福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たたり神 & ガレキ裁判第一回の期日

転載です。
--------------------------------
詩の投稿・たたり神

 福島の〇〇です。3月11・12日と兵庫県の支援者の方々と「福島スタデイツアー」を行ないました。福島の現状を見ていただきお話をするというものでしたが、それに参加された〇〇さんが感想を書いて下さったものがあり、私自身も感銘を受けました。その感想を一部、紹介するとともに、それをもとにした詩を紹介します。よろしければお読みください。添付した写真は伊達市の小国地区の道祖神や先祖の墓が見下ろしている仮置き場の風景です。


○福島スタデイツアー報告   

 「今回、何よりも私の胸を打ったのは、三段に積まれて寄せ集められ、その上から大きな真っ黒のビニールカバーをかけられたあの仮置き場の「モニュメント」でした。それはまさしく命が削られ閉じ込められたもの。人々の暮らし、親しい生活の中にあった、花、草、野菜、虫、もぐら、ミミズ、種、卵、微生物・・・生き物たちはなぜあんなところに閉じ込められ、ものすごい放射線を浴びながらまだそこで呻いている?生活の中にあった最も親しいものたちが、真っ黒の巨大な異様な固まりになって増殖していく。ー略ー あれは日本中の人達、世界中の人達が見なければならないものだと思います。ー略ー 私たち人間の間違いをこれほど如実に、象徴的に現したものはほかにないと思いました。祈られています。いのちの方から」



「たたり 神」
                                   2013年3月19日   
おばあちゃん あれは なあに

あれは ゲンパツの お墓

青い 袋の中には 草や花や土や 
ミミズが 虫が ビセイブツが
ホウシャノウと 一緒に閉じ込められ
とてつもない ホウシャセンを あびながら 袋の中で うめいている 声が 聞こえるだろ 
痛いよ 痛いよ 苦しいよ 苦しいよ

あのものたちは わたしたち 袋の中から 出されない

ごらん 黒いゴムで覆って 回りを鉄の板で囲んでいるが

なあに いずれ あのものたちは  袋を食い破って外に出て
たたり神となって 動き出すさ

風になって 雨になって  けものになって 草になって 米になって 魚になって

生き物の中に 忍び込む

おばあちゃん たたり神は なくならないの

あれは にんげんが 作ったものだからね
お前は 遠くに行きなさい
見たこと 起きたことを伝えなさい

わたしは ここで たたり神をまつろう

そして 考えなさい
なぜ たたり神が生まれるのかを


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガレキ裁判第一回

①いよいよ裁判の期日が決まりました。5/13(月)10:00~10:45 大
阪地方裁判所202号法廷。

その後、大阪弁護士会館で報告会をします。11時~12時 皆さんご参加ください。100人の傍聴で被告をびびらせましょう。

こんな川柳を一部・・
「あと何基 爆発したら 脱原発?」(この川柳で、賞ももらいました!)
「そんなこと なったら怖いよ 脱原発」
「原発は 置いてるだけでも 危ないよ」
「原発が こわれてしもたら 武器になる」
「原発は 地雷の原爆 ああこわい」
「9条は 戦争しないと 書いてます」
「9条は 兵も武器も もてません」
「9条は 国際平和を 求めます」
「9条は 地球の宝や 広げよう」
「9条を 広げて世界の 大平和」
等 
スポンサーサイト
  1. 2013/03/21(木) 10:34:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<農業所得1047億円を補償するお金など余裕で出せた | ホーム | 1/5~1/6”の積算線量値の”矮小化”!>>

コメント

お元気ですか?

お久しぶりです。お会いした際に、食べて応援の必要なんてない、作らせずに補償が出来たはずってお話しました。ちょっとバタバタしていてやっとブログにアップしました。http://shihousyoshi.rakurakuhp.net/i_57455.htm代替地についても以前に調べていますので、時間ができたらまた書きますね。ご意見お聞かせいただいたら嬉しいです。といってもHPのコメントはできない設定になってますのでメールアドレスの方へでもいただけたら嬉しいです。
  1. 2013/03/21(木) 11:20:31 |
  2. URL |
  3. 畑 理枝 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/211-277e5996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。