福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「許して」と言っても良いですか?&少子化と人口減少の流れは、さらに拍 車

今日は京都で署名活動の傍ら「ひろしま」の映画を見てきました。


プロポーズされた原爆症の女性が彼に言った言葉が、心に刺さりました。


内部被曝した私は・・・・・ この言葉を・ ・どう・・・捉えて良いのか分かりません。こんなふうに、思うのは、きっと私だけではないと思います。きっと・・・。



「 私はこんな身体だし、結婚出来ないって思っているの。でも、やっぱり私も女なのよ。だから、あんな事を言われると、とても悲しい。・・・・・昨日、貴方が言った事、冗談に決まっているけど・・・冗談でもあんな事、言わないで!!・・・・・ピカでこんな身体になった女達は皆、そう思っているのよ。」



皆さん、少なくとも、放射能の危険の無いものを食べたいですね・・・・・・・・。


被災地の皆さん、ゴメンなさい・・・・・でも、それが本当の意味での被災地への支援になると信じたいです。


被災地が少しでも安全に導かれていきますように、私の出来る事を、これからも頑張って生きていきます。


だから、どうか・・・許して下さい。


と、言っても良いですか?


ゴメンなさい。




ピカで苦しまれた方々が、今は天国や現世で幸せに暮らしておられますように・・・・・。

 

 

民の声新聞

 

http://s.ameblo.jp/rain37/entry-11517645731.html

 

郡山で子どもを産み、育てる覚悟と消えぬ不安~滝田春奈郡山市議

 

東日本大震災後の市議選で、初出馬ながらトップ当選を果たした郡山市議の滝田春奈 さん(35)。出産を7月に控え、少しふっくらした滝田さんに、依然として放射線量 が高い中での子育てについてインタビューした。消えぬ被曝の不安と子育ての覚悟。

 

中略

 

郡山市情報政策課によると、郡山市の出生数は2010年が3079人、東 日本大震災が起きた2011年は2978人。

昨年は2575人と減少傾向に歯 止めがかかっていない。

 

今年1-3月の出生数は575人で、昨年同時期 を45人、

震災前の2010年同時期と比較すると160人少ない。

 

震災前か ら続いていた少子化と人口減少の流れは、震災と原発事故でさらに拍 車がかかった格好。

 

スポンサーサイト
  1. 2013/05/25(土) 00:03:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご参加ください。放射能健診と避難の権利・大阪集会、神戸集会・デモ | ホーム | 宮古市の汚染牧草焼却の計画中止署名のお願い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/247-2f46d813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。