福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハチ&千葉県の土壌汚染

招待券を頂いたハチのイベントが月曜日にあり、私の子供たちとお友だち親子をあわせて、2家族で大阪まで見に行かせて頂いた。

いつも、ほっておかれている子供達へのお詫びのつもりだったが、結局、私は例のごとく、行き帰りの乗り物の中、ずっと、原稿をチェックしたりしていて、トランプには参加出来なかった。ゴメンなさい。(__)

世界のハチ展覧会の規模はそれほど大きくないのだが、とにかく細かい!子供たちは二時間以上、しっかり見た。
他の幼虫に、産卵し、その宿り主の中が、数えきれない程の寄生虫であるハチの幼虫で一杯になっていたのが、とても衝撃的だった。一生涯忘れる事は出来ないだろう(ToT)



展示上のウッドデッキ?に出ると見慣れた植物達で一杯だった。(ToT)

コニファー、ローズマリー、チェリーセージ、ハツユキカズラ、ヘデラ、竜のひげ、ミント、ディフェンバキア、ポトス、それから「トナカイさんの角」と長女が呼んでいた南国の植物、他にも名前の思いだせない、わが家にあったお気に入りの植物達が一杯あった。
(思い出せないものが、お気に入りと言えるのか~!?しかし、本当にお気に入りだったのです。(T_T))
長女もそれに気付き、「ウチにある植物と一緒だね。」と写真を撮りたがった。

あなたのわが家も、まだ福島なんだね。
お母さんのわが家も、まだ福島だよ。

1ヶ月以上前の事だった。「中学生になる前に福島に帰りたい。」と突然、長女が言い出した。今まで「帰りたい」と言った事が無かったので、突然の言葉に驚いた私はうろたえながらも、ハッキリと言った。
「お母さんも帰りたい。帰りたいけど帰れないんだよ~(ToT)、」

(黙って涙する長女(T-T)

後は、二人で黙って涙が収まるのを待つだけだった。あの時、次女は何をしていたんだろう?記憶に無い。

今まで、私の子供達の中には、「いつか帰れるのだろう」のような、空気が漂っていた。母である私は、今まで敢えて否定してこなかった。「帰れない」------と、認めたくない自分がまだいるのだと思う。

千葉県の土壌汚染を測定している市民測定所によると、土を入れ替えた、ある砂場は1㎏あたり約18ベクレル
入れ替えていない、ある所は
1㎏1000ベクレル以上
1㎏10000ベクレル以上
だそうです。

小さい子どもを遊ばせるには、どうかな~?ですよね。
農作物も、測ったものなら食べたいです。よね。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/15(月) 22:47:19|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【京都市民放射能測定所まつり】 | ホーム | ベルトコンベア方式 による福島産コメの全袋検査の信 頼性 | アーバンプレッパー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/23-a9744b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。