福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内部被曝?!& 明日の医療署名活動

先日、「内部被曝らしい、症状を体験したり、話しを聴いた事がある人、集まりましょう!」とあるML で呼び掛けたところ、11が集まりました。

今までは、大阪在住の方々からしか、内部被曝?と思われる健康被害状況を聞いた事がありませんでした。
でも、というか、やっぱり、というか・・・・・
こんな早い時期にも内部被曝による症状が出ている京都在住の方々もいらっしゃるのかもしれません。
それの怖いことは、ご本人が「内部被曝かもしれない?」と自覚しておられない事です。

私でさえも、あれほど酷い内部被曝症状が家族三人に次々出ていたにもかかわらず、しかも体験談も色々お聴きしていたのに~! (^_^;)\(-_-)
内部被曝症状に気が付かなかったのです。
ですから、関西在住の方々が全く気が付かないのは当然と言えば当然。

しかし!少なくとも今の日本に住んでいる以上!!遅くとも数年後、数十年後に苦しまないよう、何か努力をしなくてはなりません。もはや、知らなかった~(ToT)では、済まされないのです。

政府は今のところ、国民を守ってくれません。

だからと言って、知っている人だけが、内部被曝から身を守れば良いのでしょうか?

国民の多くが、健康を害するようになった時・・・・・安全な食料を作って下さっていた方々も減ってしまいます。

今のままでは、税金を払う方々も大幅に減ってしまうでしょう。

そうなった時、あなたの今までの生活は守れると思いますか?
保険料は?各種税金は?年金は?・・・?・・・?・?・?どうなるのでしょうか?

もはや、被災地だけの問題ではないのです。

今までも、福祉などが十分に整わず、苦しんでいた方々が一杯いました。

あなたが、内部被曝に気を付けないで食べ続け、もしも介護状態になった時、あなたの介護をしてくれる人々は、いらっしゃると思いますか?

ドキュメンタリー映画・「チェルノブイリハート」では、障害を持って生まれてきた子達が沢山、親達に見捨てられ、施設で生きていました。悲しい事に、その子達が希望を持って生きているようには見えませんでした。看護師さんに愛情を持って育てられているようにも見えませんでした。

日本でも同じ事が起きようとしています。その時、その子達を愛情を持って育てる余裕が日本にあると思いますか?

このままでは、日本全体が共倒れになる恐れが十分にあります。

気が付いた人々から、ご自分の出来る事をやって下さると嬉しいです。

今まで、何もする気になれなかった方々は、まずは情報を取り続けて欲しいです。
あなたの想いが溢れるまで・・・・・。
--------------------------------
以下、転載です。

京都市在住(32歳)の方のお母様の昨年一年間の病気です。

<以下転載>

ある方のお母様の昨年一年間の病気の数々。京都在住。

インフルエンザ×2(A&B)
腎盂炎
咳喘息
RSウイルス
その他、軽い風邪はしょっちゅう。
311以前は本当に風邪をひかない人で、寝込むなんて私の記憶でも今まで数回しかなかったのに!

私の食べ物には多少気をつけてくれるものの(私がその都度産地確認するからなんやけど)コンビニでハム買ったり、お肉の産地確認し忘れてたり、牛乳なんかローソン牛乳飲んでます!
普段の食材選びを想像したら、恐ろしい。
そして何より、昨年から始めた社交ダンスの付き合いで外食が増えました!
病気は不特定多数と接する事が増えたから感染されたってのもあるかもだけど、ただ、免疫力落ちてるのは確かだと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明日、JR高槻駅の改札を出て、右手に出た所(松坂屋側)で
「放射能の影響を心配する全ての人々が健康診断・医療保障を受けられる署名」
活動をします。
もしかしたら、バス亭のあたりに場所が変更になるかもしれません。

署名を数多く集める以上に、「今の日本の在り方に警鐘を鳴らし、今まで無関心だった方々に知って頂く」という、大変意味深い活動だと私は思います。

ご都合のつく方は、是非いらして下さい。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 18:08:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<胸を打ちます&関ジョニーからの伝言 | ホーム | やったね!市長殿!&昨日の朝日新聞郡山版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/166-8af1489d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。