福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被ばく調査、乳歯保 存「拒否」 「子供守る責任放 棄」 歯科医、県の対応批判、

-毎日jp(毎日新聞)

東日本大震災:福島第1原発事故 被ばく調査、
乳歯保存 「拒否」
「子供守る責任放棄」 歯科医、県の対応批 判 毎日新聞 2012年12月19日 東京朝刊

◇「脱原発」方針と矛盾

原発事故後の福島県の子供たちの内部被ばくを調べるため乳歯の保存 を呼びかけた県議会での提案に対し、福島県が「反原発命(いのち)の 主張」とレッテルを貼り、拒否のための情報収集をしていた実態が明ら かになった。復興に向け「脱原発」を掲げる中での県の言動とあって、 提案した県議は「事故で被害を受けた県としてあってはならない」と 憤った。【日野行介】

同県郡山市選出で自民党の柳沼(やぎぬま)純子県議(66)は昨年 夏、広島市立大広島平和研究所の高橋博子講師が内部被ばくの証拠を残 すため乳歯の保存を呼びかけているのを新聞記事などで知った。高橋講 師に連絡を取り、その意義に賛同して昨年秋の県議会で取り上げるのを 決めたという。

柳沼議員は「内部被ばくがあったか(の証拠を)残せる方法。どんな ささいなことでも原発事故後の全てのデータは残しておくべきで、県が やるべきことだと思った」と振り返る。しかし、期待に反して、県から 前向きな答弁はなかった。

県は昨年8月、「『脱原発』という考え方の下、原子力に依存しない 社会を目す」とする「復興ビジョン」を決定。柳沼議員は「原発はい らないと言っている県が『反原発だから』という理由で(乳歯保存を) 嫌がるのはおかしい。前向きな答弁が当然のはずなのに」と怒りをあらわにした。

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121219ddm041040133000c.html
スポンサーサイト
  1. 2012/12/20(木) 13:18:07|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<前に進もう!& 福 島の女たちの要請文 | ホーム | 木下黄太さんのブログに次の ように呼びかけがあり ました。皆さん!努力をお願いします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/120-af803afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。