福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外保養情報

こういう、情報が沢山増えると避難しやすくなりますね。
--------------------------------
子ども世界ネットの〇〇です。

イタリアの田舎で保養のためのホームステイを提供したいという連絡をいただきました。

以下が詳細です。
++++++++
18歳以上1人。
場所はイタリアとスロベニアの国境あたりで、ベニスまで電車で1時間ぐらい。
家は小さい農場を所有しており、馬が数頭と犬が2頭、ニワトリがいます。
ホストファミリーはお父さん(56)、お母さん(52)、娘(21)、娘(19)の4人。
このご家族は9年ほど前、ナスティージャというベラルーシの女の子を夏の休みの間だけ受け入れました。
そのことから福島の子どもの健康を大変心配ております。
長女は日本語を勉強しているので日本語が話せますが、それ以外の長女を含めるご家族の方も英語は話せます。
滞在費はホストファミリーから出していただけるそうです。
したがって、参加者に負担していただきたいのは、飛行機代と参加者がする買い物等に掛かる費用です。
住んでいる場所は田舎なので、これといって遊ぶものはないのですが、海辺まで車で10分の距離で、ほかにも景色のいい場所が多くあります。
スロベニアへ行くことも可能で、洞窟などの自然で遊ぶことができます。
イタリアかスロベニアでの日帰り旅行の運賃はだいたい10~20ユーロ(1000~2000円)ほど掛かります。
海辺まで行きたい場合は家族の誰かが車で連れて行けるのでお金はかかりません。
もし参加される方が、希望されたら、ホストマザーが高校でイタリア語を教えているので、イタリア語を学ぶことや国際交流といったこともできます。
時期はこちらのご家族からは特に指定されていないので、おそらく長期の休みの間でしょう。
ホストファミリーの子どもが両方とも女の子ですので、
参加される方も18~22ぐらいの女の子の方がよいでしょう(本田の意見)。
++++++++

ご希望の方、ご関心のおありの方は子ども世界ネット本田までご連絡ください。
world.fukushima.chernobyl@gmail.com
kodonewsletter@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
  1. 2013/01/07(月) 23:26:45|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みんなでモミモミin福島 & 国が認めた1mSvで身体に放射線の影響が出ることを。 | ホーム | 警察犬 & ドイツ放射線防護協会によるフクシマ事故に関する報道発表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/150-b186d550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。