福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

30日福島民報二面より

福島からです。
-----------------------------

(気になる全国原子力発電所所在市町村協議会の動き)本日30日福島民報二面より:
「原発必要」明確に
国に政策提示求める

原発がある市町村でつくる全国原子力発電所所在市町村協議会が29日、東京都内で総会を開き、国に対し、原発の位置づけを明確にしたエネルギー政策を早急に示すことや、立地自治体への経済面での支援を求めていく方針を決めた。23市町村の首長らが出席した。

首長からは「太陽光は正義の味方で、原子力は悪のように言われる」(柏原重海山口県上関町長)と、政府が積極的に原発の必要性を訴えるべきだとの声が上がった。また原発の停止が長期化し、関連企業や宿泊業などへの影響が大きいとして、経済振興や雇用確保対策を講じるよう求めた。

原発敷地内の断層調査をめぐって「原子力を止めるための機関であってはならない」(河瀬一治福井県敦賀市長)と、規制委への不満も出た。早期再稼働を要望する意見が多く、原子力規制庁の池田克彦長官は「できるだけ(再稼働)審査をスムーズにする」と答えた。

総会には双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町の首長らも出席したが、発言はなかった。



以上です。発言がなかった福島県内の町長さん方には呆れるばかりです。

このままでは…。

~・*~・*~・*~・*~・*~・*~

日々の流れ
束の間の時
何が出来るか
何をしなければならぬか
動きゆく流れの中にて
どこまで行動できるのか
心ごと くじけてはならない
心 希望 保ちながら
進み行かれよ
スポンサーサイト
  1. 2013/06/01(土) 00:39:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々雑感 : 福島県「県民健康管理調査」18歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」した人が9人増え12人に、「がんの疑い」は15人に | ホーム | ご参加ください。放射能健診と避難の権利・大阪集会、神戸集会・デモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/249-9d530af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。