福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発事故は永遠 & 担任の先生へ & 原発の輸出をしても良いと思いますか?

チェルノブイリのお子さんの写真。日本の未来を暗示しています。もう既に・・・・・・・・・。


(福島の未来)ウクライナ・ナロジチ1000人中、全員が病 気

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

関東から避難されているkさん、コメントを有難うございました。とても嬉しかったです。

 

きっとkさんも様々な葛藤の上での、今の生活なんだとご推察致します。私達のような人々が一体、この日本にどれ程いるのか・・・・・・・

 

にも関わらず、原発事故はもう終わったかのように過ごしているのが今の大半の日本人です。

 

悲し過ぎますよね・・・同じ日本人なのに・・・・・・・・。

 

原発の輸出までしようとしている。「気は確かですか?」と訊きたい。

「あなた、血の通った人間ですか?」と訊きたい。

 

もし、原発に本当に心があるのなら「原発さんゴメンね。私達、人間が悪いんだよ」って、言いたい。

 

 

京都の桂駅の近くの川べり?で5月後半頃、バーベキューを避難された方々と関西の方々とします。良かったら、ご一緒しませんか?

ブログのコメント欄にメルアドを載せて頂けたら、詳細をお知らせさせて頂きますね。(*^^*)

 

~~~~~~~~~~~~

今日は家庭訪問に来て頂いた子ども達の担任の先生に、色々お話しを聴いて貰っちゃいました。ちょっとドキドキしましたが「日本の未来、私達の未来の為に今出来る事をするしかない」という気持ちでした。

先生、真剣に聴いて下さり有難うございましたm(__)m

 

「おすすめ私のブログ&多くの問題の根底が繋がっている事を分 かって下さい。」

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

 

~~~~~~~~~~~~

以下、転載です。

--------------------------------

おしらせ(大阪でのとりくみです。)NNAFJ佐藤大介

 

「核被害の輸出を繰り返さないために」~ マレーシア、そしてベトナム ・・・ 差別の視点から考える ~http://www18.ocn.ne.jp/ ̄nnaf/121f.htm

 

5月18日(土)15:00~17:45(14:55開場)新大阪丸ビル本館 510号 (JR新大阪駅東口より2分)http://bb-building.net/tatemono/osaka/636.html 「マレーシア レアアース精錬工場の環境影響」      和田喜彦さん (同志社大学) 「ベトナムへの原発輸出と差別の視点」      吉井美知子さん (三重大学)                 参加費 800円  日本は今、ベトナムをはじめとする世界の国々に原発を輸出しようと積極的に準備を進めています。

 

 約30年前、日本はマレーシアのブキメラ村でトリウムによるたいへんな放射能汚染を引き起こし、多くのマレーシアの人々を被曝させました。忘れてはならないエイジアン・レアアース事件です。

 

この事件の背景には、高い汚染を伴う施設はどこか海外で操業しようという差別的な考え方があったのではないでしょうか。

日本のこのような姿勢は、公害輸出として批判されました。  

 

 

そして今、福島原発事故の収束のめどもつかないまま、政府はアジア諸国への原発輸出を急速に進めています。

 

そこには、自国内で安全性が担保できず売れなくなったものでも、売れるなら海外で売ろうという差別的な考え方が繰り返されています。

こうした差別的な構造は、国同士の関係にとどまらず、ベトナム国内においても重層的に存在します。

 

一例をあげると、ベトナムの原発建設予定地ニントゥアン省タイアン村には少数民族チャム族が多く暮らしています。まずは日本が原発を売ろうとしている相手先の国のことを知ることで、原発輸出の問題性がさらに浮き彫りになってくるのではないでしょうか。  

 

 

マレーシア・ブキメラ村で起きたトリウム汚染事故と、ベトナムへの原発輸出の問題を、「差別」の視点から考えます。 

 

過去に学び、未来を変えていくための集会にどうかご参加ください。

 

主催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン

 

お問合わせ:080-6174-8358(佐藤)

 

<エイジアン・レアアース事件とは> 1982年にマレーシア・ペナン州のブキメラ村で、三菱化成が35%出資するARE(エイジアン・レアアース)社が操業開始。生産されたレアアースはすべて日本に輸出されていた。 

 

ずさんなトリウム管理が原因で、環境汚染と重篤な健康被害がもたらされ、子どものがんと白血病の発生率は平均の40倍に上った。

 そして昨年、マレーシア東海岸のペハン州のゲベンで、新たなレアアース精錬工場の操業が開始された。やはり日本が融資している。

スポンサーサイト
  1. 2013/05/07(火) 18:23:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死ぬかもしれない & 地下貯水槽の汚染水漏れから1ヶ月(1):ここまでの情報の整理 - 3.11東日本大震災後の日本 | ホーム | 元気を頂きました。& 見納め・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/241-bc78be9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。