福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死ぬかもしれない & 地下貯水槽の汚染水漏れから1ヶ月(1):ここまでの情報の整理 - 3.11東日本大震災後の日本

私も避難の為、2011年3月14日、15日と福島空港で1000人以上かも知れないと思われる人々と一緒に、飛行機のキャンセル待ちをしている時、
「死ぬのかもしれない・・・」
「夫には二度と逢えないのかもしれない・・・」
と思いました。

以下、福島から・・・・・

あなたは平気で読めますか・・・・・

-------------------------

希望のカケラ
                             2013,5,4

ゲンパツが 爆発した ガソリンなく 逃げるに逃げられね

もしかしたら おれも 子どもも 誰もかも 死ぬんでねえか 
という不安  絶望の足音を聞きながら
なじょしたら 生き残れんべかと 

希望のタネを 探したのさ
あちこちに 助けて 助けてと 叫んだのさ 

そしたら ヒロさんが ガソリン満載で やってきて

スギさんが 味噌と玄米 持ってきて

こっちさぁ 逃げてこぉ と みんなが呼んで
ああ おれたちは 見捨てられてねがったと 

思ったら 泣けで 泣けで しかたねがったのさ 

だども あれから二年 
おれらはまだ ここさ いる

補償されねば 出るに出られねえべしさ
保養もさっぱり 助成取れねえし 
ここでがんばっぺと 言われるし

おめさんの悩みは おめさんががやってくことと 

去っていく人もいるしさ

なじょすべなあ 

クソッ チカラ 入らね

せめてな わらし だけでも 逃がせよ 

フクシマでは 絶望は いっつも となりさ いる 

ああ だから 神さま仏さまさ お願いしたのさ

願うしか ねえべ 
デモでも何でも 声 上げるしかねえべしさ

この難を 越えられるよう 
知恵と慈愛 満ちるよう 
希望のカケラ 見つかるよう

壁の色紙 佐渡の仲間がくれた 「いつも 見守っているよ」 の言葉

希望のカケラ ひとつ 見つけた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私には、涙なしには読めませんでした。

それが何故なのか・・どうぞ想像してみて下さいませんか・・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地下貯水槽の汚染水漏れから1ヶ月(1):ここまでの情報の整理 - 3.11東日本大震災後の日本

http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-689.html
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 16:32:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陽転思考 ☆ある方から | ホーム | 原発事故は永遠 & 担任の先生へ & 原発の輸出をしても良いと思いますか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/242-871896cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。