。我慢です~(ToT)

たった8Bq/㎏の物でも毎日食べ続けるとと子供であればわずか3ヶ月で心臓疾患などの恐れが出てくるそうです。

でも今は100q/㎏までは流通させてもOK になっているんです。日本国民の未来は?!

行政への申し入れの次は、キノコ会社への申し入れする~??σ(^_^;)?

放射能汚染された食べ物を食べる事を強要するの?&20 13年1月8日京都生協と不二家への問い合わせ//////////ご一読ください。↓↓

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

 

~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*∞∴~*

 

関ジョニーからの伝言

「旅んもん」

                           2013・6・17

リュックサックを よっこいしょ

ギター 抱えて からす山

踏み切り前の コーヒー屋

電車のたびに カン カン カン

きょうは なにを 話そかな

いやいや 講演なんて もんじゃない

3・11 起きてから 水素バクハツ 起きてから

逃げれず オロオロしたことや

棄てられ フクシマ 居ることの

ひとつ ひとつを 話すだけ

わらし 逃がして くなんしょ

保養 行かせで くなんしょ


聞きたいことは なんですか

福島のこと おぼえてますか


なぜに ロン毛で ゲづらか 

なんでも いいから 聞いてくれ


コピーの詩集を テーブルに

子ども向けには 紙芝居

さいごは 歌も 歌います


なんでも やるさ 生きるため

どこでも 行くさ 分かつため


聞いてくれて ありがとう

わたしも 楽に なりました

リュックサックを よっこいしょ

ギター 抱えて 次のまち


  1. 2013/06/28(金) 05:07:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

継続した働きかけをして福島の行政の皆さんに気が付いて頂きましょう(*^^*)

以下は先日、書かせて頂いたブログです。

 

【これは酷い】福島県郡山市で高校生に強制除染作業!清掃を大義名分に!福島県教育委員会「知らない」 - 福島から京都に避難して

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

 

私が教育委員会に電話した時の様子をご報告させて頂きます。とても落ち着いて、しかし、キョトン?として、お話しを聴いて下さいました。

 

私「お世話になります。福島から京都に避難させて頂いている〇〇と申します。福島に限りませんが、そちらは放射能の線量も高いですし、掃除をする時などにも、マスクをするなどの対策が必要だと思いまが、何か指導などはされているんでしょうか?」

 

担当の方「市町村によって違いますので、一概には言えません」

 

私の心の声「随分、曖昧な答えね。何もしてないという事かしら・・・」

 

私「放射線量が福島と同じくらいのウクライナのナロジチという所に去年の9月に福島の方々が視察に行ったそうです。ある保育園の先生が仰るには『子供たち全員が病気、それも複数抱えているんです。』公立の病院では、『この地域には1000人の 子供達がいるけれど、1000人が全員病気を抱えている。』と何人もの方に言われたそうです。」         「私も含め、関西に避難、又は保養にいらした方々がみんな仰っていました。『福島を出て、初めて福島の真実を知った。』福島にずっといらした方が仰るには『福島に近ければ近い程、(真実の)情報が無い。福島よりも関東、関東よりも関西。日本よりも海外に情報がある。でも遠ければ遠い程、国が変わったのかと思う程、無関心だ』とも言っておられました。だから、こうして電話をさせて頂いている方々の話は貴重だと思うんです。」

 

担当の方「貴重なご意見を有り難うございましたm(__)m」

 

私「最後まで聴いて下さって有り難うございましたm(__)m」

 

と電話を切りました。ちょっとずうずうしかったかなσ(^_^;)?

でも、事実だから良いですよね~。

 

私が大事だと思う事は、電話の向こう側の方も被害者だという事。真実を何も知らないのかもしれないという事。それらを頭に止めながら、出来れば真心で話したい。という事です。

 

皆様にも2、3回、お電話などをして頂ければとんでもなく嬉しいです。(^○^)

 

継続的な働きかけで、関東を含む被災地の人々が少しでも安全になるように、福島の皆さんが声を挙げやすくなるように、どうか皆様の力をお貸し下さい。小さな事のようですが、とても大事な事なのではないでしょうか。

 

因みに私には小さな事ではありません。とても大きな事のように思われます。だから電話をする時には、心臓がバクバクします。でも、これからも頑張ります。

 

回り回って、被災地の人々が避難や保養が出来ますように。回り回って、雇用が生まれ、「死にたい」と思う方々がいなくなりますように。

 

ウクライナ・ナロジチ 1000人中全員が病気

 

http://kyania.blog.fc2.com/?no=32

 

ハローワークの叫び声。&あ なたと繋がりますように。

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

  1. 2013/06/26(水) 16:26:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射性物質の管理・規制する権限を自治体から環境省に一本 化する

今まで以上に放射性物質を行政の都合の良いように、恐ろしく拡散される恐れがあるという事なんでしょうか?!怖いです!

 

以下、転載です。みんいを少しでも反映させる為に、大・大拡散お願いいたしますm(__)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ほとんどまともに報道されていませんが、 環境省が、放射性物質の管理・規制する権限を自治体から環境省に一本 化する 「環境法改正案」が衆議院を通過しました。

 

 

これが成立すると、

 

今まで自治体レベルで放射性物質を規制したり管理したりしていたのが(例えば瓦礫) 、、、 全て環境省の権限になるため、できなくなります。

 

 

ツイッターとFBで妨害される記事 - ジャーナリスト堤未果のブログ - Yahoo!ブログ

 

http://m.blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/67969151.html

  1. 2013/06/25(火) 23:42:05|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射性物質検査ありのお水☆STOP 汚染水の海洋放出

放射性物質検査ありのお水が売っているそうです。
お水を買って飲んでいる方には良いかもですね。

BLUEウォーター 放射性物質検査あり。 - solana~ひなたぼっこ~

http://himamama15.blog.fc2.com/?no=41


ちなみに我が家は、「成人病予防学会から成人病予防に効果があるよ。」とお墨付きを頂いている還元水の機械を使っています。
夫は、40年近くも飲んでいた胃薬、アレルギーの薬を飲まなくてもよくなりました。
私は胃がもたれたときコップ一杯位、飲むと胸がスッキリします。蓄膿も調子良いですね。アトピーも治まっています。アトピーに関しては薬を使わないよう頑張っていた効果もあるのかもです。

なんせ、人間の身体の大部分は水で出来ているのですから、質の良い水を飲むのは良い事ではないでしょうか。

お水さん、いつも有り難う。震災直後、あんなに苦労し、お水さんの有り難みをあれ程ヒシヒシと感じたのに感謝が足りない毎日です。原発事故前よりは大切に使わせて頂いているつもりですが、ゴメンなさい。


~♪**・.~♪**・.~♪**・.~♪**・.~♪**・.~♪**・.~♪**・

諦める事
何もせぬこと

それは
その時 その流れ
認めたということ

先々の流れ
よく見つめられよ

何か出来る事はないか
行動されよ
***

************************
グリーンピースオンライン署名
************************

STOP 汚染水の海洋放出
http://www.greenpeace.org/japan/Action/TepcoWater/

原発にもメーカー責任を
http://www.greenpeace.org/japan/Action/fukushima2013/

一週間、魚食べずに過ごせる?
http://www.greenpeace.org/japan/susea2/

************************
  1. 2013/06/24(月) 23:39:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母子の叫びが聴こえます。

福島で行われた勉強会でのお母さん達と谷岡議員とのやりとり、他、です。

お母さん達、子供達の叫びが聞こえます。


福島(関東を含む被災地)の皆さんが声を上げる元気が出るように、私達が出来る事を続けて生きたいです。一番下の署名をお願いいたしますm(__)m

--------------------------------

<以下再送>

一番下に貼り付けた朝日新聞の記事「1ミリ案は 県民が全面撤退になるため5ミリ案を検討したが、避難者が増えるとの議論があり、固まらなかった」で、

国や県は「安全性」ではなく、福島市や郡山市から避難者が増えることによる「経済損失」をいかに食い止めるかだけで避難の判断をしていることがハッキリしました


これと合わせて谷岡郁子氏の話を聞いていて、

「国会議員や官僚の人間性に期待していたが、この国のシステムではどうにもならない」

(これは下の書き起こし以外)

ということも分かりました。


政治家や官僚、または自治体、それに加えて既得権益を持った住民も、「子どもの健康」より「経済」重視が多いのです。<

>

そんな中で「被災者支援法」に期待しても無理だし、

いくら活動をしても中身は良くならないみたいです。

(国会議員で先頭に立って活動している谷岡郁子氏が今月になって「無理だ」とハッキリ言いました。)


ヤブロコフ氏や西尾名誉院長も同じことを言ってますが、

子どもを守るためには「福島の中から大きな声を上げることだ」と。

特に西尾先生からは、

「そうしなければ何も変わらない」と言われました。


であるならば、

いま福島のお母さんたちが求めている、

「保養」も「避難の権利」も「セシウム以外の食品測定」も「強風時の外での運動禁止」も「マスクの着用」も福島の中から声を上げなければ何も好転しないのです。


ですから福島の中から声を上げるにはどうしたらよいか?

それが一番の『課題』なのだと思います。


しかし住民から声の上がらないという『課題』の一番の『問題点』は、

「危険だという情報が入らない」ため、

対策の必要性の分からない人が多いことだと思います。

さらに福島の住民はテレビや新聞しか信用しないところがあります(特に年寄り)ので、

これ以上講演会だけを企画してもあまり効果は期待できません(知ってる人だけが聞きに来る)。


そのため、京都の立川さんや兵庫の飯沼さんが発行してくれた新聞折り込み(2012年6月及び10月)や、

疎開裁判の会で発行した新聞折り込み(2013年5月)は非常に有効な『解決策』の一つだったのだろうと思います。


特に疎開裁判の折り込みでは、

その後に続く西尾名誉院長やヤブロコフ博士の講演会の宣伝も兼ねていたため、

折り込みで興味を持った住民が講演会で更に知識を深める効果もあったと思います。

(どちらも100名程度の来場があり、その6割程度が折り込みで講演会を知ったそうです。)


本当はそれを定期的に続けることで住民意識を変えることにつながるのでしょうが、

何しろ一回の新聞折り込みで数百万円もかかるそうですから、

資金的に難しいのかもしれません。


参考に6月2日の支援法の勉強会を書き起こしましたので

こちらと合わせ読んで皆さんも考えてみてください。

このように子どもたちを守るための『課題』、『問題点』、『解決策』と考えてみると、

何か見えてくるかもしれません。


< 「子ども・被災者支援法」勉強会書き起こし >

2013/06/02

谷岡郁子議員

主催 いわき母笑みネットワーク(詳細)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/82832

(40:50~)

(お母さん)

原発事故後1年間ぐらいはお母さんの思いによって、子どもたちを守るために、他の子どもたちと違う立場に立たせるっていうことをしているお母さんは結構いたんです。

少数派であっても。

でも1年がたって2年目に入る頃には、みんなと同じようにできないっていうことで、子どもたちが精神的に限界を迎えてしまいまして、そんで、私たちの子どもは自分の親がそれなりに分かっている意識のもとで育っているので、子どももそれなりに(放射能の危険性を)把握をしている状態なんです。

なので、自分がみんなと同じ給食を食べることによって、内部被ばくをして、将来何かしらの健康被害を受けることになるかもしれない、っていうふうに子どもなりに理解していても、でもみんなと同じ事をしないってことを嫌がってしまう。

私たちはいろんな経験を重ねているので、他の人と違うことをするっていうのは・・・それはそれで大変なことではあるんですね。

声を発することというのは「分断」を生むことになってしまうので、お母さんたちもそれを恐れない勇気を持って子どもを守ろうとはしてきたんですけど、でも子どもが精神的に限界を迎えてしまって、分かっててもそれをするしかないっていう選択をするんですよ。

分かってても自分はみんなと同じことをしたいんだと。

それに対して母親としては、「それでも一人でがんばりなさい」って言うことは、2年が経った今となっては、もう過酷過ぎるんですね。

例えば、風の強い日はマスクを付けて自分の身を守らなければいけないっていうことは、子ども一人ひとりに知識があったとしても、やはり認識の差によって、担任の先生もそれぞれの価値観がありますので、「ちょっとおかしいから外しなさい」というような言葉をね、簡単に子どもに言ってしまう。

すると子どもはその場の空気を読んで、この先生はこういう考えなんだ、ということを理解するので、それ以上自分だけみんなと違う行動を取る(マスクをする)ことを、もうしないっていうことで自分を守ろうとするんです。


(谷岡氏)

んーあのー、そうなんだろうね。

(~43:37)

(お母さん)

それでいわき市に公開質問状を送ったんですね。

・・・・・・・・・マスクとか給食とか・・・・・


(44:42~)

(谷岡氏)

だから心配しても言えないってことでしょ?そしてみんなから変わり者と見られたくないし、そういうふうに言われたくないわけでしょ?要するにみなさん勇気が無くて弱いんだよ。

親っていうのは自分の子どもは髪を振り乱して守るものなんじゃないの?そこまで危険だと分かってて思っているのに、なんでそこにいるのさ。


(お母さん)

それはありますけど。ただ学校に、


(谷岡氏)

だったら人のせいにしないんだ。


(お母さん)

学校に直接言うと、うるさい親の子どもと言われるんですね。


(谷岡氏)

うるさい親の子どもだって差別されるような学校になんでいてやんなきゃいけないわけ?

移動の自由はあんのよ、日本には。


(お母さん)

でも財政面であったりとか、精神的な問題とかあって、なかなか出れないっていうのがあって。


(谷岡氏)

でもね、それを誰かのせいにしないでよ。移動の自由はあるのよ、みなさんに。

それにそんなに自分の子どもたちを虐げるような故郷なんて捨てればいいじゃん。

なんで捨てないわけ?


(お母さん)

捨てたい。


(谷岡氏)

え?


(お母さん)

捨てたいです。


(谷岡氏)

オーケイ。そこまで言ったらみなさんが捨てられるように持っていくってことよ。

そんで、回りに長いものに巻かれても苦しむのね。

さっき病気になって補償してもらえるんですかって聞いたよね?補償するように法律には書いてあります。

でも補償してもらったって痛いものは痛いし、しんどいものはしんどいのよ。補償してもらったって人生のクオリティはめちゃくちゃになるのよ。癌だとか若い時にいろんな異常が出てきたって、それは当ったり前じゃない。

それはね、甲状腺癌は大丈夫ですよ、切ったら治ります。

小学生の子どもなんかが、癌になって自分が手術しなきゃいけないと思って、

ひょっとして自分は死ぬかもしれないと思う恐怖を、感じるということ、自分の体切られるんだって思うっていうこと、それ自身がもうつらいじゃんね。

そしてその子たちがいくら医療費を払ってもらえてもよ、医療費払ってもらえるかもしれないわよ、あん時私たちも努力してきたもの。でもだからと言って、痛みや苦しみや、ほんとにその子が自分がいつ死ぬんだろうか、助かるんだろうかっていう不安にね、小学生や中学生を晒すということ自身がさ、人道的にどうなのよっていう話しでさ、そんな理不尽なことあるのかよっていうはなしなんだよね。


(~47:35~)

(お母さん)

私たちがここで暮らすことを選択するしかないっていう立場に立っている私たちが、ここで暮らすためには対策が必要だっていうことで対策を求めたいのに、じゃあ引越せばっていうふうに言われることは、とっても私たちは苦しいです。

対策を求めたいんです。

だから国として真っ先に対策をしてくれないから、市町村が「国の責任だ、国の責任だ」と言っているだけになってしまうんでしょ?ってなってしまうんで、まずは対策をして子どもたちを守りますっていうことを私たちは求めているんです。


(谷岡氏)

そう怒ってもね、ありがとう。ほんとにありがとう。

自分達の場所で生きることを選択する。十分な対策がなされることをやる。

それは一方で対策することを認めること自身が産業の邪魔になる。

人口を戻す増やすことに邪魔になると思っている多くの人達がやっぱりいてしまうことと、じゃあ彼らとどう対峙するのかっていうことをこれから考えていかなきゃなんない。

(ここでもこれから考える課題だと言っている)

結局、男たちの政治の経済の主流というのは、そういう考えの人達が中心になっているから、

だから心配だと言って不安だと言って、対策をやればやるほどね、それは危ないことを認めることになるから、だから対策はしないんだっていう話しになっちゃってるわけなんだよね。

結局は元の原発安全神話とおんなじよ。

事故が起きると認めてしまったら、いろんな対策をしなきゃいけない。

そうすると危ないのかな?と。

人は住んでくれないかもしれないし、仕事についてくれないかもしれないから安全なことにしておこうと。

事故は起きないことにしようと。

だから対策とか訓練とかやったら、ひょっとして事故が起きるかもしれないと認めちゃってるわけだから、それはやっぱまずいよねと。

いままた同じことが起きてるわけ。

(~49:39~)

ここで何か影響が起きるって認めちゃったら、っていうことで、そしたらみんなが不安になるかもしれないので、それは困るからやめようね。

だから心配を押し殺そうね、という...
~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~** ~**

下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、

「放射能や原発等に関心の無い人々に、

国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為」

「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚 をしてもらう為」

にも大変重要で意味深いツ-ルです。

是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。

集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。

この世の全てのもの達の為に!

以下、転送です。

避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。

表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。

英語版、日本語版とも、こちら。

http://hinan.jimdo.com/

医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。

お問い合わせは、小山まで。

070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp
  1. 2013/06/21(金) 15:19:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

体内被曝された方のお話し&緊急署名のお願い

これからの福島や関東でも・・・若しくは自分達家族が・・・・・・・多重ガンに犯されたり、ガンに限らず多くの病気を引き起こし、原爆被曝者の皆様と同じく「病気のデパート」となるのかもしれない・・・と、思うと、この日本はどうなるの?と言い知れぬ不安にかられます。

原爆や原発、食べ物の安全性に無関心な人々にお聞きします。

今のままの日本で、被災地の人々を見捨てずに、日本国民全体で、支えていけると思いますか?

 

一番下に、福島の皆も頑張っている署名(電子もあり)があります。m(__)m

--------------------------------

Sさん転送、有り難うございますm(__)m

スピーチ文

目に見えない形で永続的に身体を蝕む残虐兵器の廃絶を

  愛媛県 M・ Hさん(胎内被爆)

原爆が炸裂した瞬間、強烈な熱線と爆風と放射線が放出されました。数万の命が瞬時に奪われ、街には無数の屍が横たわり、あちらこちらで火の手が上がりました。目玉が飛び出し皮膚を垂らした半裸の人々が逃げ惑いました。そうした光景を、私は見ていません。

と言うのは、広島に原爆が落とされた1945年8月6日、私はまだ生まれてなかったからです。母は、爆心地から3キロの自宅で被爆しました。

吹き飛ばされたガラスの破片が母の頭部に10ヶ所ほど突き刺さりましたが、幸いにも大ケガには至らずヤケドも負いませんでした。私は、その母の胎内で被爆しました。

被爆後3日目に母は広島を離れました。瀬戸内海と言う小さな海を隔てた、母の両親の住む家に移りました(父は軍人として出征中のため母は一人住いでした。)。

私は、その家でこの年の11月に生まれました。このため、私には直接の被爆体験をみなさまに語る術(すべ)はありません。

その日、広島・長崎で、どういう光景が展開されたのかは、同行している年長の被爆者からお聞き下さい。

ところで、直接の被爆体験を語ることの出来ない胎内被爆者の私が、何故ここにいるか、申し述べます。お集まり頂いているみなさまに、ぜひともお伝えしたいことがあるからです。それは、二つあります。

一つ目は、原爆放射線の目には見えない残虐性について、ぜひみなさんに知って頂きたいのです。

どんな兵器も残酷で酷いものですが、原爆は一瞬にして数万の命と財産を奪い、街を瓦礫の山にしてしまいました。本当に恐ろしい兵器です。でも原爆の恐ろしさは、それに止まらないのです。

原爆が落とされて数日後の広島・長崎では、大ケガや大ヤケドをした重症患者は亡くなりました。その頃から、不思議な現象が起き始めました。

ヤケドもケガも負わずに逃げ延びた人々が突然に原因不明の高熱を発し、身体に紫斑が現われ始めたのです。やがて歯茎ばかりでなく目や耳からも大量の出血をして次々に人々が死んでいったのです。

死者の中には原爆投下の瞬間には市内に居なくて、その後に救援に駆けつけた軍人や医療関係者もいました。直接原爆を浴びていない人々にも、多数の死者が出たのです。

巨大な規模の放射線を浴びるとあらゆる物質が(土地も鉄もコンクリートも人間の身体さえもが)、2次的に放射線を発します。これを誘導放射線と言います。

また原爆による爆風が舞い上げたチリなどの放射性降下物からも、放射線は放出されます。これらを総称して、残留放射線と言います。

救援に駆けつけた人々は、この残留放射線に冒されたのです。

核兵器の恐ろしさの一つは、炸裂時には居なかった人々さえ殺傷するという点です。

ケガやヤケドは誰の目にも見えます。しかし、放射線も放射線被害も目には見えません。目には見えないけれども、放射線は人間の身体を痛めつけ死をももたらしたことを、お伝えしたいのです。

核兵器は、人類がそれまで経験したことの無い、新しい形の残虐兵器なのです。

二つ目に、原爆の放射線が数十年にわたって人間の身体を蝕み続けている事実を、みなさんに伝えたいのです。

原爆の炸裂後もう65年目ですが、原爆の放射線は今もなお被爆者の身体を痛め続け、次々と病気を発症させています。

被爆者の多くがガンや白血病をはじめさまざまな種類の病魔に襲われ、一群の被爆者たちは多重ガンに犯されています。即ち、皮膚ガンや胃ガンや肺ガンなど身体のさまざまな部位のガンを、放射線が今も次々と発症させている事例は、ニ、三に止まりません。今回NYを訪問している被爆者にも、そうした人がいます。

被爆者は、放射線を体外から浴びただけではありません。大気中に浮遊する微小な放射性物質を飲食や呼吸により体内に取り込んだため内部被曝もこうむりました。

それらの放射線による被害は、直後に発症する急性・亜急性症状ばかりでなく、数年から数十年後に生じる晩発性症状もあることが、近年明らかにされています。また、ガンに限らず多くの病気を引き起こし、被爆者の中には「病気のデパート」と呼ばれている者もいます。

2003年から日本国内では、原爆症認定集団訴訟が始まりました。これは、自分の病気が原爆放射線に起因することを国に認めさせるための裁判です。全国で306名の被爆者が、17の地方裁判所に提訴しました。この裁判によって、従来はあまり知られていなかった残留放射線や内部被曝による被害の深刻さが裁判所の判決でも認められました。核兵器の残虐性が永続的であることが、法律的にも社会的にも広く認められました。繰り返しますが、核兵器は60年以上の後も、人間の身体を痛め続け、命を奪っていく残虐な兵器なのです。

私たち被爆者は、「ノーモア・ヒバクシャ」を合言葉に、運動を進めてきました。報復の連鎖を断ち切ること、人類から再びヒバクシャをつくり出さないことを願って活動しています。「核兵器は悪魔の兵器」です。私たち被爆者は、「核兵器の廃絶を」と、世界中の人々に訴えたいのです。

お話を聞いていただいて、ありがとうございました。


***************************


グリーン・アクション アイリーンさんから緊急署名のお願いが届いています。みなさまご協力ください。

 

☆☆以下、転送・転載歓迎☆☆

 

【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 直ちに運転停止を!

ご署名、拡散、宜しくお願い致します。

詳細は以下です:

 

ネット署名:http://goo.gl/bqUV9

 


 

紙版の署名用紙:


 

最終集約: 6月25日(火)22時

 

原子力規制委員会委員長 田中俊一 様

 

原子力規制委員会は4月から、大飯原発3・4号が新基準に適合しているかを評

価するために会合を重ねてきました。5月15日には、更田委員が大飯原発を視

察し、「決定的な欠落はない」とコメントし、大飯原発の運転継続を了承する判

断を示そうとしています。

 

しかし大飯原発は、新基準に照らして「決定的な欠落」があります。問題の多い

新基準ですが、それでも大飯原発は新基準に適合していません。これまで、スト

レステストや4閣僚の政治判断で運転が強行されてきましたが、今回、規制委員

会が検討してきた新基準との適合性も満たしていません。実態は下記のとおりで

す。

 

●事故時の対応を行う免震事務棟はありません。

そのため、大飯原発1・2号の会議室を代用するとしています。しかし、事故の

起きている3・4号の隣で、場所が近すぎるため役割を果たすことはできませ

ん。会議室は約105平方メートルで、収容人員はわずか38名です(本来は1

000名の収容規模が必要)。

原子炉の状況などを表示する機器は、ノートパソコン1台しかありません。免震

事務棟の完成は2015年秋頃となっています。

 

●義務づけられている、防潮堤も完成していません。防潮堤完成は、来年3月の

予定です。

 

●再稼働の前提となっている敷地内破砕帯調査の結論はでていません。

大飯原発の敷地内破砕帯F-6は、調査が継続中であり、有識者会合の結論は出

ていません。

 

●義務づけられているフィルター付きベント設備も完成していません。完成は2

016年3月予定です。

 

●規制委員会が求める「活断層の3連動を基本にした基準地震動」を策定してい

ません。

関電は、基準地震動については2連動のままで、3連動は「仮に」として「評価

用地震動」なるものに置き換えてしまっています。

 

要請事項:大飯原発3・4号は新基準に適合していないため、直ちに運転を停止

してください

 

[署名提起団体]グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪

の会/大飯原発止めよう裁判の会/原子力規制を監視する市民の会

 

連絡先団体:グリーン・アクション

京都市左京区田中関田町22-75-103. TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952

 

  1. 2013/06/20(木) 23:52:17|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セシウム以外の放射性各種も測定して下さい。

セシウムが検出されないのは良いこと?

以下、転送です。

--------------------------------

 

福島ではどこの学校でも、汚染地の食材のセシウムだけを測定し て、 「毎日の測定によって安全が確認されている」と自信ありげに話 をします。 そしてそれを聞いたお母さんたちのほとんどが納得してしまいま す。

 

しかしそれはまったくの間違いです。

 

現在福島県内(茨城県、栃木県、千葉県、宮城県、岩手県なども そうですが)の田畑には、セシウムに限らず数百種類の放射性物 質が降り積もっています。 その汚染された土壌にゼオライトなどの鉱物を混ぜ、その鉱物に セシウムだけを吸着させて土壌から作物へセシウムだけが移行し ないようにコントロールしているのが現状です。

 

ですからセシウム以外の数百種類の放射性物質は作物に普通に移 行しているはずです。 特にストロンチウムはセシウムよりも植物への移行率が高いこと が分かっていますので、 福島の方が、とりあえずストロンチウムだけでも測定して公表し てくれと福島県にはお願いしているのですが、未だに公表されて いません。

 

"セシウムだけを取り除いてセシウムだけを測定する"、 これってマッチポンプなんですけど、 福島県内の何人が気付いているでしょうか?

 

<北海道大学大学院農学研究院助教の渡部敏裕>

 


 

図4. 北大植物園の各種植物の葉におけるセシウム(上)

およびス トロンチウム(下)

含有率 のヒマワリを例にとって、 土壌から葉への移行率を見ると、 セシウムは0.002mg/gなのに対し、 ストロンチウムは0.1mg/gとなっています。 この差は0.1/0.002=50倍です。

 

また以下の報告ではストロンチウムはセシウム吸収の1000から 2000倍という結果となっています。

 

<財団法人環境科学技術研究所の研究報告(植物の元素集積性に 関する調査研究)>

 


 

の一番右にのマランサスの移行率を見ると、 セシウムが130μg/m2なのに対し、 ストロンチウムが150mg/m2となっています。 ここで単位が"μ"と"m"で約1000倍の違いとなっていることを見落 とさないように。 植物によっては2000倍の違いとなっています。 この実験をした箭内真寿美さんは以下で簡単な研究の説明をして います。

 


 

これらの実験はゼオライトなどを撒かない結果ですから、 ゼライトを撒いて採れた福島の作物のセシウムとストロンチウム の移行率の差はもっと大きいのかもしれません(セシウムの量が 少ないからといってストロンチウムの量も少ないと思ったら大間 違いとなりかねません)。

 

実際に測定値を示してもらえば、 原子力ムラに所属しないEUの科学者に危険性を評価してもらえ るでしょう。 さらにストロンチウムはセシウムと違ってほとんど体外へ排出さ れませんので、 検出限界を0.01Bq/kg以下で測定してもらわないと危険性は判断で きないと思います。

 

※小出助教や今中助教などはセシウムが一番危険と言ってます が、 彼らは武田邦彦教授と一緒でICRPの考え方(ミリシーベル ト)しか知りませんから、 人柄だけで信じてしまうと、あとで後悔の元となります。

 

厚生労働省が発表している以下の数字、あまり当てにならないとおもいながら、いつも見ています。あくまでも、参考にご覧下さい。

 

世田谷こども守る会事務局 堀   厚労省日報ダイジェスト6月4日(第655報) この日は基準値超過はありませんでした。

 

岩手県では牛肉251検体中 1検体から、34Bq/kgが検出されています。 ※基準値超過なし 岩手県・牛肉251検体 うち1件 34Bq/kg 千葉県船橋市・フキ 2.1Bq/kg岩手県雫石町・流通品牛乳 0.81Bq/kg  参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000033mw6.html

 

 

*~∞**~∞**~∞**~∞**~∞**~∞**~∞**~∞**~∞**~∞

 

安心と安定は

自らでつくるもの

選択するもの

心がけゆくもの

人はいつも

均衡を保ちながら

生きゆかねばならぬもの

 

・~*∞★・~*∞★・~*∞★・~*∞★・~*∞★・~*∞★・~*∞★

 

木下黄太さんからの呼び掛け。

 

『チェルノブイリ被害の全貌』を貴女の住んでいる自治体や都道府県の 図書館にリクエストをして下さい。

 

五千円です。高いです。うれないようにとの値段設定なのでしょうか?

 

  1. 2013/06/19(水) 23:59:49|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【神戸】「健康診断と避難の権利を求めるつどい」

以下、転送です。【拡散・転送歓迎】


阪神・市民放射能測定所 安東です。案内です。拡散大歓迎です。

 

6月 23日「健康診断と避難の権利を求めるつどい」

 

場所: 神戸市婦人会館 5階 さくら

 

時間:13時~17時

 

【参加費】500円 避難の方は、200円

 

原発事故から2年。福島県で子どもの甲状腺がんの多発が報道されました。心筋

梗塞等でも多くの方が亡く なっていると聞いています。

 

福島では、運動場でマスクもせずにふつうに運動会が行われています。年間20ミ

リシーベルト以下なら何をしても いいのでしょうか?

 

原発子ども・被災者支援法が昨年6月に制定されました。しかし復興庁は、福島

への帰還促進策ばかりを進め、被災者の生活や子 どもたちの命のことを考えよ

うとしません。支援法が定める健康診断や医療保障、避難の権利を実現するため

にはどうしたらいいのでしょう か。

 

こんな状態がまかり通るのは、国が放射能による健康被害を決して認めようとし

ないからで す。国や行政は、市民の命や生活を守るためにこそ存在しているの

ではないのですか。

 

被災者や避難者がなぜ苦しまなければならないのか、その真実を知り「命と生活

を守れ」とみ んなで声をあげていくことで国を動かしていきませんか。

 

=プログラム=

 

・「放射能汚染と福島の甲状腺がん」入江紀夫医師 (医療問題研究会)

 

・避難者の発 言、福島からのメッセージ

 

・国に賠償・補 償を求めて(原爆被爆者等)

 

・放射能市民測 定所の役割と取組み(阪神・市民放射能測定所)

 

阪神・市民放射能測定所ブログにチラシをアップしていま す。

 

ブログ→カテゴリー(案内)をクリックください。

 


  1. 2013/06/18(火) 15:58:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。