福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年に福島の子どもたち を見捨てないでください

福島から転送です。
-------------------------------

今月10日、福島県庁に県外自主避難者の支援を打ち切らないよう要望書を提出しましたが、その際、世界中に署名活動を広げているAvvazチームのお一人、本田路晴さんが参加して下さいました。

以下のように自主避難者の支援打ち切りを止めるよう署名活動を展開して下さっています。
皆さま、拡散、署名ご協力お願いします。 文中のアドレスから署名のページに入れます。
目標 ”5万人” です。
よろしくお願いします。

----- Original Message -----

Subject: 新年に福島の子どもたちを見捨てないでください

福島の子供たちは私たちの助けを必要としています - 佐藤知事は家族を放射能のホットスポットから避難させるための必要な援助を打ち切り、彼らの将来の健康に対する希望を打ち砕こうとしています。下記の請願に署名をし、佐藤知事に対して福島の子どもたちを見捨てないように声を上げましょう:


日本全国の親愛なる皆様

子どもたちへの放射線の影響に関する不安が増す中、福島県の母親たちは永遠に希望を打ち砕かれる新たな挫折に直面しています - 佐藤知事は年末までに重要な避難援助を打ち切ろうとして
います。しかし私たちの多くがこれらの勇敢な母親たちと共に立ち上がれば、2013年は彼らの子どもたちにとって明るく安全な未来をもたらすことができます。

福島県復興の為に数十億円が割り当てられたにも関わらず、県外移転への支援を打ち切ろうとする計画は、何千という家族に今住む家から直ちに立ち去るか、または子供たちの学年を終了するまで留まるかの難しい選択を迫っています。3月の学年末まで留まれば、家族を救う為に不可欠な支援の対象外となります。

しかし私たちはまだ12月28日に佐藤知事が決定を下す前に考え直すように説得することができます。彼は世論の圧力に敏感です - 昨年12月、市民が抗議の声を上げ、佐藤知事はこの重要な
支援打ち切りを撤回しました。クリックしてこの緊急の請願に署名をして、お知り合いの皆さまにも転送してください。五万人分の署名が集まりましたら、巨大なカードに「新年に福島の子どもたちを見捨てないで」のメッセージを書いて、知事室に送付します。

http://www.avaaz.org/jp/fukushima_new_year_a/?bOZcjcb&v=20078

福島県近辺で採取された土や水のサンプルからはチェルノブイリを上回るレベルの放射能が検出され続け、子供たちの甲状腺にも以上が見つかり始めています。政府による地域の除染は大気中の放射線を30%減少させただけでした。

子供を持つ福島県民の多くが一刻も早く、危険な地域から離れたいと思っていますが、子どもたちは学年の途中であり、子どもたちの成長を妨げたくありません。佐藤知事の12月28日を持って県外への借り上げ住宅の新規受付を終了する計画によって、福島に残って勉学を修了する予定であった数千人もの子どもたちが勉強の中断を余儀なくされて将来のキャリアを妨害されてしまいます。

経済が低迷する中、ホットスポットに取り残された家族を支援する余裕はないのだと政府は言います。しかし、最近の監査では、復興予算の四分の一が復興とは関係のない事業に流用されていたことが明らかになりました。佐藤知事の今回の決定は被災者へのさらなる侮辱であり、被災者の傷口に塩を塗るような行為です。

時間はありません。私たちの気持ちは、常に福島と共にあるのだと伝えましょう。佐藤知事宛の嘆願書に署名し、今すぐ支援打ち切りの決定を撤回するよう訴え、署名をお知り合いの皆さまにも広めて下さい。

http://www.avaaz.org/jp/fukushima_new_year_a/?bOZcjcb&v=20078

私たちは初期の段階から福島県のお母さん、子どもたちと共に取り組んできました。Avaaz
コミュニティーは福島の原発災害直後から、子供たちを守る為に何もしない政府に対し、共に抗議活動を続けてきました。福島のお母さんと子供たちは再び私たちの助けを必要としています - 希望に満ちた新年を迎えさ
せてあげましょう。

希望と決意を込めて

路、キア、アレックス、リッケン、エマ、およびAvaazチーム一同

関連情報:

東京新聞 原発・自主避難 救う方途はないものか?
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012112702000135.html

レイバーネット日本 報告:「原発事故子ども・被災者支援法」を活かして!復興大臣に要請
http://www.labornetjp.org/news/2012/1128hokoku

日テレNews 24 福島県外避難者6万人下回る 減少傾向続く
http://news24.jp/articles/2012/11/13/07217623.html

福島民報 県内の自主避難 家賃補助宙に浮く 県「県外避難と同じに」国「賠償金で賄うべき」
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/08/post_4793.html

MORE SOURCES (in English):

Citizen's Movement for Establishing the Rights to Evacuate (Friends of the
Earth Japan)
http://www.foejapan.org/en/news/120308_booklet.pdf







Avaaz.org は、世界各国1700万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです。
このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、4大陸13カ国、14言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookやTwitterもご覧ください。
貴方は、pompom2612@smail.plala.or.jp を使い、2011-11-08に"福島の子供達を救おう" に署名いただいたので、このメールを送信させていただきました。Avaazからの
メールを確実に受信するためにavaaz [@]t avaaz.orgをご自分のアドレス帳に登録してください。 配信停止はここをクリックしてください。

Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/15(土) 17:07:12|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<見捨てるという事で すか? & 緊急の抗議電話 /ファクスをお願いします。 | ホーム | 安全だったらとっくに帰って います。:福島キャンペーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/114-8d815b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。