福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

磐梯の山につつまれて & ガレキ & 医療署名 & お話し会

磐梯山は福島を代表する山で、私も何度か登った事があります。


山頂がすぐ近くに見えるにもかかわらず、なかなか頂上に着かず、苦しかったのを思い出します。



中学の時、学年全員で磐梯山に登った事があります。お昼近くになり、お腹を空かせた男子生徒達が声を揃えて、コ-ラスをしていたのを、今でも忘れられません。


「 ハラへっ・た~♪ メ・シ食わせ~♪ 」


と何度も何度も繰り返しておりました。即興で作った歌にしては、やけに語呂が良く、イキピッタリで皆楽しそうに歌っていました。


お蔭で、おなかが空いた時には、今だに、その歌声が頭に甦ります。そして、頭の中で一緒に歌ってしまうのです♪



山に登っている途中はスゴく天気が良く暑かったのに、山頂は霧が立ち込め寒く、荘厳な自然を感じました。



磐梯山の麓にあった五色沼の不思議な水の色。息をのむほどの荘厳な美しさでした。

 

そこに住む巨大なコイ! 子供が落ちたらつつかれちゃうかも??

特に秋の景色は、この世のモノとは思われない程、美しかった~!!



学生の頃、磐梯山の麓の山荘でアルバイトをしました。そこで冷たい飲み物というと、甘い麦茶でしたが、それがイヤでしたね~。

喉の渇きが癒されたとは思われ無かったです。


むせかえる真夏のサイクリングロードをバイトの合間に皆で自転車でヨロヨロと散策しました。

自転車には、殆ど乗った事が無かったので、ヘタクソだったのです。

モチロン、ヨロヨロしていたのは私だけ。


夜は、疲れはて爆睡!

心地よい眠りでした。



数え切れない程の思い出があります・・・・・・・・・・・・・・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「磐梯の山につつまれて」

https://www.youtube.com/watch?v=m-XGPO3u77c&feature=youtube_gdata_player


是非、ご覧になって下さい。


この歌を作ったシンガ-ソングライタ-の彼女のお子さんは、震災前に白血病の治療をしていました。震災後、再発して去年亡くなりました。あんなに元気だったのに・・・。

〇〇ちゃん有難う。


歌も良いですが、映像も素晴らしい。猪苗代町の議員さんが撮りためたものだそうです。


「何故こんな美しい所が・・・・・」と悲しくなると共に、原発事故の罪深さを思い知らされます。


私は、この歌を何度も聞き、悲しみを繰り返します。しかし、同時に癒されているようにも思えます。


放射能に興味の無い方々にも興味を持って頂けるよう、拡散をお願い致しますm(__)m


~~~~~~~~~~~~


2月20日、74名の有識者による

「大阪での震災廃棄物処理の即時中止要望書」

記者会見でのご発言、様子をブログに掲載致しました。

「放射能から子どもと未来を守る市民の会」

http://tareguchi.blog.fc2.com/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


下記の「希望する全ての人々に健康診断と医療保障を!」の署名 は、

放射能や原発等に関心の無い人々に、

国民全体が被害者になりうる事を知ってもらう為


健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に自覚をしてもらう為


にも大変重要で意味深いツ-ルです。


是非、全国、海外にも広めて下さるよう、お願い致します。


集めた署名は多少にかかわらず、送って下さると助かります。


この世の全てのもの達の為に!


以下、転送です。

避難・移住・帰還の権利ネットワーク・小山です。


表記の署名の英語版が出来ました。英語を話せる方や海外のお知り合いの方に宣伝してください。


英語版、日本語版とも、こちら。

http://hinan.jimdo.com/


医療署名/ または添付ファイルをご覧ください。

なおこの署名 は、短期間に終わる性格のものではなく、当分続ける予定です。


お問い合わせは、小山まで。

070-5653-7886 nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私のお話会  以下、転載です。(^○^)

 

「命がけで生んだんだから!」避難者さんの思いにつながりたいです

 

★3月16日10時から 

大阪府高槻市民会館 ( 現代劇場、後方の古いの建物 )

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/theater/access/index.html

 

3 階 和室。303 号室

交流会もします。

 

 避難された方のお話会 → テーマ  

 

「3.11以降わたしたちの生活は変わってしまった  

放射能汚染から逃れることはできない  子どもたちの未来のために 私自身の

ために  今できる事!」

 

お話し会の感想

 

☆話の一つ一つが心にしみいるようでした。これは決して私だけ の感想ではないと思います。もっと多くの人に聞いてほしかった なと思いました。

 

☆話の内容の全てが印象的で、順位は付けられない。

 

☆私の会にも来て講演してください。 ☆たくさんの投げ掛けに感謝。誰も彼もが、傍観者ではいられな いんだと思いました。

 

☆自分達に出来る事をしていかなくては。

 

☆皆さんがお話の一言一言に突き動かされるように「何かしなけ れば!」という気持ちになっていました。 ☆何も知らない、知ろうとも知らなかった自分を恥じています、 これからしっかりと真実を学び伝えていければと思います。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/09(土) 17:29:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<関西原子力懇談会様へ。 | ホーム | 原子炉6基が再稼動する可能性。& 政府を変えていく切っ掛け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/203-9db0c385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。