福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【拡散希望】7.31不払いアクション交流会のお知らせ

福島からのお願い、以下転送です。
------------------------------
 電気代一時不払いタイムス The TEPCO Unpaid Times
 2013年7月23日号 転送/転載/拡散歓迎
==================================

 参議院選挙ほぼ惨敗!
 しかし、数ヶ月の沈黙を破って、不払いアクション交流会が帰ってきた!

 告知!!


『もう電気代なんか払いたくない!
原発再稼働阻止のための不払いアクション交流会』のお知らせ


 参院選で自民党が圧勝し、原発再稼働に歯止めがかからなくなりそうです。

 デモや政治だけでは再稼働を止められないなら、私たち一人一人が、電気代
の一時不払いで抗議しましょう。

 この集まりでは、電気代不払いのノウハウを共有したり、それぞれの不払い体
験の報告をします。ぜひ、あなたも参加してください。

 日 時 7月31日(水)午後7時~8時30分
 会 場 東京ボランティア・市民活動センター 会議室B(定員50人)
 地 図 http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html
 参加費 300円

 主 催・お問い合わせ先 電気代一時不払いプロジェクト
toudenfubarai@gmail.com

会場への交通:
飯田橋・セントラルプラザ10階 東京ボランティア市民活動センター

JR 飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセント
ラルプラザです。低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。

---------------------------------
発行:電気代一時不払いプロジェクト
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20121201/
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 22:28:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【署名】映画「朝日のあたる家」を上映して欲しい

【大拡散希望】
署名しよう 上映禁止なのはおかしい!山本太郎氏も出演の原発事故の悲劇を描く映画「朝日のあたる家」全国で上映拒否。全国の映画館、イベントスペースなど映画の上映が可能な施設。:
「朝日のあたる家」を上映して欲しい。

http://t.co/3szFtyhZMj
  1. 2013/07/31(水) 18:10:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島3号機 が不穏当です。避難準備をはじめ最大級の警戒を!(守田敏也さん)★「福島県県民健康管理調査」に関する市民ダイアローグ会合についてのご報告

以下、福島からです。(拡散歓迎)

「福島県県民健康管理調査」に関する市民ダイアローグ会合について
のご報告7月27日のです。
当日は、直前の呼びかけにも関わらず、50名ものみなさまにご参加いただき、3
時間にわたり非常に活発な議論が展開されました。

当日の模様を朝日新聞および福島民友が報じてくれました↓。

県民健康調査の改善点を提言 福島で市民が意見交換(福島民友新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00010002-minyu-l07
県民健康調査の改善点を提言 福島で市民が意見交換 福島民友新聞 7月28日 10時53分配信 東京電力福島第1原発事故に伴い県と福島医大が実施している県民健 康管理調査について、県と市民有志が意見交換する市民ダイアローグ (対話)会合は27日、福島市で開かれた。出席者は県に対し、甲状腺 検査の画像や所見などの情報を本人に速やかに開示することや健康診査 の拡充、医療費の減免を図るよう提言した。 医師や市民グループらでつくる実行委員会の主催。市民有志と県が双 方向で議論しようと初めて開催。約50人が参加、県から佐々恵一県民 健康管理課長が出席した。 参加者は「血液検査の年齢層を広げるべきだ」「避難区域の住民が受 ける健診の対象に追加被ばく線量が年間1ミリシーベルト以上の地域に 住む人も加えてほしい」「健診結果や被ばく線量を記録した健康手帳の 発行が必要だ」などと意見を述べた。

福島民友新聞

最終更新: 7月28日 10時53分


県民健康調査 不信感認める(朝日新聞)
http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW1307280700001.html


福島県からは健康管理課の佐々課長が出席。

市民側からは、福島の佐々木慶子さん、生活クラブの土山雄司さん、福大の荒木
田岳さん、福島市の高橋誠子さん、郡山市の武本泰さん、フクロウの会の阪上さ
ん、ちくりん舎の青木さん、CRMSの清水さん、子ども福島の深田さんなどが参加
しました。(そのほかにもたくさん。お名前のもれている方、すみません)

医師としては、小児科医の山田真さん、内科医の今田かおるさんが参加しました。
そのほかにも、福島在住のお医者さんも複数参加して積極的に発言を頂き、あり
がたかったです。

前半は市民側から下記のポイントについてプレゼンを行いました。

あいさつ…佐々木慶子さん
経緯・全体的な説明…満田夏花
1)詳細な血液検査・心電図・尿検査の必要性…阪上武さん
2)生活クラブ生協による調査について/情報公開…土山雄司さん
3)チェルノブイリ原発事故からの学び…青木一政さん
4)市民との対話の重要性…荒木田岳さん
5)医師の立場から…山田真さん、今田かおるさん

後半の質疑は別添の質問書に従って行いました。

質疑ポイント
(佐々課長)
・事故との因果関係を論じるよりも、とにかく健康問題に取り組むことが必要と
考えている。
・甲状腺の検査をできる体制を強化している。拠点も増やしている
・データベースの構築も予定しているが、これはあくまで本人の合意が必要。
・福島県だけがすべてを負わされるのはおかしい。

(医師たちから):甲状腺検査の一次検査にやる気のある開業医をトレーニング
をうけさせて参加させ、拠点を増やすべき。二次検査は専門医がやるべきだが、
一次検査は研修をうければ一般の医師にも可能なのでは?

(佐々課長):疑わしきをすべて二次検査にまわされて、それを福島医大が行う
ということになるとパンクしてしまい、同じことになってしまう。

(市民・医師から):血液検査や心電図などの検査を、避難区域からの避難者の
みならず、県民全体に広げるべき

(佐々課長)
・福島県がいままでに例のない事態に直面しているということには同感。
・ありとあらゆることに関して、健診を行うことはできない。
・血液検査や心電図を行う必要性について、今の段階で理解できない。
・すべてを県が行うことはできない。県民と医師との関係性が重要。
・福島県だけの問題ではない。

(市民たちから)
・すべてに関して健診を行ってほしいということではない。現在避難区域からの
避難者に対してやっている健診をベースにしてそれを広げてほしいというもの。

・チェルノブイリに学んでほしい。

・いまは県民が県を信じていない。「事故との因果関係がない」ときめつければ、
さらに不信が増殖する。検査内容を強化し、きちんと説明責任を果たすことによっ
て、はじめて信頼は回復される。

・(精神科医の方から)「心のケア」も問題。なんでもかんでも「放射能恐怖症」
のせいにされてしまうことによって、かえって心の傷は深まるだろう。

・本来、支援法に基づき国が責任を負うべきだろう。福島県以外でも実施すべき。
私たちも国に対して要請する。県からも要請してほしい。

・もともと健康管理調査を国ではなく県がやるというのは、県が言い出したこと。
そういう経緯はともかく、現在、県民健康管理調査を行っている県としての責任
を果たすべき。

・このようなダイアローグに出てきてくれたことに感謝。今後もでてきてほしい。
また、県主催で開催してほしい。

(以下報道より)
県民健康調査の改善点を提言 福島で市民が意見交換
福島民友新聞 7月28日(日)10時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00010002-minyu-l07

 東京電力福島第1原発事故に伴い県と福島医大が実施している県民健康管理調
査について、県と市民有志が意見交換する市民ダイアローグ(対話)会合は27日、
福島市で開かれた。出席者は県に対し、甲状腺検査の画像や所見などの情報を本
人に速やかに開示することや健康診査の拡充、医療費の減免を図るよう提言した。
 医師や市民グループらでつくる実行委員会の主催。市民有志と県が双方向で
議論しようと初めて開催。約50人が参加、県から佐々恵一県民健康管理課長が出
席した。
 参加者は「血液検査の年齢層を広げるべきだ」「避難区域の住民が受ける健
診の対象に追加被ばく線量が年間1ミリシーベルト以上の地域に住む人も加えて
ほしい」「健診結果や被ばく線量を記録した健康手帳の発行が必要だ」などと意
見を述べた。


★FFTV配信中
http://goo.gl/27svW
【ご支援を】FoE Japan原発チーム、活動を続けていくため、みなさまからの暖
かいご支援をお待ちしております!
http://www.foejapan.org/join/donation.html#01

-------------------------
以下、転載

一日一回脱原発&デモ情報 in 大阪

http://ameblo.jp/amebloacchan/

最新の記事ですが、こちら重要ですので、ぜひお読みください。
 ↓  ↓
福島3号機 が不穏当です。避難準備をはじめ最大級の警戒を!(守田敏也さんブログより)
福島3号機で現在異常な事態が生じているようです。
ライターの守田敏也さんがブログでわかりやすくまとめてくれています。
「ぜひ読んで拡散を願います!みなさん、腹をくくって危機への構えを作り出しましょう!」(守田さんより)


脱原発イベ ント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・ 7月29日(月)~8月3日(土)
  1. 2013/07/29(月) 18:38:18|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内部被曝の主要因は呼吸(WHO推奨のセシウム低減薬の説明書から)。

私が、お話しするときに、心がけている事は、福島だけの問題ではなく、関東も汚染されていること、日本はおろか、世界の問題だということです。

少なくとも、日本人、一人一人の問題だと言っています。

それぞれが、自分や家族を守る事が、日本や世界、私達、被災者を守る事に繋がるとお話しさせて頂いています。

 

--------------------------------

以下、転送

 

WHOが備蓄を推奨しているキレート剤の説明書に内部被曝についての

記述があり、その主要因は呼吸から、という説明があるそうです。

そして、最大のリスクに晒されるのは肺だとも。

 

また、説明書の中では、直径5μm未満のエアゾル粒子は肺胞まで達し、

それはリンパ系や血液で吸収され、排泄されるまでの生物学的半減期に

応じて放射線を放出し続ける、ともあるそうです。

 

この記述から考えると、食品による被曝を防ぐ努力と共に、否、それ以上に、

吸気による汚染を防ぐ努力が必要であり、結局、食品に気を付けているだけ

では、内部被曝は避けられない、と言う事でしょうか。

 

被爆国が更に被ばく国になってしまった現実を、どれだけの人が、どれだけ

現実感を持って受け止め、行動して行けるのか。日本の未来はそこにかかって

いると思います。

 

詳細はこちらからどうぞ。

 

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/5e6d08badcea9b6e92b7148e8638676e

 

説明書の詳細はこちらからどうぞ(P2~P3)。

 

http://www.nmp.co.jp/member/inter/pdf/radio_Cs.pdf

 

 

 

 

 

 

 

  1. 2013/07/23(火) 16:01:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射能廃棄物は原発を売ってる国が全部引き受けることになっている

福島から頂いたメール(上)を転送させて頂きます。

下記、全てを拡散して頂けたら助かります。m(__)m


日本は契約書通りの核のゴミ捨て場になるのでしょうか?

それとも、契約を守らない、嘘つき民族にさせられてしまうのでしょうか?


絶望ばかり感じていても、仕方がありません。取り合えず、それぞれが無理の無い範囲で出来る事をして生きていきましょう。


前向きに真心で生きていけば、いつか必ず希望が見えるでしょう。楽しい事があるでしょう。

絶望を感じて毎日泣き暮らしていた私は自信を持って、そう言えます。今でも、些細な事で泣いちゃうけどね~_(^^;)ゞ


という訳で一番下の署名を2つ、お願いいたします。


--------------------------------

東京の渋谷で行われた山田正彦元農水大臣(みどりの風 参議院比例区候補)の演説です。この動画の冒頭部分で山田正彦議員は「日本がイラクとかベトナムに原発を売り込んでいるいいか!ところがその時の契約書は放射能廃棄物は原発を売ってる国が全部引き受けることになっているんだぞ」と暴露。

つまり、世界の核廃棄物の処理施設(実際はゴミ捨て場)を福島県に造るつもりでしょう。

「汚染されたゴミも人もここに捨てる」という事ですね。



~・"*:;'∞∴~・"*:;'∞∴~・"*:;'∞∴~・"*:;'∞∴~・"*:;'∞∴~・"*:;'∞∴~ ・"*:;'



福島からOurPlanetTVへ メッセージ


http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1377


数少ない真実を届ける報道機関に対する福島県民からのお願いです。



~∴・'";:*∞~∴・'";:*∞~∴・'";:*∞~∴・'";:*∞~∴・'";:*∞~∴・'";:*∞


下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、


「放射能や原発等に関心の無い人々に、


国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為」


「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚 をしてもらう為」


にも大変重要で意味深いツ-ルです。


是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。


集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。


この世の全てのもの達の為に!


以下、転送です。


避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。


表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。


英語版、日本語版とも、こちら。


http://hinan.jimdo.com/


医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。


なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。


お問い合わせは、小山まで。


070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp


∞∴・'";:*~∞∴・'";:*~∞∴・'";:*~∞∴・'";:*~∞∴・'";:*~∞∴・'"




【「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」へのオンライン署名はこちらからお願いします】 - 関西から食卓を考える会


http://kansaisyokutaku.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

  1. 2013/07/21(日) 12:24:34|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

給食:行政による測定で汚染が出た場合の対応 - 厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能からまもりたい

http://atsugichild.blog.fc2.com/?no=603

給食:行政による測定で汚染が出た場合の対応 - 厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能からまもりたい

~*・*.;~*・*.;~*・*.;~*・*.;~*・*.;~*・*.;~*・*.;~*・*.;

「選挙さ 行くべ」

                       2013年7月17日

かんた 選挙さ 行くべ
オレたちの 一票で
ガツンと 言わせて やんべ

原発いらねえって いう人に 入れっぺ
経済とか 安定とか 30年かけて止める とか
寝ぼけたこと 言う奴らに だまされんなよ

ヒバクさせて ヒナンをさせて
家族を バラバラにさせて
首を 吊らせておいて
また 知らん顔して 原発をつくる
そういう やからを 許してはなんね
一揆を 起こすべ
だから 選挙さ 行くべ

でも お父さん
若いやつ 選挙 行かないよ
大して イミ ないんじゃないの

バカタレ そうやってなあ
好きに やらせておくとなあ
憲法いじり おめえたちを 戦争に引っ張って
ひと殺しを やらされる
徴兵っていうんだぞい
原発の 後始末も やらされんだぞい

え そうなの

わがの あたまで 考えねえど わがね
みんなで 選挙さ 行くべ
オレたちの 一票で
目 さまさせて やんべ
  1. 2013/07/20(土) 09:19:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島県田村市に焼却炉が作られないように、皆さんのお力をお貸し下さい。拡散希望です。m(__)m

福島県、田村市に焼却炉を作る計画があります。
皆さんのお力をお貸し下さい。

取り合えず、皆さんで関連部署に事実関係の確認、焼却炉を作らないよう、お伝えして頂けたら助かります。

被災地を守る事で日本を、世界を、私達自身を守っていきましょう(^○^)〃

以下、福島から転送です。
--------------------------------

田村市長公室メールフォームはここです。
http://www.city.tamura.lg.jp/form/detail.php?sec_sec1=2

田村市役所
〒963-4393 福島県田村市船引町船引字馬場川原20
Tel:0247-81-2111(代 表) Fax:0247-81-2522
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〇〇です。

民報にも載りました。
「環境省が減容化施設を計画 都路、川内にまたがる東電施設に」
http://www.minpo.jp/news/detail/201307129592

鮫川で地権者たちと揉めている(一部不同意、公文書偽造で争う構え)ので、
今度は自社施設敷地内に作ってしまおう、という腹ではないかと思います。
酷すぎます。

「処理で出る焼却灰は両市村外の民間管理型処分場に搬出する予定」だそうですし、
どこまで放射能汚染を広げようというのか、その黒い腹にげんなり…。

説明会、田村市外の方も参加可にしていただきたいです。
空気はつながっていますから。

本当に悔しいことだらけです。

~~~~~~~~~~~
今日16日午後、k.m.rさんの三人で田村市役所災害対策室に行ってきました。

この田村市の焼却炉は、環境省が直接田村市都路?の区長に説明会開いたそうです。
(やいちゃんがくれた新聞読んでね)「環境省が減容化施設を計画 都路、川内にまたがる東電施設に」

http://www.minpo.jp/news/detail/201307129592

だから、田村市役所災害対策室は、何も分からず、何も言えないと話していました。

福島市にある、福島県環境再生事務所 放射能汚染対策課 というところか管轄しているそうです。
電話番号も聞いてきました。近いうちにrちゃんが連絡を取ります。
その後、対策を考えましょう。

mさんが都路の区長さんに話を聞いたら、区長さんは「地元の人の判断に任せる」と話したそうです。
区長としての判断や市長としての判断は、出さないで腹の中にしまっておくということでしょうか?

建設予定の大久保と言う予定地は、放射能汚染が低く住民は帰還していて酪農や畑をやっているそうです。

3人で話したことは、県内に30か所の焼却炉を作る予定と話していましたので、その全部の予定を聞いてきましょうということです。(公表しないけれど、予定は着々と進んでいるはず)

次の手、つまり中間管理施設も最終処分場も福島県内に建てることは、東電や国の暗黙の了解で進めているので、私たちは最終的にどのような事を訴え市民を巻き込むかを考えねばなりません。

中間管理施設を作るなら(あくまで中間管理施設です)、条件として国内原発全基廃炉ですね。
それが最低でも条件です。この考え方を広めましょう。
最終処分場ができるまで、毎年更新の管理費を東電から受けとり、福島県民のために使う。

放射能は燃やすことも移動することも出来ないなら、皆さんはどのような条件がいい?


ふくしまの女たちのブログに記事をアップしました。

http://onna100nin.seesaa.net/article/369507622.html

SNS(ツイッターやFB等)で拡散するアクションが大事♪
それには、みなさまの協力が必須です。
みなさま、よろしくお願いいたします。

http://onna100nin.seesaa.net

---------------------------------------------------------------------
焼却による健康被害の報告についての分かり易いブログ

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/fdf5d250fb06da26bdd09f0943dc339f

原発を止めるのは勿論ですが、

放射性物質の焼却(福島でも)拡散についての危険性も同時に考えられた良いですね。
  1. 2013/07/18(木) 19:07:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度悔やんでも悔やみ切れない~その子の被曝の限度枠は誰にも判らない。

厚木市が市民向けに食品測定の受付を開始します。 - 厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能からまもりたい

 

http://atsugichild.blog.fc2.com/blog-entry-536.html

 

一部抜粋

 

チェルノブイリの土地に日本人医師としてメスを握った 松本市 の菅谷市長

 

甲状腺がんの手術を終えた子どもの親の心情をこう語られていま す。

 

何度悔やんでも悔やみきれないあの事故当時のことが、今もなお 脳裏から消え去らないにちがいない。

 

あのとき、外に出さなければ。 あのとき、キノコを食べさせなければ。 あのとき、森に連れていかなければ。

 

とにかく、自分を責めさいなむことばかりではないだろうか。そ れはいつしか悲しみや悔しさの涙となり、とめどなく彼らの頬を 濡らし続けることであろう。いまさらいくら自分を責めたところ でどうにもならないと、わかりすぎるぐらいわかっていても、我 が子への不憫さはつのるばかりであろう。

 

中略

 

何度も言いますが 被曝は累積です。 そして どの子も同じ容量を超えて、健康を害するのではありません。 その子の限度枠は誰にもわからないのです。それこそ 神のみぞ 知る・・・・の世界です。

 

私の子は大丈夫

私は大丈夫

今日も元気なのだから 明日も きっと元気・・・

それがずっとそうであるなら 本当に幸せな事だと 私は思いま す。

 

風邪をひいて寝込む人 明日から、風邪ひくから体調がわるくなるから・・・・なんて事 を前の日に知っていましたか? また 兄弟で同じ食べ物を食べ、同じ環境で生活をしていても 体調を崩す子がいたり 元気な子がいたり・・・です。

 

セシウムは毒です。ウランも、ストロンチウムも毒で す・・・・。

 

それを微量とはいえ 毎日食べ続ける事を受け入れてしまっては 子どもの健康は守れません。

 

今もこの子は元気

明日もこの子は元気

将来もこの子は元気

 

中略

 

ネットの世界にはどんだけでも、その情報はあります。どう ぞ・・・・調べてみて下さい。

 

今回は、厚木市が金曜日測定を開始しました。どうぞ利用してみ てください。

 

ただ ひとつだけ

 

セシウム134 不検出 セシウム137不検出 に喜ぶのではなく その検出下限値を知ってください。

 

検出下限値が 5Bq/Kgであるならば それは不検出ではな く、それ以下はいってる可能性はある。です。 スペクトル解析という表を読み解き、本当に大丈夫か?ってとこ ろまで 説明してもらってください。

 

騙されないで下さいね ND 不検出・・・の言葉に

  1. 2013/07/18(木) 16:31:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェルノブイリ原発事故の被害者の話を聞く会

このメールには現実が書かれていますので、遠方で行かれない方も、是非最後まで目を通されますようお願いいたします。m(__)m

ーーー拡散よろしくお願いしますーーー

チェルノブイリ原発事故の被害者の話を聞く会

被ばくによる甲状腺がんで息子さんを亡くされたウクライナから
来日されるバレンティンさんの話しを聞きます。同時通訳付きです。

【内容】
1.「原発民衆法廷」について
   お話 村田弘さん
2.チェルノブイリ被害者の話
   お話 バレンティン シテフォルク ビクトロビッチさん

【場所】原発災害情報センター(福島県白河市)
http://www.am-j.or.jp/schedule/120906.htm

【日時】7月24日(水)午後6時30分~

【参加費】無料

【問い合わせ先】電話:0248-28-2108(アウシュヴィッツ平和博物館内)


【バレンティン氏について】
 「原発民衆法廷」にて証言するため、ウクライナから来日します。
バレンティン氏(57歳)はドネツクの炭鉱労働者でした。息子の
ミーシャさんが、4歳のときに原発事故に遭遇し、甲状腺ガンを発症
しました。チェルノブイリ子ども基金の支援を受け、3回の甲状腺
ガンの手術をしましたが、他の臓器へも転移しており、更に1回の
手術と抗がん治療を行ったものの、2012年7月に31歳で他界
しました。バレンティン氏は、テレビの報道で、福島第一原発事故の
被災者が測定器で甲状腺の被ばくを調べられている様子を見たとき、
その辛さを自分の事として感じたそうです。

【ミーシャさんがチェルノブイリ子ども基金に宛てた手紙(2012年6月)】
 私は退院して自宅にいます。ヨウ素材による治療を終えました。
治療は大変でとても辛かったです。心臓に大きな負担となり、病院
では手足がむくみ、ほぼずっと眠ることができませんでした・・・


【村田弘さんについて】
 元朝日新聞社記者。南相馬から横浜に避難している「原発難民」。
  1. 2013/07/18(木) 11:28:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロンチウムを測定しないで「食べて応援」はあり得ない

海産物の放射性物質ストロンチウムを測定しないで「食べて応援」はあり得ない

 

と福島の方から、食べて応援派からのバッシングを緩和する為のヒントを頂きました。有り難うございます。m(__)m

 

 

以下、福島からです。

----------------------------

 

●コヨット(食べて応援)

始めに断っておきますが、

私は農家のためでも国家のためでもなく、

福島の子どものためだけを考えてますので、

「せっかく善意で応援してくれているのに」と思う人もいるでしょうが、

それはそれとして割り切って情報提供しています(一度も苦情は無いのですが、福島を取り巻く空気がそのようになってますので一応断っておきます)。

 

私は昨年、「福島の子ども保養プロジェクト(コヨット)」を利用して、

天童温泉「湯坊いちらく」に1泊旅行してきました(こちらは良かったですよ)。

http://fukushimakenren.sakura.ne.jp/?p=1682

今年は近場の猪苗代町の中ノ沢温泉「リゾート・インぼなり」を利用しようと思い、

食材がどうなっているのか確認するため、

主催の福島県生活協同組合連合会に電話しました。

 

私「ホテルでの食材は『食べて応援』になっているのですか?」

 

生協「はい?」

 

私「今は福島県内のホテルではどこでもTOKIOのポスターを掲げて『食べて応援』してますよね?。こちらのホテルも福島県食材を極力使ってるのですか?」

 

生協「そうですね。福島県産を極力使っていると思いますが、測定されたものだけを提供しています。」

 

私「それは生協さんで測定して確認した食材だけ使用しているという意味でしょうか?」

 

生協「いいえ、現在の食材はすべて測定して安全性が確認されているはずです。」

 

私「ああ、そういうことですね(100Bq/kgまでOKということです)。あと先月参加した人のブログを読んだら、食材を大阪から運んでたこ焼きを作ったというのがあったので、食材に気を付けているのかと思いました。」

 

生協「それはそういう大阪のボランティアによるイベントだったので、たこ焼きにだけ大阪の食材を使用しただけです。」

 

ということでしたので、即キャンセルしました。

 

保養に行ってまで、なんで「食べて応援」しなきゃいけないんだ?と怒りたくなりました。

 

中ノ沢温泉はセシウム合算3万~6万Bq/m2と千葉県柏市並みの汚染ですので、

決して保養するような場所ではないのですが、

それでも郡山市や福島市の10万~30万Bq/m2と比べれば保養になるのでしょう。

 

 

  1. 2013/07/17(水) 17:55:09|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。