福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ML が荒れています。

最近、福島を始め、様々なMLが荒れていて、ハラハラします。


意見の違う人どうしが傷つけ合ってもなんの解決にもならない。自分とは意見が違っていても、違う人間どうしなのだから、それは当たり前。違っていて、良いじゃないですか~。(*^^*)


しかし、相手方の仰ることは大抵、どこかは一理あると思います。その部分を認めた上での、発言であれば、言葉の暴力に発展したりしないのではないでしょうか?

「あなたの仰ることは最もだけど、こういう事もありますよね・・・・・。」みたいな・・・・・・・。


争いって、疲れます。エネルギー吸いとられちゃう。何もかもイヤになり、仕舞いに共倒れになったら、何にもなりません。愛のある運動にして生きたいですね。


多分、私がこんな事を書かなくても、大抵の方は、こんな簡単な物の道理は心得ていらっしゃるはず。

なのに、ML では・・・・・。

皆様、お疲れなのではないでしょうか?

家庭や身近な幸せを見つけつつ、活動していくと、心が疲れなくて良いのでは?と思います。


私は辛い避難生活に押し潰されそうになり、何もかもがイヤになりました。しかもそんな事が何回もあり、愚痴ってその度に皆様に何度も支えて頂きました。しかし、そんなある日、何故か「出来るだけ笑って生きていこう」と決める事が出来ました。それからは、かなり心が軽くなりました。


一日に何度?か出来る程度ですが、それでも子供達が明るくなりました。夫とのケンカが減りました。活動はしんどいけど、皆さんとの関わりの中で「楽しい」と思える事もあるようになりました。

「辛い事、心配事は一杯あるけど、何だかんだ言っても幸せだよね~。」と思えるようにもなりました。


そんな風に思えるようになったのも、このブログを読んで下さる一人一人の皆様、関西で出逢った全ての皆様のお陰が大きいです。本当に心からの感謝を言わせて下さい。有り難うございます!!!



以下は、余りにも荒れているMLを見ていられなくなり、つい、送ってしまった私のメールです。(^^;)))くどかったのでは・・・・・と蒼くなっています。



〇〇さんを始め、皆様、いつも様々な投稿、行動を有り難うございます。

〇〇と申します。

原告団ML への投稿は、初めてです。何故かというと、他の活動や生活に手一杯でもあるのですが、基本的に、〇〇のML には頼もしい皆様がいらっしゃるので、信頼させて頂いております。

このメールを送信して良いのかどうか迷いながら、書かせて頂いておりますので、気にさわった方がおりましたら、どうぞお許し下さい。


私は福島から関西に避難させて頂いている者でもあります。原発事故以降、語り尽くせぬ、幾多の困難がありました。今でも些細な事で涙がこぼれてしまいます。


にも関わらず、原発事故10ヶ月後より今日まで、様々な活動を続けてこれたのは、「例え、私と意見が違ったとしても、否定される事なく、最後まで辛抱強く私の話を聴いて下さった関西で知り合った皆様の存在があったから」です。


kさん、Yさん、Hさん、T さん、他、数えきれない程の、私に関わって下さった多数の皆様、本当に有り難うございます。心から、感謝しております。


〇〇さんを始め、このML にも関わって下さっている多くの方々に「避難の権利~ネットワーク」にもお力を頂き、ご負担になっているかと思います。恐れ入ります。そして、有り難うございます。


「北風と太陽」のお話しでもありましたように・・・ちょっと違うかな?


例え、憎むべき相手だとしても、その心を開いて頂くには、温かい心で当たりたいと思います。理想です。出来るとは限りませんが・・・・・。理想として、いつでも愛のある行動を心がけたいです。(私が出来ているという事ではありません。(((・・;)


又、色々勉強させて頂く中で、

放射能、ガレキ、避難、原発、放射能汚染の心配のある食べ物、原発の輸出、私達のお財布の問題、イランの問題、慰安婦の方々の事、橋元さん、等々、全ての問題が根っこで繋がっている事を、やっと知る事が出来ました。


そして、其々の問題を解決する早道は、皆がそれらが繋がっている事を意識しつつ、一網打尽が一番だけれど、それは簡単では無いので、出来る人が出来る範囲で多くの問題に繋がって解決していく必要があるのだと気が付かせて頂きました。

どこかで、「メールだけのやり取りだけだと誤解が生じやすい。」とお聴きました。今回の騒動?もお顔を合わせての話し合いであれば、こんなに大きくならなかったのかもしれません。


〇〇〇問題に余り関係の無い、お話しで申し訳ありません。ご存知の方も多数のお話しで、生意気申し上げ、失礼致しました。にも関わらず最後まで読んで頂き有り難うございました。これからも、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
  1. 2013/06/11(火) 13:23:11|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しっかり測って下さい&厚労省日報ダイジェスト5月30日(第652報) | ホーム | 焼却再開に向けて抗議をおねがいします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/256-5cd7566b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。