福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の短いお話し会の原稿の抜粋②

私の家の回りは年間五ミリシ-ベルト以上になる所です。しかし現在チェルノブイリでは年間一ミリシ-ベルト以下の所でも健康被害が出ています。関東も危ないという事です。


<9月19日【緊急記者会見】ふくしま集団疎開裁判より>

福島の方々七人でウクライナのナロジチを視察。


ナロジチは飯館村と 福島市を合わせたような面積で、汚染度もちょうどそれ位。

(私が住んでいた郡山市も、それに近いです。)

今までは放射能に汚染されている事実を本当に認めたくなかった んですね。そして放射能で福島が危ないということに、どちらか というと片目をつぶってきたというのがありました。


しかし、行ってきた感想は「こりゃーもう、戦わなきゃなんないな」と思いました。


保育園と公立の中央病院に行き、先生や副院長先生にお聞きすると、この地域には千人の子供達がいて千人が千人全員、複数の病気を抱えているそう です。愕然としました。


今までもチェルノブイリ周辺では8割の子どもが病気だとは聞いて きましたが、

今中助教いわく「虫歯も病気としてカウントしてるんだろう?」 とのことで、本当のところはそんなにひどくはないんじゃないか と心の奥で思っていました。

しかし8割は10年前の話で、今は10割が病気というのが現実なので しょうか。

風が強くなると、再浮遊する放射能が多くな ります。吸い込んで肺に引っかかったら体外へ排出されません。

気を抜いたらナロジチと同じ運命だと考え、気を引き締めて防御 していかなければなりません。


それも目の障害、心臓、あとは免疫低下が非常に大きく風邪をひ きやすい、呼吸器など、すべての病気を受け入れてしまうんです ね。

やっぱりこういう見聞きしてたことが現実にそのような方々から 何人にも聞くと、本当にショックでしたね。

チェルノブイリ事故の時に小さかった子供達が産んだ、二世である子供達が病を持っているということか ら考えると、福島の事故に遭って、今福島にいる子供たちを何と か助けないと、末代までだんだん障害が濃くなっていくという か、障害が顕著に出てくる事もウクライナの先生からも聞きました。

~~~~~~~~~~~~~~

仙台高裁で行われた福島集団疎開裁判では「疎開させて欲しい」という郡山市の子供達の訴えが一審、二審とも脚下されてしまいました。

しかし、私たちの声が決して無力だったわけではありません。そ の証拠に、世界中、日本中の後押しもあり、裁判所 が判決の中で、認めた事があります。幾つか、お伝えさせて頂きます。

(1)、郡山市の子どもは低線量被ばくにより、生命・健康に由々し い事態の進行が懸念される。

(3)、被ばくの危険を回避するためには、安全な他の地域に避難す るしか手段がない

(4)、「集団疎開」が子どもたちの被ばくの危 険を回避する1つの 抜本的方策として教育行政上考慮すべき選択肢であると初めて認 めました。

一審判決の「子どもたちは危険ではない」から一 転して、二審判決は「子どもたちは危険の中にいる」と大きく舵を切ったの です。

にも関わらず、国が疎開させる義務は無い。となってしまったのは、私達大人達の声がまだ小さかったからです。

簡単に取れるテレビや新聞などのマスメディアが真実を語ってくれないから声が出せないのです。


谷岡国会議員と子供被災者支援法の勉強会では、母親達の悲痛な叫びが上がりました。

原発事故後約2年近くは子供達にマスクをさせる。お弁当を持っていかせる。長袖長ズボンを着せる。などして我が子を守るお母さん達が極少数でしたが、いました。子供達も、そのお母さん達の思いを汲んで、他の大多数の子達と違うそれらの事をして自分の体を守ってきました。

 

しかし事故後、2年を過ぎる頃には、それらをしないと将来、恐ろしい健康被害にあうかもしれないと分かっていても、他の子達と違う事をして自分の身体を守るという事が、出来なくなってしまいました。

 

先生も「ちょっとおかしいから、マスクを外しなさい」と簡単に言ってしまうのです。でも、そんな福島の先生を責める事も出来ないと思うのです。先生も、真実を知らないからです。

 

子供達は、その空気を読み、他の子達と同じ事をする事で、身体は守れないと分かっていても、精神を守ろうとするんです。懸命に子供を守ろうとしていた母親達もそんな我が子に「それでもあなたは一人で頑張りなさい」と言えなくなってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~

私が原発事故後数回、郡山に帰って近所の十五人以上の方々や地元議員さんにお会いして感じた事は、大部分の方々が簡単に取れるテレビや新聞などのマスメディアしか見ていない。「漠然とした不安を感じながらも、福島でやっていくしかない」と思っている事です。

 

でも、少なくともお隣のとても仲の良かった方には去年から三回に分けて真実を伝えさせて頂きました。一回目は、なんとか受け止めて下さいました。しかし「大袈裟ね~」というような、その方の心の声が伝わってきました。

そして伝える回を重ねる事に、心の距離が拡がっていくのを感じるのです。あんなに仲良く楽しく過ごさせて頂いた方なのに!です。これが、正しく分断なのだと感じました。

 

関東を含む被災地の方々に直接言ってもダメなら、そこから遠く離れている私は、こちらで出来るだけの事をしていきたいと思いました。被災地の方々が声を上げられないのなら、遠くの私達が代わりに声を上げ、被災地の方々が声を上げられるように、「避難させて!」と言えるような環境作りをして生きたいです。

 

回り回って被災地の人々が少しでも安全に導かれていかれますよう、願わずにはいられません。

 

「何処でも誰でも放射能検診」の署名活動や「食品の安全を求める運動」を通して、放射能や原発等に関心の無い人々にも、

「被災者だけでなく、少なくとも日本国民全体が被害者になりうる事を知って頂きたい。もはや他人事では済まされない事を知って頂きたいです。」

「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に『被害がある事を沢山の国民が知っている事、ごまかしようの無い事実である事』を自覚 して頂きたいです」

そして安全な食べ物、避難、保養、脱原発、広島長崎で被曝された方々、放射能汚染瓦礫、原発輸出、等々が全て繋がっている事を訴え、良い方向に導いていきたいです。

 

皆さまへのお願い。

「どこでも誰でも放射能検診」の署名を集めて下さいますよう、お願い致します。

「皆様の地域で避難者のお話し会」を開いて下さいますようお願いいたします。


お話し会の申し込みはコメント欄にお願い致します。

下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、

「放射能や原発等に関心の無い人々に、

国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為」

「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚 をしてもう為」

是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。

集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。

この世の全てのもの達の為に!

以下、転送です。

避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。

表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。

英語版、日本語版とも、こちら。

http://hinan.jimdo.com/

医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。

お問い合わせは、小山まで。

070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp
  1. 2013/08/17(土) 15:59:34|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の短いお話し会の原稿の抜粋①

私達母子三人は郡山市から関西に自主避難させて頂いています。

 

原発事故後、放射能予測システム、スピーディーが働き、日本のアチコチに放射能が降る事を東電も、国も知っていたにも関わらず、私達国民に全く教えてくれませんでした。誰も私達を守ってくれなかったのです。

 

被災地に残された人々は放射能が降っているのも知らず、買い出し、水汲み等に何日も、何時間も並び続け、放射能が降った畑の農作物を食べ、みんな知らない間に被曝してしまいました。

 

そんな中で、チェルノブイリの原発事故で放射能の恐ろしさを学んでいた人々は、地震の後、直ぐに逃げていた人が多いのです。

 

原発事故の後、福島は勿論、関東でさえも、水道水が放射能 で汚染されました。

ペットボトルの水を買う事も出来ない地域が沢山ありました。

 

放 射能の危険性を知っている母親達は、泣く泣くその汚染された水を飲み、愛する我が子に乳を与えたのです。放射能で汚染された 水でミルクを作り、可愛い我が子に泣く泣く与えるしかありませんでした。

 

あれほど元気だった福島の実家の父は、原発事故後、私がたまに電話しても「頭が痛くて話していられない」と、すぐに電話を切ろうとするようになりました。

 

私の親戚が住んでいる福島市の信夫山の麓で高校生三人が同じ時期に、心筋梗塞で亡くなりました。

 

娘の幼稚園のママ友達は去年、赤ちゃんを産みました。しかし赤ちゃんのお父さんは間もなく、やはり心筋梗塞で亡くなってしまいました。

 

*健康被害の事*

私達は3月15日の午前中に福島空港を発ちました。同じ日の午 後に友人家族がやはり福島空港を発ちました。

友人家族が外部被曝を調べてもらったところ被曝していなかった そうです。

 

ということは、同じ日、同じ場所から同じ所に避難し た私たち3人も外部被ばくをしていないはずです。

 

にも関わらず、私達親子三人には環境が変わったからというには 説明のつかない症状が次々に出ました。

 

私はずっと風邪をひいていて、一ヶ月位で治っ たかと思ったら一日か二日で、またひいてしまうのです。

生理の量がとんでもなく多くなりました。一瞬の内に大量に流れるので、今トイレに行ってきたばかりであっても、「あっ!」と 思った瞬間には衣服が汚れ、外出先で着替えなくてはならなくな りました。

 

始めは、環境が変わり、疲れているせいだと思いました。しか し、それからも、首を傾げる事が起き続けます。

 

昨年12月頃には虫歯が沢山出来て、歯に詰めてあった金属がたっ た一週間足らずの間に6個取れました。

足の親指の爪も根元から ポロッと取れてしまいました。

私も子供達も疲れやすく、季節を問わず、家にいる時にはゴロゴロしている事が多かったです。体力が無くお風呂に入るのが苦痛で、夏でも5日間位、シャワーさえ浴びられないのです。

 

私も子供達も蚊に刺されたなどの些細な傷が半年、一年以上経っ ても治りませんでした。 関西で二度目の冬、子供達の霜焼けが恐ろしい程酷くなり、しか もいつまでも治らなかったのは何故でしょうか?福島でなった時 にはすぐに治っていました。登山家が凍傷になり、指を切り落と す事があると本で読んだ事が有りますが、「切り落とす前にはこ んなふうになるのかな?」と思うくらいに子供達の手足が真っ黒 になり、桜が咲く直前まで綺麗になりませんでした。 ここまで、酷くても、私は「おかしいな」と頭を傾げるばかりで した。

京都に避難先を変える直前には鼻血や下痢を繰り返すようにな り、突然、お腹の激痛におそわれるようになってしまいました。 外部被曝はしていなかったはずなのに・・・・・。

 

これらの症状は広島・長崎で被爆された方々、原発事故のあったチェルノブイリの方々と同じだそうです・・・・・。

 

その後、大阪から京都に引っ越し、食材を今までとは、別な所で 買うようになってから、症状が激減しました。この時、初めて、内部被曝していたことを自覚しました。

避難当初、大阪だからと安心して食べ物による内部被曝まで、頭 が回らなかったですす。大阪では安売りのスーパーでほとんどの 食材を買って食べていました。

 

しかし、今でも、上の子は些細な傷が治りずらいです。ケガをさせ るのが怖いです。

 

チェルノブイリの原発事故の時も、第二次成長 期の子供たちに、深刻な被害が出たと聴いています。今、上の子は、 まさしく第二次成長期に入っています。

 

福島の現状と中心的に闘って下さっている福島に残っておられる 方々にお聞きしても、私の子供たちのような酷い症状の出た話し は聞いた事が無いそうです。

 

せっかく、子供たちの為に、自分が犠牲になって、避難させてく れた、夫に申し訳ないです。

 

もし・・将来・・・子供たちに何かがあった時・・・私は、どう 償えばよいのでしょうか?私は、その十字架を一生、背負って生 きていかなくてはならなくなりました。

 

マクロビの先生に「体に良いもの食べていたんでしょ。症状が出るのは良い事ですよ。」と言われました。確かに、福島にいたときは、玄米と有機野菜を食べていました。

 

現在、食品の基準値は1㎏あたり100ベクレル。原発事故前であれば、低レベル放射性廃棄物として黄色いドラム缶に入れられて厳重に保管管理されていました。

 

しかも、全て測られているわけではないので、それよりもとんでもなく高い物が市場に出回る事もあります。

福島の放射能市民測定所に「内部被曝はむしろ西日本から!」と書かれているフリーぺーパーが置いてありました。西日本は被災地から離れている分、危機感が薄いので油断している所に運ばれてしまうのです。

しかも、産地偽装も昔から普通にされていました。摘発されるのは、極一部に過ぎません。

 

食べて応援する事は、生産者も含めた人々を被災地に縛り付ける事になるのではないでしょうか?

そして、それが地産地消で放射能汚染の恐れのあるものを大人も子供も被災地で食べ続ける事を強要される事に繋がるのではないでしょうか?

 

おもいっきり、内部被曝してしまった私達はこれから気を付ける事が出来ます。

 

怖いのはチビチビと内部被曝している事に気が付いていない人々です。その方々は数年後、何十年後にガンやその他の病気になったとしても、それが放射能の影響である事にさえ、気が付かないでしょう。

 

元々、西日本に住まわれていた方々に、私よりもっと早い時期に 「内部被曝のせいかもしれない? ! と思われるような症状が出た」 という話をいくつも、聴いていました。 にも関わらず、内部被曝の症状が数えきれないほど、出ていた私達でも、被曝している事に気が付かなかったのですから。

 

誰かが、内部被曝に気を付けないで食べ続け、もしも介護状態 になった時、その方々の介護をしてくれる人々は、いらっしゃるでしょうか?

 

食べると決めた方も、食ないと決めた方もその結果もたらされる未来を考え、被災地や日本を守る事=ご自分やご家族を守る事になると考え、行動して頂けたら幸いです。

政府は今のところ、国民を守ってくれません。だからと言って、知っている人だけが、内部被曝から身を守れば 良いのでしょうか?

国民の多くが、健康を害するようになった時・・・・・安全な食 料を作って下さっていた方々も減ってしまいます。

今のままでは、健康な納税者も減ってしまうでしょう。

そうなった時、私達の今までの生活は守れるでしょうか? この便利な生活は?保険料は?介護保険料は?生活保護は?特定医療に対する保護は・・・?・?・?どう なるのでしょうか?出生率も下がり元気に働ける年金などを支える世代が激減するのではないでしょうか?

もはや、皆さんご存知の通り、被災地だけの問題ではないのです。

今までも、福祉などが十分に整わず、苦しんでいた方々が一杯い ました。

 

私達が住んでいた中通りは経済の中心地の福島市郡山市などがあり人口が多い為、避難地域に指定されなかったとも言われています。


【「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」へのオンライン署名はこちらからお願いします】 - 関西から食卓を考える会

http://kansaisyokutaku.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
  1. 2013/08/17(土) 15:44:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島で被爆された方のお話し&あす 署名「放射能健康診断と医療補償」

今日は広島で被爆された方のお話しをお聴きしてきました。私も戦争に繋がる今の被災地の現状などをお話しさせて頂きました。署名も集めて頂き、有り難かったです。

以下、〇〇さんが書いて下さった今日のお話しの概要と明日の署名活動のお願いです。
--------------------------------

16日(金)10時から11時30分又は13:00まで、大阪市役所前にて署名を集めます。遠い暑いですが、お越しください。

署名を集めていて、毎回、いろんな人と出会い、話に夢中になってしまいます。

前回の90才ぐらいの杖をついたおじさま、原爆後、ABCCは、被曝者の数字は集めるけれど、治療はしない。若かったら、政府に向かって、たたかっている、と。

今日15日敗戦の日、73才ヒロシマ被曝者1世のかたのはなしを聞きました。

彼女は涙をみせずです。
68年前の体験は壮絶なもの、色つきの描写、地面がういた。顔の傷
、頭のきず、やけど、など、ずっとジクジクして治らない。五歳で被爆した傷が30才?で子供を産んでやっと膜が張ってきた。

その日は幼稚園に行かなかったことで原爆死をまぬがれた。
瞬時に真っ黒に固まった犬、猫。
棒切れで、
おじいちゃんの死体に群がるとりたちを追っ払った、うじをとる。


水を求めて群がった人、最後の水を飲めて、よかったとも!
こどもに見えるのは、がれきと炎、熱気、
回虫が、鼻から口から。

背中におぶわれていた弟さんのオムツの下の皮膚は1枚はがれて、カッターシャツのようなものでオムツにした。

被爆後消えていた5年間の記憶が50年以上経ってから、ようやく戻り、被曝された身体で、様々なところで話されています。


被曝の証明は毛根が意味があるので、おいておくようにと。
歯も取っておいて日付記入。写真や日記等で記録を取っておいて。女の子であれば、嫁入り道具の一つとして持たす。

1945年その時、日本軍はアジアになにをしていたのかにも、思いをはせたい。

「食の産地、ベクレル表示を求める」署名も集めます。
  1. 2013/08/15(木) 23:38:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復興庁:被災者支援 先送り密議 暴言ツイート裏付け- 毎日jp(毎日新聞)

結局、政治家の大分部の皆さんは、被災者よりも、日本の未来よりも、選挙が大事だったという事ですね。


そのあげく、責任のなすりあいで、被災者は、ほっておかれています。


http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000m010178000c.html


以下、一部抜粋


復興庁:被災者支援 先送り密議 暴言ツイート裏付け 毎日新聞 2013年08月01日 05時30分(最終更新 08月01日 10時18分)


◇3月時点で「参院選後に」


東京電力福島第1原発事故に伴い、放射線量が一定基準以上の 地域住民への支援を定めた「子ども・被災者生活支援法」を巡 り、同法を所管する復興庁が3月、具体的な支援策作りの大前提 となる「線量基準」の検討をどこが主導するか曖昧にしたまま、 7月の参院選後に先送りすることで関係省庁と合意していたこと が国の関係者の証言で分かった。昨年6月の同法成立以降、基準 は一向に決まらず、被災者らから早急な支援策作りを求める声が 上がっているが、これを無視するような申し合わせが秘密裏にな されていた。


復興庁の当時の参事官が短文投稿サイト「ツイッター」上で暴 言を繰り返していた問題で、元参事官が3月8日に「懸案が一つ 解決。白黒つけずに曖昧なままにしておくことに関係者が同意」 と書き込んだのは、この合意を指すとみられる。支援の対象範囲 をどう線引きしても批判が予想されることなどから、参院選への 影響に配慮したとみられる。実際、合意から約5カ月たった現在 も線量基準の検討は始まっていない。


国の関係者によると、 復興庁は2月、被ばく線量の基準を審議 する放射線審議会を所管する原子力規制委員会に対し、支援法の 線量基準をまとめるよう打診したが、規制委側は「科学的に決め る問題ではない」として反発。双方と帰還準備担当の内閣府原子 力被災者生活支援チームなどの担当課長・参事官が約1カ月間協 議したが、基準作りをどこが引き受けるかは結論が出なかったと いう。

  1. 2013/08/15(木) 18:30:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモの写真&原発いらない福島の女たちのカレンダー、予約をよろしくお願いします。

原発いらない福島の女たちのカレンダーを作っているそうです。

 

去年?の梅田?で行われたデモで、私と子供達が「パパにあいたい」「家族で暮らしたい」と描いてあるTシャツとタスキを身に付けて歩いている写真を取って下さった方がいらしたら、お知らせをお願い致します。

カレンダーに載せる写真を選んでいるそうなので、載せてもらえるかどうか聞いてみたいので宜しくお願い致しますm(__)m

 

以下、転送です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原発いらない福島の女たちのカレンダー、予約をよろしくお願いします。

 

寸法は、閉じた(たたんだ)サイズでB5変形(横21✕縦19.5センチ)、毎月めくり12枚+2015年1~3月分3枚、です。上部に写真を、下部に日にちの形状です。

 

<申込先>

①原発いらない福島の女たち(黒田):secchan@amail.plala.or.jp

                   携帯 070-5018-7478

②梨の木舎:Mail nashinoki-sha@jca.apc.org

       Fax 03-3291-8090

 

いい感じのものを作りたいと思っていますので、どうぞ予約をよろしくお願いします。

 

  1. 2013/08/15(木) 17:38:01|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■福島原発告訴団から緊急の呼びかけ

避難ママさんと、全国各地で福島の原発震災を訴えておられる福島原発告訴団団長・武藤類子さんからのお知らせとお願いです。

告訴人もそうでない方も、広くご協力いただければ嬉しいです!

アクションへの参加協力をよろしくお願い致します。

情報拡散の協力もよろしくお願い致します。


…以下転載…

>From:類子さん
>
>武藤類子です
>
>緊急アクションのお知らせです。
>
>■福島原発告訴団より緊急のお願い■
>地検への『お葉書』作戦
>“心に訴える暑中見舞い“を!
>
>
>この8月中旬にも検察により不起訴の決定が下りるとの見通しが、報道されています。
>どうしてこの未曾有の事故の責任が不問にできるのでしょうか?!
>一日も早く強制捜査に踏み切り、是非とも起訴するように、大至急、東京と福島の地検に、お願いして下さい。
>********* <地検住所>  **********
>福島地方検察庁 〒960-8017 福島県福島市狐塚17番地
>東京地方検察庁 〒100-8903 東京都千代田区霞が関1丁目1-1
>
>○夏ですから、出かけた先から飛び切りきれいな絵はがきで、まず自然称賛の文面を。
>または手持ちのステキな絵はがきなどを使って・・・
>○「でも、ここから放射線が・・・」とか、「一瞬で灰色に」など福島原発震災に対する思いを書く。
>○それに加えて以下のようなひとことを添えて結びとする。
>「早く強制捜査を」
>「どうして起訴しないのですか?」
>「早く責任者の刑事責任を!どんどん証拠隠滅されてしまいます」
>「東電本社の家宅捜査をしてこそ東京地検!」
>「原発に家宅捜査に入ってください!」
>「現場調査を」
>「これでも法治国家といえますか?」
>「海外でひんしゅくを買っています」
>等々、心を込めて書きましょう!
>○差出人の住所・氏名も、出来るだけ書く方が効果的です。
>○仮に不起訴の決定が出ても、それへの異議を唱える文面に変えて、引き続き送って下さい。
>
>どうか宜しくお願い致します。


…転載以上…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 ある方から


繋がる未来は
繋げ行くもの
今まで 繋いだ
託されし思い
安定の為に 安心の為に
必死に繋いできた
無駄にしてはならない
心安く安心して生きゆく為に
思い汲み取り
繋ぎ行かれよ
  1. 2013/08/14(水) 11:57:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古舘さんの報道ステーションに出演&署名活動します。(^o^)/

実は、先日、情報ステーションにちょびっと出演させて頂きました。
見て下さった方から、写りが良かったとメールを頂きました。
有り難うございました。(^○^)

あの日はテレビ用に厚化粧を、していったのが良かったようです。雨で髪がグシャグシャだったのですが、カメラアングルが良かったので、そのハネがオシャレ?に見えたようで(笑)・・・カメラさんに感謝です。 f(^ー^;

オンエアしてもらえるような事は語っていなかったのですが、内部被曝の部分だけでもカットに入っていて良かったです。
今と原爆の事が繋がっている事を全国の方々に分かって欲しいです。

ディレクターさんも取材の時、いらしたと思うのですが、オンエアされたら、原発事故の放射能問題が福島だけの問題にされていたので、悲しかったです。
でも、取材して下さっただけでも感謝です。これからも、宜しくお願い致しますm(__)m


別な番組だったか・・・・・・長崎の原爆記念式典?に招待された福島の高校生が
少女A 「私達って被爆者なの?」
少女B「全部じゃない・・・・・。」
と言っていたのが、印象的でした。


福島原発事故の放射能は、少なくとも日本中に流れたんだから・・・・・・

しかも、放射能で汚染された食品は日本中に出回っているんだから、気を付けなきゃ・・・・・広島・長崎の原爆の時と違って、被災地以外でも内部被曝する可能性が強いという事。(多分、今より広島、長崎から食べ物が他県に流通する事は少なかっただろう・・・という、推測です。ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。)

大なり小なり、日本中の人々が被爆者なんだよ。

でも、救いがあるとしたら、戦後の日本と違い、内部被曝の危険性をいくらかでも、避けようという、動きがある。
普通のテレビや新聞では取れない正しい情報を取って、避難すれば、かなり放射能から身を守れる。

だから、差別なんかされるいわれなんか、無いんだよ。原発を受け入れて生きてきてしまった大人達が悪いんだから・・・・・・・・・。

差別なんかに絶対、負けないで。
危機感を持っている私達が出来る事をしてみんなを守る力の一つになるから!

今、進めている食の安全を追求する運動も、被災地を守る運動の一つになるはず!!

みんな、ご自分の出来る範囲で頑張れたら良いですね~♪\(^o^)/

でも、分かっていても、なかなか動けない人は、その事でご自分を決して責めたりしないで下さい。
この日本で何もしない人々の方が圧倒的に多いんだから。

どんな形でも、関わって下さった。
他の事で、世間に警鐘をならして下さっている。
私は、それだけでも、とっても嬉しいです。元気をもらってます! 私が、頑張れるのは、関西で出逢った一人残らずの方々、このブログの読者の皆様のお陰なんだから~!!
本当に有り難うございますm(__)mm(__)mm(__)m

-------------------------------
「放送してもらえるような内容は話していないのですが、何か伝わる事ありました?」と、まだ見ていない私が先に見て下さった方にお聞きしたところ、以下のような感想を下さいました。
~~~~~~
伝わることありましたよ。

〇〇さんは ☆☆さん(私)の話(子どもの将来を悲観した母親の涙)で、〇〇さんのお母さまの伝えたかった「思い」(母のしんどさ)に気づいたと。

福島のひばくは広島長崎と同じではないが放射能がどういう影響を及ぼすのかひばくしゃ、子どもたちが、生涯かんじなくてはいけないのだと。

福島で将来、病気になったりしたとき、国はどうむきあうのか?

広島長崎のように「放射能の遺伝的影響はない」と言ってしまうようなことがないように願います。と結んでいました。

親から子、子から孫へ命のバトンは続く。ひばくが遠い過去の日になったとしても。と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、本題です。(^o^)/
16日、金曜日の大阪市役所前で食の安全を守る署名と、どこでも誰でも放射能健康診断の署名活動をします。

時間。10:00~13:00

いらっしゃれる、ご自分や家族を守りたい方は、どなたでもどうぞ。\(^o^)/


表記の署名の英語版があります。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。

いらっしゃれない方は、署名をダウンロードして集めて下さったり、オンライン署名で、ご協力をして下さったら、嬉しいです。オンライン署名は食の安全を守る署名だけです。

英語版、日本語版とも、こちら。

http://hinan.jimdo.com/

医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。

お問い合わせは、避難・移住・帰還 権利ネットワーク事務局長小山さんまで。私も共同代表です。(^o^)/


070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

☆   ☆   ☆

【「食品の産地表示とベクレル表示を求める要望書」へのオンライン署名はこちらからお願いします】 - 関西から食卓を考える会

http://kansaisyokutaku.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
  1. 2013/08/12(月) 23:36:09|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発ブラブラ病?&厚労省日報ダイジェスト等

もそうですが、子供たちも、夏でも冬でもゴロゴロしている事が多いので、既に原爆ブラブラ病?と、不安になります。

 

コメントを下さった皆様、有り難うございますm(__)m

 

全てに対応仕切れずに大変申し訳ありません。m(__)m

 

ななさん。コメントを有り難うございました。

 

私が福島に帰り、近所のスーパーに買い物に行った時、関西では買わないような物ばかり並んでいました。それを買って食べるより仕方ありませんでした。内部被曝の症状に苦しんでいる私が、どんな気持ちで、それを食べたかご想像頂けるでしょうか?

冷凍食品には、比較的安全であろうと思われる産地の物も極一部ありました。だからと言って毎食、そればかり食べていられるでしょうか?

先日、行ってきた東京では、こんな声をお聞きしました。

「西日本では選んで食べられるかも知れないけど、東京では選べない」と・・・・・・

関東地方を含む被災地では汚染されている食べ物を食べる事を強要されているのと同じだと私は思います。

だから、私は被災地の方々の内部被曝を防ぐ事で、少なくとも日本全体の食べ物が安全に近付くように、したいです。それが、声の出せない被災地の人々が「マスクさせて。避難させて。移住させて。」と言える切っ掛けの一つになると思うのです。

母子避難では、被災地に残された夫や父などの男性達が一人で毎日の仕事、家事で疲れきっています。その男性達が、やむなく利用する、スーパーのお惣菜、外食。

放射能で、どれ程、汚染されているのだろうか?

放射能は少しずつ体外に排泄される物もありますが、排泄されずに溜まり続ける物もあります。例え、ほんの少しでも放射能が含まれている食事を食べて欲しくないのが私の本音です。

経済的にいくらかでも余裕のある人は、無理してでも、西日本の食べ物を取り寄せて食べる事も出来るかもしれません。しかし、大抵の方々は、そんな経済的余裕も心の余裕も無いのではないでしょうか?

それどころか、西日本から取り寄せて食べる事の重要性さえ、知らない方々もいらっしゃいます。私の父がその一人です。

福島に近い程、真実の情報が無いと言われています。

福島よりも関東に。

関東よりも、西日本に。

西日本よりも九州に。


日本よりも、海外に真実の情報があると言われています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

みんなの思う日本の地図

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

 

「福島から見た、放射能汚染範囲は? 九州から見た汚染範囲は? 世界から見た汚染範囲は? 政治家から見た汚染範囲は?他。

 

何度見ても納得です。

=============================

以下、転載です。

 

厚労省日報ダイジェスト7月26日(第692報)

7月26日は、千葉県柏市の手賀沼のギンブナに基準値超過(120Bq/kg) が見つかりました。水産物では東北沖のヒラメに高めの数値が見られます。 東電がついに汚染水の大量漏洩を発表したこともあり、セシウムのみしか 測定されていない海産物については今後はさらに慎重に判断したほうがよいと思われます。暮らしが海と共にある方々の事を思うと胸が痛みます。

※基準値超過1件

 No.387:千葉県産ギンブナ(Cs:120Bq/kg) 岩手県・小麦6検体 いずれもGe9.6~12Bq/kg未満

岩手県・ヒラメ3検体 うち2件 7.9および23Bq/kg 岩手県・マダラ4検体 うち2件 5.8および15Bq/kg 岩手県・その他海産物25検体 うち1件 0.85Bq/kg 岩手県・ウグイ4検体 いずれもGe7.7~11Bq/kg未満 岩手県・菌床シイタケ5検体 いずれもGe15~17Bq/kg未満岩手県・流通品清涼飲料水11検体 うち5件 2.8~4.2Bq/kg 宮城県・原乳5検体 いずれもGe2.0~2.3Bq/kg未満 宮城県仙台市・干しシイタケ 21Bq/kg宮城県・菌床シイタケ 15Bq/kg 宮城県・ヒラメ4検体 うち3件 2~41Bq/kg 宮城県・マダラ Ge8.5Bq/kg未満宮城県・その他海産物23検体 うち6件 0.97~14Bq/kg 宮城県・渓流魚8検体 うち6件 6.6~80Bq/kg 栃木県・菌床シイタケ4検体 うち3件 3.2~9.6Bq/kg 栃木県・原木シイタケ42Bq/kg栃木県・その他菌床キノコ類7検体 うち4件 3.5~14Bq/kg 千葉県市川市(江戸川)・テナガエビ 22Bq/kg 千葉県柏市(手賀沼)・水産物3検体 うち1件基準値超(ギンブナ120Bq/kg)  他2検体 46および56Bq/kg 千葉県成田市(印旛沼)・水産物2検体 7.2および34Bq/kg 神奈川県伊勢原市/綾瀬市・原乳 Ge0.39Bq/kg未満 参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000037kwa.html

=============================

郡山在住の方による、日報ダイジェスト福島版MLがスタートしました☆ 情報満載です。ご登録はこちら ⇒ http://ameblo.jp/masa219koro/entry-11520467284.html

世田谷こども守る会 事務局 http://setagaya-kodomomamoru.jimdo.com/


  1. 2013/08/10(土) 18:32:47|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

「伊達市民の3人に1人が、年間1ミリシーベルト超え」福島県ガラスバッジダイジェスト|フクシマンの福島リポート(郡山市) |Ameba (アメーバ)

私は行政が発表した数字は参考程度に見るようにしています。
空間線量だって、市民が測定した結果と行政が測定した結果では、かなりの差があるからです。過小評価もいいところです。
でも、お知らせ頂いた方有り難うございます。参考にさせて頂きます。m(__)m

福島県ガラスバッジダイジェスト
http://s.ameblo.jp/masa219koro/entry-11589137626.html

一部抜粋

1年間に、

伊達市民の、

3人に1人 (33.5%)





が、

日本の法律で定められている、

年間被爆限度1ミリシーベルトを超える、

1mSv以上~5mSv未満

の外部被ばくを、積算で

していたことが解かりました。

~~~~~~~~~~~~~~~
以下、転送

一日一回脱原発&デモ情報 in 大阪
http://ameblo.jp/amebloacchan/

ワタミ会長 「ブラックではない」再春館製薬「公平な番組作りを」市民の声が企業に圧力をかける 
山本太郎のインタビューを突然打ち切り、CMを流した読売テレビ「ミヤネ屋」。
これを見て怒った視聴者が、番組のスポンサーである再春館製薬に怒りの矛先を向けました。
あわてた再春館製薬は、
「テレビ局に対して公平な番組作りを行っていただけるよう申し入れを行いました」
とのコメントを公表しました。
ワタミの会長も、「ブラック企業」という評判を、けっこう気にかけているようです。
消費者の声は、企業にとっては一番気になるもの。
消費者の立場を生かして、おかしな動きをする企業には抗議の声を上げましょう。
思っているより効果的かもしれません。

小出裕章 氏:除染には、反対です。一番やらなければいけないのは汚染地域の人々を逃がす事
ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」の動画より。
目新しいことではなく、小出さんがずっと言い続けてきたことですが、
この基本的なことが日本ではまったく実現されていません。

三宅洋平  政治を動かすゲリラ戦 ネットを飛び出し、じいちゃん、ばあちゃんに伝えてくれ
今回、惨憺たる結果に終わった参院選に、新風を吹き込んだ三宅洋平。
朝日のオピニオン欄に大きく取り上げられていました。

ダイエット に効果的!―サバ缶、あなたは食べますか?
鮭缶、さば缶、さんまのかば焼き缶、シーチキン…。
日本では魚介類の缶詰がたくさん出回っていますね。
みなさんは食べていますか? 
それってかなり危険かもしれませんよ~。

脱原発イベ ント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・ 8月12日(月)~8月16日(金)
  1. 2013/08/10(土) 00:57:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

除染危険手当要求争議勝利解決報告会御礼

諦めず、取り合えず良かれと思った事は、やった方が良いんだな~(^-^)/と思わせて頂きました。有り難うございます(^○^)
以下、福島からです。
--------------------------------
除染危険手当要求争議勝利解決報告会御礼

怒りの発端は「人として扱われていない」という事でした。
寒中彼らの宿舎とされたのは、山の上のバンガローと、床の抜けた廃屋。そこに5、6人ずつ押し込められ、食事の予算は1食100円。もやしと、なすと、ピーマンを茹でたものが一つまみの主菜を、彼らは「うさぎ定食」と呼んでいました。
現場が20キロ圏内であることも知らされていませんでした。
そして多重請負構造でのピンハネ。
フクイチ抗内も除染現場も、被曝労働の現場は無法地帯です。
そして暴力団の資金源となっています。
彼らの勇気ある行動は、新たな争議へと引き継がれました。

sさん、mさんが訴えている焼却場の放射能拡散問題は、拡散させないためにどうすべきかを考えると、警戒区域の除染問題とも深く関わってきます。
これからも情報を共有しながら活動していきましょう。

私も、〇〇のメンバーもみなさんから元気をいただきました。
心から御礼申し上げます。
  1. 2013/08/06(火) 02:42:09|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。