福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある方から。

歩み 進み行くことによって
その流れは 変化しゆく
留まることにて
その変化を望むことなかれ
反動は 動き行くことによって
起こり行くもの
たとえ とどまっていたとしてもある
見える行動を
起こさなくとも
心の磨きは
忘れるなかれ

歩み 進み行くことによって
その流れは 変化しゆく
留まることにて
その変化を望むことなかれ
反動は 動き行くことによって
起こり行くもの
たとえ とどまっていたとしても
見える行動を
起こさなくとも
心の磨きは
忘れるなかれ
***

それぞれの聖地の神々様へ願い祈り感じます事は、この世の中の未来というのは、人間の行動にかかっているという事をひしひしと感じます。

人間という命の存在として、この地球に対して、他の命達に対して何が出来るのか。

また、次につながってゆく生まれてくる命達に対して何を残して行くのか。

様々な事を問われまた、託されているという事を感じてきます。

比嘉
スポンサーサイト
  1. 2013/03/25(月) 16:44:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「安全文化」? 語れ原発危険性 Global Voices 日本語 | ホーム | ある避難者の記録、福島で。>>

コメント

お邪魔します

初めましてお邪魔しています
自分は北海道に住んでいるので ニュースや報道でしか 福島の現状を知ることができません
いまだに 放射能により 不安な生活を送られているかと思うと 国はなにをしているのだろうといつも思います
自分は 中学生時代 郡山市大槻町で 過ごしました
まったく 福島と縁がないわけではないので 福島が もとに戻ってくれればいいなと思います
自分にできることが 何かわかりませんが 福島が早く復興できるようにただ今は祈るだけです
また お邪魔します
  1. 2013/03/25(月) 22:16:33 |
  2. URL |
  3. だんご #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/218-6962e0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。