福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/31〆切!放射性物質の常時監視に関してのパブコメを1通でも送って下さい!

10/31が〆切ですが、こちらもメールでもFAXでも結構ですので

パブコメを送って下さい。拡散もお願いします。



http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17221

平成25年10月8日

「放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書(素案)等」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 「放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書(素案)等」について、広く国民の皆様からご意見をお聴きするため、平成25年10月8日(火)から10月31日(木)までの間、パブリックコメントを実施いたします。

1.経緯

 平成25年6月21日、「放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律」(以下、「整備法」といいます。)が公布され、大気汚染防止法及び水質汚濁防止法が改正され、国民の健康及び生活環境の保全の観点から、環境大臣が放射性物質による大気の汚染や水質の汚濁の状況について省令で定めるところにより常時監視し、その状況を公表することとされました。このことを踏まえ、当該常時監視の方法等について有識者からなる検討会を設け、技術的検討を行っているところです。

 今般、同検討会の報告書(素案)が取りまとめられたことから、本素案並びに大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の改正に伴い省令で定める必要のあるその他の事項について、意見の募集を行うものです。

2.概要(1)放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書について

 放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書(素案)(掲載資料1)について意見を募集するものです。

(2)省令で定める必要のある事項について

 上記(1)のほか、「大気汚染防止法施行規則及び水質汚濁防止法施行規則の一部を改正する省令案の概要」(掲載資料2)に記載の省令案について、意見を募集するものです。

3.省令の改正期日

 平成25年12月中を予定。

4.意見募集要項(1)意見募集対象

 放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書(素案)等

(2)募集期間

 平成25年10月8日(火)~平成25年10月31日(木)

 (郵送の場合は、平成25年10月31日(木)必着とさせていただきます。

(3)提出方法

 次の様式により、郵送、ファックス又は電子メールのいずれかの方法で提出してください。

 なお、電話での御意見はお受けしかねますので、あらかじめ御了承ください。

(意見提出様式)

[宛先]

[氏名](職業)(企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名) 

[郵便番号・住所]  

[電話番号]

[FAX番号]

[意見]<該当箇所>

<意見内容>

<理由>(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)  

(4) 意見提出先 <環境大臣が行う放射性物質による大気汚染に係る常時監視に関する事項>【郵送の場合】〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2環境省水・大気環境局大気環境課 【ファクシミリの場合】FAX番号:03-3580-7173 【電子メールの場合】電子メールアドレス:jyoji-housha@ env.go.jp<都道府県知事が行う大気汚染に対する常時監視に係る事項>【郵送の場合】〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2環境省水・大気環境局大気環境課 【ファクシミリの場合】FAX番号: 03-3580-7173 【電子メールの場合】電子メールアドレス:jyoji-jichitai@env.go.jp<公共用水域の水質の汚濁に対する常時監視に関する事項>【郵送の場合】〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 環境省水・大気環境局水環境課 【ファクシミリの場合】FAX番号:03-3593-1438 【電子メールの場合】電子メールアドレス:mizu-kikaku@env.go.jp<地下水の水質の汚濁に対する常時監視に関する事項>【郵送の場合】〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2環境省水・大気環境局土壌環境課地下水・地盤環境室 【ファクシミリの場合】FAX番号:03-3501-2717 【電子メールの場合】電子メールアドレス:mizu-chikasui@env.go.jp5.資料入手方法

 電子政府のパブリックコメント(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public)のページを参照

6.その他注意事項・御意見は日本語で御提出ください。 ・意見提出先の異なる複数の意見対象に対するご意見は、担当部署毎に分けてご提出ください。 ・御意見に対する個別の回答はいたしかねますので御了承願います。 ・いただいた御意見については、住所、電話番号、FAX番号及び電子メールアドレスを除き公開される可能性のあることを御承知おきください。(公表の際に匿名を希望される場合は、意見提出時にその旨書き添えてください。) ・企業・団体から意見を提出される場合には、同一の意見を複数の部署から提出されることのないようお願いします。 ・放射性物質の常時監視に関する検討会の際に使用した資料については、環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/air/rmcm/conf_cm.html)をご覧ください。 ※放射性物質による環境の汚染の防止のための整備に関する法律附則第1条の規定に基づき施行される大気汚染防止法規則及び水質汚濁防止法規則の一部を改正する省令案を本年12月中に公布及び施行することが必要であるところ、第3回放射性物質の常時監視に関する検討会(本年11月22日に開催)での検討結果を考慮すること及びパブリックコメントによる国民の意見の反映等に必要な時間を確保することから、本案については、パブリックコメントの期間を30日未満とさせていただきます。

添付資料

掲載資料1 放射性物質の常時監視に関する検討会の報告書(素案)[PDF 51KB]掲載資料2 大気汚染防止法施行規則及び水質汚濁防止法の一部を改正する省令案の概要[PDF 11KB]参考資料1 放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律 新旧対照表[PDF 62KB]参考資料2 「大気汚染防止法第22条の規定に基づく大気の汚染の状況の常時監視に関する事務の処理基準について」(平成25年10月8日現在施行されているもの)[PDF 264KB]参考資料3 「大気汚染防止法第22条の規定に基づく大気の汚染の状況の常時監視に関する事務の処理基準について」(平成26年4月1日より施行)[PDF 59KB]参考資料4 「環境基本法に基づく環境基準の水域類型の指定及び水質汚濁防止法に基づく常時監視等の処理基準について」[PDF 52KB]参考資料5 「地下水の水質汚濁に係る環境基準について」[PDF 156KB]


スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 00:12:05|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんぐりプロジェクト*放射能健康診断 

福島、他、関東でも、放射能の影響でドングリが拾えません。

そんな所で子供たちが暮らしているのです。皆さんは、どう思われますか?

 

 

ウクライナ・ナロジチ 1000人中全員が病気

http://kyania.blog.fc2.com/?no=32

一部抜粋


因みに福島市と同じくらいの放射線量の所のお話しです。

1000人が全員病気を抱えている。

> NPO「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」の郡司真弓さんが、

> チェルノブイリ視察ミッションということで昨年の9月2日~8日にかけて主にウクライナのナロジチ地区を視察してきたそうです。


現地の子供達は全員病気で、しかも複数の病気を抱えているそうです。

原因は本当に食品からの内部被ばくだけなのでしょうか?

> そうだとしてもセシウムだけが問題なのでしょうか?

> その他1000種類もの核種は関係ないのでしょうか?

>

ゼライトやカリウムを土壌にまいてセシウムばかりを低減させて検査をパスし、

> 市場に出回っている食品は本当に安全なのでしょうか?

> 陸地に比べて何万倍も汚染されている東日本の海で採れた魚介類も、

> セシウムだけを測定して安全だとして市場に出回っています。

> 中通りの除染されていない空き地には今も1平方メートルあたり30万Bq以上のセシウムが存置されています。

> これから冬にかけて風が強くなると、再浮遊する放射能が多くなります。

> 吸い込んで肺に引っかかったら体外へ排出されません。

> 気を抜いたらナロジチと同じ運命だと考え、気を引き締めて防御していかなければなりません。

<9月19日【緊急記者会見】ふくしま集団疎開裁判より>

> http://www.youtube.com/watch?v=Q05MfnVrL7M&feature=plcp

保育園の園児がまったく元気がないんです。それで保育園の先生に聞いたら、子供たち全員が病気、それも複数抱えているんです。それも全員が複数抱えているという事を聞いた時に愕然としました。

> それも目の障害、心臓、あとは免疫低下が非常に大きい。だからすべての病気を受け入れてしまうんですね。で、免疫低下で風邪をひきやすい、呼吸器、すべての病気がもう保育園の子供達に一つどころではなくて複数抱えているということなんです。

> であとは、病院にも行きまして、公立の中央病院にも行きまして、その副院長先生にもお話を聞いたら、この地域には1000人の子供達がいるけれど、1000人が全員病気を抱えている。

やっぱりこういう見聞きしてたことが現実にそのような方々から何人にも聞くと、本当にショックでしたね。で、今の子供の親というのは、チェルノブイリ事故の時に小さかったわけですよ。そんで26年経ってその子供達が子供を産んだ。


その二世である子供達が病を持っているということから考えると、福島の事故に遭って、今福島にいる子供たちを何とか助けないと、末代までだんだん障害が濃くなっていくというか、障害が顕著に出てくる事もウクライナの先生からも聞いてますので、これは教えていかなきゃならないかなと切に思いました。

> んで、ウクライナの病院の先生に、「福島の事故に対して何かコメントありますか」と言ったら、

「〇毎年子供達には定期健診を受けさせること」

「〇内部被ばくの問題を重要に考えること」

っていうふうに言われました。

> (1:13

>

(放射能健康診断署名が一番下にありますので、宜しくお願い致しますm(__)m)

--------------------------------

どんぐりが不足しています。

昨年同様に、福島県教職員組合の方で、秋の工作素材を募っています。

 

みなさま、ぜひ、ご参加ください。

 

福島県教職員組合

 http://www.f-t-u.or.jp/

 

注1)マツボックリ(アカマツ、クロマツ)は、湿気や土を多く含み、分会に届くまでにカビや損傷が多くありました。ご遠慮ください。

注2)送料はご負担下さい。

注3)素材はできるだけ、土やごみを取り、特に地面に落ちていたものは洗って乾かしてからお願いします。

 

集荷期限:11月末まで

送り先:〒960-8134 福島県福島市上浜町10番38号(教育会館内)

          福島県教職員組合 担当者 菊池様

    TEL:024-522-6141/FAX:024-521-5564

~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**~**


下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、

「放射能や原発等に関心の無い人々に、

国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為」


「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚 をしてもらう為」

にも大変重要で意味深いツ-ルです。


是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。


集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。


この世の全てのもの達の為に!


以下、転送です。

避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。

表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知 り合いの方に宣伝してください。

英語版、日本語版とも、こちら。

 

http://hinan.jimdo.com/

 

医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続け る予定です。

 

お問い合わせは、小山まで。

070-5653-7886nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

  1. 2013/10/30(水) 18:50:17|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茨城県の麺類より放射能が検出&11/4(月・祝)高槻・市民放射能測定所学習会の案内

上の子「ママ! 非常食を食べるなんて、ぬすぼらしい!」(゜o゜)\(-_-)

非常食の賞味期限が切れている事に気が付き非常食の乾パンを食べている私を発見した上の子の言葉です。

私『「盗み」と「みすぼらしい」が一緒になってしまったの?』( ̄▽ ̄;)

(カッコの付け方が逆になっちゃったけどもういいや(*_*))

上の子「うん、そう」 f(^^;

私「この乾パン、大丈夫かな?(放射能)」

子供たち σ(^_^;)? σ(^_^;)?

私「このお水大丈夫かな?静岡の井戸水だって」(やはり、非常食セットに入っていたのだ。)

子供たち σ(^_^;)? σ(^_^;)?

私「ママが飲むから、あなた達は飲まないで」(*^^*)

子供たち「はい。」 (^^; (^-^)/

この非常食セットは、震災のあった年に?夫が福島で準備しておいたものだ。

万が一、原発事故直後の関東や東北でとれた国産小麦だったりしたら、非常にヤバイ。放射能をタップリ吸い込んでいる恐れがある。

原発事故前だったら国産小麦は高嶺の花だったが、事故後はどうなんだろう?

安く買い叩かれて、放射能の危険性を考えていない小売業者に高値で売られたりしているのだと思う。

又は企業に安く買い叩かれて加工され、普通の値段で売られたりしている。


被災地、福島に牧場を作った吉〇〇の牛丼は何を考えているのでしょうか。

国民の皆さんが病気になったらアナタは責任を取れるのですか?

牧場を作った事で、本当は強制避難しなくちゃならない位、汚染された福島に人々を、縛り付ける事になると、私は思います。どうか、日本の未来を考えての商売をお願い致します。m(__)m



話は元に戻る。


「地下水に放射能が入り込むのには時間がかかる。」と聞きました。

でも、静岡の井戸水、上から、入ってきていないかしら?

飲んでみたら、決して美味しいとは言えない、複雑な味がしました。大丈夫~? ( ̄▽ ̄;)


「麺類とか、パン」とか好きなので、気が緩みついつい食べちゃいます。

でも、やはり「産地に気を付ける。又は放射能の測定をして安全性を確認してから食べる。」などの注意が非常に大切だと思いました。本当は消費者が一丸となって、食べ物の安全性を追求していく動きが必要だと感じています。


自分の家族だけの事を考えていれば私の家族が守られる訳ではないと思うので。

 

放射能の危険性をご存知無い方へ

 

基準値以下の放射能なら安全というわけではなく、極力0ベクレルに近い物が良いという事です。


--------------------------------

厚労省日報ダイジェスト10月7日(第741報)

このメールは「世田谷こども守る会」事務局が発行するメールマガジンです。 ご登録いただきましたみなさまに配信しています。配信専用のアカウントですので、みなさまからの投稿は世田谷こども守る会ML へお願いいたします♪

=============================

10/26 「あちこちおはなし会」第二弾 小豆川先生の放射線白熱授業! 子どもにも大人にも分かり易い!と評判の小豆川先生が世田谷にやってくる! 定員50名。お申込みはお早目に!詳しくはこちらから。

10月21日開催 秋のミニ講座「子どものアロマケア~免疫力を育てよう~」 この秋はアロマの万能スプレーボトルで免疫力アップ!詳しくはこちらから。

=============================

こんにちは。 10月7日は、90ページにもわたるボリュームの検査報告があり ましたが、ふと検査実施日を見ると、古いものでは今年の3月に行われたものもあり驚きました。自治体によっては報告のサイクル が非常に長いところもあるようです。 国の基準値以下であるという第一段階の安全確認を行った後は結果をなるべく早くシェアする、という流れを是非とも作っていただ きたいと思います。 この日は秋田県湯沢市の野生キノコ類から10Bq/kg前後と、 新潟県阿賀町の野生キノコから28Bq/kgがありました。牛肉は 全国で2474件の検査報告がありましたが、いずれも 限界値25Bq/kg未満とのことです。 世田谷こども守る会事務局 堀 厚労省日報ダイジェスト10月7日(第741報) ※基準値超過なし 秋田県・流通品牛乳5検体 いずれもGe0.91~1.5Bq/kg未満 秋田県・CS原乳3検体 Ge1.1および1.2Bq/kg未満 秋田県・玄米73検体 いずれもGe2.4~5.1Bq/kg未満秋田県湯沢市・みずのこぶ 10Bq/kg、ホンシメジ 7.8Bq/kg  ヒラタケ 11Bq/kg 茨城県・めん類2検体 Ge7.3および7.4Bq/kg未満新潟県阿賀町・野生ウラベニホテイシメジ 28Bq/kg 参照: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000025512.html

=============================

郡山在住の方による、日報ダイジェスト福島版MLがスタートしました☆ 情報満載です。ご登録はこちら⇒ http://ameblo.jp/masa219koro/entry-11520467284.html

世田谷こども守る会 事務局 http://setagaya-kodomomamoru.jimdo.com/



 

~*..・*~*..・*~*..・*~*..・*~・..*

以下、転送です。

 

 11/4(月・祝)高槻・市民放射能測定所学習会の案内です。

 

  チェルノブイリの子ども達の今

 チェルノブイリの子ども達の現実は明日の福島の子ども達?

 

講師:原発の危険から子どもを守る北陸医師の会

    吉田均医師(よしだ小児科クリニック)

日時 11/4(月・祝)1時半開場 2時開始

場所 本澄寺客殿

資料代 500円(被災者・避難者無料)


 「ドイツから『チェルノブイリの健康被害-原子炉大事故から25年の記録』

がネットで配されました。WHO(世界保健機構)の広報とはまったく異なること

が書かれています。私た医師としても驚愕の内容であり、多くの人に知っていた

だくべきと考え、翻訳に取り組みました。(「北陸医師の会」HPより)

 

 この記録では、事故から25年後の健康被害がデータとして報告されている。原

発事故の放能の被害がこれほどのものをもたらすのだという厳しさを、突きつけ

られた報告である。80人と推定されている汚染除去作業員は様々な疾患に冒さ

れ、74万人が病に苦しんでいるという福島原発事故を体験した私たちはチェル

ノブイリの惨禍から学ばなければならない。いま、福の子供たちが甲状腺がん

(47名)にみまわれてる時だからこそ必要ではないでしょうか!?

 

 吉田講師への質問も事前に募集・受付しております。

 以下にご連絡ください。

 

主催:高槻・市民放射能測定所〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31

         本澄寺内

    電話   : 072-669-1897

    FAX  : 072-669-1899

    電子メール: 時枝 hsnk@tcn.zaq.ne.jp 

       

    チラシはこちらに

    http://www.tcn.zaq.ne.jp/takatsuki-sokuteisyo/20131104tyerunobuiri.pdf

 

  1. 2013/10/29(火) 22:48:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★11.20 タチアナさんが語る【低線量汚染地域・健康被害の真実】郡山講演会

下記の連続講演会へのご参加と情報拡散をよろしくお願いいたします。
-----------------------------------------
■ウクライナのタチアナ・アンドロシェンコさんが語る【低線量汚染地域・健康被害の真実】郡山講演会:

福島原発事故で、どのような被害が出るのか、それには、チェルノブイリ原発事故に学ぶしかありません。
「食品と暮らしの安全基金」では、ウクライナを訪れ、多くの子どもが健康障害で苦しんでいる実態を知りました。
「足が痛い」「頭が痛い」「自律神経失調症」「風邪をひきやすい」「鼻血」「疲れる」「心臓が痛い」…
取材したのはすべて、空間線量が郡山市より低い地域です。私たちの調査に協力してくれているのが、自身も、健康被害に遭っていたタチアナ・アンドロシェンコさんです。タチアナさんの話は、日本でも、これから起きると考えられる健康被害を少なくするために、間かなくてはならない内容です。子どもたちのため、自分自身の健康のためにも、一人でも多くの方に「低線量汚染地域。健康被害の真実」を知っていただきたいと思います。

■11月20日(水) 郡山で。参加費無料
13:50 ~ 15:30 講演
15:40 ~ 16:40 質疑  交流会 17:20 ~
会場:県教職員組合郡山支部会館 (福島県郡山市桑野2丁目33-9)
お申込・お間合せ:〓 048-851-1212 ※当日参加も可

■各地で
18日(月) 盛岡アイーナホール
     (お申込み・お問合せ 〓 019-605-3345)
19日(火) 仙台市市民活動サポートセンター
     (お申込み・お問合せ 〓 048-851-1212)
21日(木) 衆議院第一議員会館。多目的ホール
     (お申込み・お問合せ 〓 048-851-1212)

■主催:福島実行委員会
NPO法人「食品と暮らしの安全基金」
さいたま市中央区本田町東2-14-18
  1. 2013/10/27(日) 22:50:05|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★11.20 タチアナさんが語る【低線量汚染地域・健康被害の真実】郡山講演会

下記の連続講演会へのご参加と情報拡散をよろしくお願いいたします。
-----------------------------------------
■ウクライナのタチアナ・アンドロシェンコさんが語る【低線量汚染地域・健康被害の真実】郡山講演会:

福島原発事故で、どのような被害が出るのか、それには、チェルノブイリ原発事故に学ぶしかありません。
「食品と暮らしの安全基金」では、ウクライナを訪れ、多くの子どもが健康障害で苦しんでいる実態を知りました。
「足が痛い」「頭が痛い」「自律神経失調症」「風邪をひきやすい」「鼻血」「疲れる」「心臓が痛い」…
取材したのはすべて、空間線量が郡山市より低い地域です。私たちの調査に協力してくれているのが、自身も、健康被害に遭っていたタチアナ・アンドロシェンコさんです。タチアナさんの話は、日本でも、これから起きると考えられる健康被害を少なくするために、間かなくてはならない内容です。子どもたちのため、自分自身の健康のためにも、一人でも多くの方に「低線量汚染地域。健康被害の真実」を知っていただきたいと思います。

■11月20日(水) 郡山で。参加費無料
13:50 ~ 15:30 講演
15:40 ~ 16:40 質疑  交流会 17:20 ~
会場:県教職員組合郡山支部会館 (福島県郡山市桑野2丁目33-9)
お申込・お間合せ:〓 048-851-1212 ※当日参加も可

■各地で
18日(月) 盛岡アイーナホール
     (お申込み・お問合せ 〓 019-605-3345)
19日(火) 仙台市市民活動サポートセンター
     (お申込み・お問合せ 〓 048-851-1212)
21日(木) 衆議院第一議員会館。多目的ホール
     (お申込み・お問合せ 〓 048-851-1212)

■主催:福島実行委員会
NPO法人「食品と暮らしの安全基金」
さいたま市中央区本田町東2-14-18


 xT  mu S  a  /  
  1. 2013/10/27(日) 22:41:25|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀しくて・・・& 50年後の中通り6万Bq/m2

福島に帰りました。愛しの我が家の売買契約の日が決まりそうです・・・・・・・。

 

本当に家を売った方が良いのでしょうか?・・・・・・・・・・・

 

あと10年誰かが借り続けて下さり、ローンを払い終えれば、家賃収入が発生し、私達の晩年は助かります。

 

そうしたら、誰かの運命をあの家に縛りつけなくてもよくなる。あの愛しい家が誰かを苦しめる事になるかもしれない・・・・・・・・・そう思うと・・・・・やりきれない思いに襲われます。ただ、ただ、悲しい・・・・・・・・。

 

 

・・・・・福島では殆どの人々が、普通に暮らしている

 

後、10年、きっと・・・・・誰かが借りてくれるでしょう・・・・・・・・

 

 

昨夜、家に入ったら、木の香りがして・・・・・・・・

 

朝起きたら、やっぱり木の香りが私を癒してくれました・・・・・・・。カーテンからの木洩れ日が・・・1日の始まりと、より一層の哀しみを誘います。

 

別な部屋に入ったら、また別な意味で私を感動させてくれて、癒してくれました。

朝日が射し込んで、爽やかで穏やかな心暖まる空間がそこにあったからです。

 

それでも、もうすぐ契約の日が来る・・・・・・・・・・・・・・・・・悲しい、さびしい、やりきれない思い。

 

今でも大好きで永遠に飽きずに住める自信があるのに!!!

 

もう・・・・・どうして良いか判らない。

 

ご免なさい。どうか、許して下さい・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

駅前を歩くと、歩き始めたばかりの小さな女の子がフワフワの髪をひらひらさせながら、お母さんに手をひかれながらマスクをする事なく、ひきずられるように歩いていました。

 

関西でも小さな子を見る度に、こう思いますが・・・・・

「この子が・・・この子の子孫たちも未来永劫、心も身体も健康でありますように・・・・・・・・」

 

こう、祈ってしまう私は、

そんな風に思いながら今日も泣きながら町を歩いてしまう私は、

 

大袈裟なのでしょうか?心を病んでいるのでしょうか?異常なのでしょうか?

 

どうして・・・・・・・・

どうして、

こんな事になってしまったのでしょう・・・・・・・・・・・・

 

ただ、ただ、悲しくて。

 

 

 

 

 

-------------------------------

福島からのある方からのお知らせです。

 

 

独立行政法人日本原子力研究開発機構(略称:原子力機構、JAEA)が50年後の福島を予測しました。

 

http://bcp-www.jaea.go.jp/05/graphJAEA/graphJAEA01.pdf#page=6

 

これによると福島市や郡山市の50年後はセシウム137が6~10万Bq/m2と、

現在の10~30万Bq/m2の1/3程度に低減します。

50年経っても「放射線管理区域」の定義である4万Bq/m2以上ということになります。

 

環境放射線データベースによると、福島におけるセシウム137の過去最高値は2,000Bq/m2程度(1960年代)ですから(平均では数百Bq/m2)、

 

http://p.tl/F0WK

 

今から50年経っても過去最高値の30倍以上(過去平均値の100倍以上)のセシウム濃度が残ったままだということです。

 

この発表は国側の発表ですから、もちろん危険を煽るような発表ではありません。

 

この発表は自分や子どもの将来の生活を見据える上で、かなり重要な予測だと思います。

 

  1. 2013/10/23(水) 23:48:47|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆福島は予想以上に悪化している

そなたたちの道のりは

長く 険しい

困難があろうとも 障害があろうとも

目指すもの 目標

誠 真を 見つめる目を

失ってはならない

奥深くは何かを気づくことは

大切なことである

しっかりと未来を作りゆかれよ

***


原発通信534 原子力発電所 その320

福島原発の緊急事態を世界に宣言するべき

――放射能汚染水は事故後から続いている

セルゲイ・ダツ記者(ボイス オブ ロシア 2013.10.14)

http://fukushimaappeal.blogspot.jp/2013/10/state-of

-emergency-should-now-be.html

日本政府の努力にもかかわらず事態は益々緊張状態

になっている。

■「炉心溶融物を冷やすため、放射能汚染水は事故後

から常に海へ流出していたことは確かだ」

(イーゴル・オストレツソフ工学博士・放射線物理学・

原子力発電専門家)

今は、全世界に向けて福島原発の緊急事態を宣言する

べきである。

日本政府は事態を掌握する能力がないのだから、国際

的な管理を必要としている。

この事態への対処策を諸外国から受け入れなければ、

太平洋の北半分全体が汚染されてしまうことになる。

■「日本が今すぐに抜本的な対策をしなければならない

のは明らかだ。

しかし、日本は自分が失敗しているのに、1986年のチェ

ルノブイリ原発での同様の事故に対処したロシアの経験

を取り入れようとしない。

日本は事故から2年以上経っているのに、国際原子力

機関(IAEA)の監督下で事態を掌握していない。

それどころか週を追うごとに状況は益々悪くなっている。

日本政府もIAEAも、両方とも状況を管理する能力はない。

日本政府の判断は、いつも間違っている

ロシアはチェルノブイリ事故の六ヶ月後にはコンクリート

の覆いをした。

ところが、日本は事故から2年半が過ぎているのに何も

していない。

福島原発から10kmの地点では、今でも平常時の400倍

の放射線量がある。(後略)」

(ウラディミール・クヅネツォフ教授・ロシア自然科学アカ

デミー)

ヘルプページ: http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/

グループページ: http://groups.yahoo.co.jp/group/takatsukikodomo/

グループ管理者: mailto:takatsukikodomo-owner@yahoogroups.jp

---

なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。

==============================================================

グループの幹事・管理者さんの負担軽減に徹底的にこだわった

スマートフォンアプリ登場!

「つくるーぷ - グループ連絡網 アプリ・メールで簡単参加」

http://tklp.yahoo.co.jp

Android版をダウンロード:http://yahoo.jp/YRJK7g

iPhone版をダウンロード :http://yahoo.jp/C4VHIc

  1. 2013/10/20(日) 21:26:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日、井戸川克隆さん(前双葉町長)講演会&原発賠償京都原告団を支援する会結成集会(10月20日13:30・京都テルサ

10月20日に「原発賠償京都原告団を支援する会」を結成します。
講演会&支援する会結成集会にご参加ください。

私も裁判について15分位、発言させて頂きます。

++++++++++

<転送・拡散希望>
********************************

政府・東電に加害責任あり!

避難の権利・幸せに生きる権利を!

********************************

<1部>井戸川克隆さん(福島原発事故放射能被曝者・前双葉町長)講演会
<2部>原発賠償裁判・京都原告団を支援する会結成集会

◆日 時:10月20日(日)13:30開場
◆場 所:京都テルサ第2会議室

  JR京都駅から南へ徒歩15分
  http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html

参加費:一般500円・避難者は無料


<関連企画>

大阪集会 10月19日(土)13時30分開場
LAGセンター(大阪市城東区蒲生1-6-21)
 (JR・京阪「京橋駅」から、東へ徒歩7分)
 http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆井戸川克隆さん(福島第一原発事故放射能被曝者)

 2005年10月から2013年2月まで福島県双葉町長。3・11原発事故後、県外避難
を決断しさいたま市のスーパーアリーナに、4月には埼玉県加須市にある旧騎
西高校に役場機能を移転。当初は1400人が避難。12年11月双葉郡に中間貯蔵施
設の設置を検討する会議の欠席を契機に議会で不信任決議があがり辞職。福島
の実情を訴えるため、12年10月、13年5月に国連人権理事会総会に出席。「事故
は非合法、放射能の存在そのものが違法であり、犯罪である」と東電、政府の
責任を追及し、今も東奔西走している。
+++++ +++++ +++++ +++++

◆避難の権利について

 2013年5月24日、国連人権理事会アナンド・グローバー氏が福島現地調査に入
り、「健康を享受する権利を保障しなければならない。年間1mSV以下および
可能な限り低い値で帰還を推奨されるべき。政府はその間、帰還するか避難し
続けるかを自発的に決めるために、すべての避難者に金銭的な援助および給付
を提供し続けるべきである」と日本政府に勧告を出している。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<主催>うつくしま☆ふくしまin京都
    原発賠償裁判・京都原告団を支援する会準備会

<連絡先>〒612-8082京都市伏見区両替町9丁目254北川コンサイスビル203号
     tel:090-8232-1664(奥森)・070-5664-2713(佐藤)
     e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
***
意識をする しない
未来に対して この星に対して
命に対して 環境に対して
様々な事に 意識を向ける
逃げてはいけない
時間に 己の意識が 埋没しても
意識を保ちゆくか否かは
その者自身の心
***
  1. 2013/10/19(土) 23:10:18|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民意が大切◆フクシマの真実と内部被曝。原発通信533 原子力発電所 その319

小野俊一さん(元東京電力原発技術者・内科医)の講演

(2013.10.11 熊本)の一部です。

http://onodekita.sblo.jp/

 

①原発は、ウラン235に中性子を当てて、セシウム137、スト

ロンチウム90などに分裂させた際にでる熱を利用して水を

温めて、発電させる。

 

②原発一基(100万kw)で一年間に原爆1千個分の死の灰

を作る。

 

③原発の発電コスト(15円/kwh程度)は、火力など他の方式

よりもはるかに高いが、政府は5円程度とウソをついている。

燃料棒費用、再処理費用などを公表しない。

 

④福島原発は今回の地震で50cm以上地盤沈下した。配管

の破断などでボロボロになったはず。

 

⑤配管が破断して、水の供給が止まれば約30分後にはメル

トダウンが始まる。

 

⑥3号機の核爆発により、敷地外15kmまで燃料棒破片が飛

んだと思われる。

 

⑦人類には原子の火を止めることはできない。福島原発を

収束させることはできない。チャイナシンドローム状態になっ

ている。

 

⑧今後も再臨界は何度も起こる。

 

⑨人類史上最大、最悪の災害である。

 

⑩地球の誰もこの災害から逃れられない。

 

⑪今から3年後からは隠せない健康被害が出る。

 

⑫東日本のほぼ全域は汚染された。

 

 

⑬ベクレルをシーベルトに換算する実効線量係数なるものは

根拠がない。政府などはこの係数を使って汚染食品の多くを

安全とウソを言っている。

 

⑭がんのリスクが上がるのは、年間100ミリシーベルト以上で

ある。それ未満であればリスクはゼロと考えてよい。(山下

俊一長崎大学教授講演 2011.4.1 飯館村)

 

⑮内部被曝で特に危険なのは、がん・白血病以外に細胞全体

の壊死による突然死、心筋梗塞、脳卒中。脳細胞の壊死に

よる知能低下、ボケが増えている。

 

⑯セシウムの除染は不可能。

 

⑰対策 雨に濡れない/食料品からの内部被曝を避ける/

再稼働させない/絶対にあきらめない/味方(両親・知り合い)

・話の通じる友達を増やす/自分の頭で判断して動く

 

⑱オリンピック招致はアメリカなど、原発問題を隠したい勢力

に命令されてやったとおもう。日本政府はアメリカなどの言い

なり。

 

 

***

どうするのか どうしたいのか

 

見られているぞ 見つめているぞ

そなた達人間が どのような方向に進むのか

 

問われていることに 見られていることに

気付かれよ

 

人間の未来は 多くの命の未来でもある

命の代表としてどうするのか

命の護り役としてどうするのか

***

福島からです。

 

都路町避難解除が延期されました。民意が大切という事ですね。

 

朗報です。先ほどNHKニュースで、都路町の11/1からの避難解除予定が住民の反対多数により来春に延期になったという報道がありました。

説明会は避難区域の住民を対象に行れ、田村市長と経産省副大臣が11/1から解除しますと説明しましたが、

住民の多くから、除染しても0.23以下に下がっておらず再除染の確約もされていない

こと、

住民に決定権が渡されていないこと、

まだ事故も収束しておらず汚染水問題もある中での帰還は早すぎること、

などの意見が相次いだということです。

自主避難も多くいる中、避難区域の住民だけに説明するのもおかしいですし、

こんなやらせのようなコメントもありました。

記者「住民の理解は最終的にどのように判断されますか?」

経産省副大臣「最終的には市長の判断になります」

鮫川村はこれで「決定」されました。

全村民にアンケートを取ったわけでもなく、地区限定の3回の説明会をやっただけで

村長が理解を得られたとしてGOサインを出しました。

首長に決定権を委ねさせないよう監視して行きましょう!

 

 

  1. 2013/10/15(火) 23:41:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元の国会議員さんに連絡をお願い致します。

福島からのお願いです。【燃やすな危険】県内で焼却計画が進行中!連絡先付!大拡散希望


福島県外の方々から声を挙げて頂けると、声を挙げるのが難しくなっている被災地では、とても心強く思うそうです。

被災地の人々が、声を挙げるように~間違ってないんだよ」って私達が援護射撃しましょう!

是非、連絡をお願い致しますm(__)m

 

以下、転送

http://onna100nin.seesaa.net/s/article/376578445.html


国は除染を加速化し、廃棄物を効率的に減容化するため、県内のあちこちに減容化施設設置を 進めています。いま、県内にいくつの焼却施設計画(一部稼働中)があるかご存知ですか?

報道されているだけでも、こーーーんなにあります。


中間貯蔵施設(焼却炉併設): 双葉町、大熊町、楢葉町 仮設焼却炉 : 田村市都路町、川内村、飯舘村、大玉村、本宮市、二本松市などに予定。伊達市 霊山町には地方衛生組合が設置予定。 相馬市と新地町は稼働中 溶融炉 : 広野町 汚泥処理施設: 福島市および郡山市で稼働中 バイオマス発電: 塙町(住民運動の末白紙撤回)、飯舘村、南相馬市、川内村、大熊町、中通 り1箇

 

「減容化」「除染」「バイオマス」を目指して、県内津々浦々に、放射能汚染の汚泥や瓦礫を 燃やすための焼却施設が作られてしまうのかもしれません。二次被ばくのピンチです。しか し、この問題に危機感を持つ人が多くなれば、計画を白紙撤回させることも、実は可能です。 現に塙町は成功しました。関心を高めねば!

 

~~~~~~~~~~~~

 

「特定秘密保護法」に反対しよう!


http://onna100nin.seesaa.net/s/article/376508107.html


参議院議員の山本太郎さんが来福。安部政権が次の国会で成立を目指している「特定秘密保護 法」に、警鐘を鳴らしました。

これは、ヤバい、ヤバい、めっちゃヤバい法案です。

戦前の治 安維持法にも匹敵するような、「国民を監視し、国家の嘘を隠ぺいする法案」に化けそうな気 配です。民主主義の全否定にもつながりかねません。この法案、どこがそんなにヤバいのか は、「特定秘密保護法」「秘密保全法」といったキーワードで検索してみてください。

 

自分で 調べ、自分で考え、自分で判断するこが大切だと思います。その上で、「これはマジでヤバ い!」と思ったら、地元選出の国会議員さんへ「秘密保護法に反対してください」と、ファッ クスやメール、郵便で意思表示いたしましょう。

 

「秘密保護法に賛成するなら、次回の選挙で は応援できません」と、強く要請してください。

 

~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~

因みに私は、

 

福島で、高濃度の放射性物質が燃やされたら、国民総被曝の危険があります。今だけを見るのではなく、数年、何十年後かの日本の未来を見据えて燃やすのはやめて、埋め立てにして下さい。

空気は世界中に繋がっています。世界から見放されないよう正しい判断をして下さい。燃やす事に反対して下さいますか?反対して下さらないのなら、次の選挙では応援出来ません」

 

「民意が反映されなくなったら困るので秘密保護法に反対してください。秘密保護法に賛成するなら、次回の選挙で は応援できません」

 

伝える言葉は人それぞれで良いと思います。

 

以下、連絡先

 

福島県政相談(県政に関する相談・要望などをはじめ、県民生活 に関する相談)

 

【相談時間】 祝日、年末年始を除く月曜日から金曜日 午前9時から正午 午後1時から午後4時

◆県民広聴室県政相談コーナー 電話:

0120-899-721 電話:024-521-7017

 

メール:(詳しくはこちら)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

左藤章衆議院議員

 

(この方をピックアップしたのには特別な意味はありません。)

 

〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-5-11

 

TEL:06-6621-0045(代) FAX:06-6624-0777

 

http://www.akira310.com/office/index.html

 

お問い合わせはコチラをクリック

 

・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・**♪~・*

 

大阪府の国会議員リスト

 

http://seijika.info/senkyoku/osaka/

 

奈良県の国会議員リスト

 

http://seijika.info/senkyoku/nara/

 

馬淵澄夫 民主党 奈良県

高市早苗 自民党 奈良県

奥野信亮 自民党 奈良県

田野瀬太道 自民党 奈良県

前川清成 民主党 奈良県

中村哲治 国民の生活が第一 奈良県

  1. 2013/10/12(土) 20:35:21|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。