福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

継続した働きかけをして福島の行政の皆さんに気が付いて頂きましょう(*^^*)

以下は先日、書かせて頂いたブログです。

 

【これは酷い】福島県郡山市で高校生に強制除染作業!清掃を大義名分に!福島県教育委員会「知らない」 - 福島から京都に避難して

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

 

私が教育委員会に電話した時の様子をご報告させて頂きます。とても落ち着いて、しかし、キョトン?として、お話しを聴いて下さいました。

 

私「お世話になります。福島から京都に避難させて頂いている〇〇と申します。福島に限りませんが、そちらは放射能の線量も高いですし、掃除をする時などにも、マスクをするなどの対策が必要だと思いまが、何か指導などはされているんでしょうか?」

 

担当の方「市町村によって違いますので、一概には言えません」

 

私の心の声「随分、曖昧な答えね。何もしてないという事かしら・・・」

 

私「放射線量が福島と同じくらいのウクライナのナロジチという所に去年の9月に福島の方々が視察に行ったそうです。ある保育園の先生が仰るには『子供たち全員が病気、それも複数抱えているんです。』公立の病院では、『この地域には1000人の 子供達がいるけれど、1000人が全員病気を抱えている。』と何人もの方に言われたそうです。」         「私も含め、関西に避難、又は保養にいらした方々がみんな仰っていました。『福島を出て、初めて福島の真実を知った。』福島にずっといらした方が仰るには『福島に近ければ近い程、(真実の)情報が無い。福島よりも関東、関東よりも関西。日本よりも海外に情報がある。でも遠ければ遠い程、国が変わったのかと思う程、無関心だ』とも言っておられました。だから、こうして電話をさせて頂いている方々の話は貴重だと思うんです。」

 

担当の方「貴重なご意見を有り難うございましたm(__)m」

 

私「最後まで聴いて下さって有り難うございましたm(__)m」

 

と電話を切りました。ちょっとずうずうしかったかなσ(^_^;)?

でも、事実だから良いですよね~。

 

私が大事だと思う事は、電話の向こう側の方も被害者だという事。真実を何も知らないのかもしれないという事。それらを頭に止めながら、出来れば真心で話したい。という事です。

 

皆様にも2、3回、お電話などをして頂ければとんでもなく嬉しいです。(^○^)

 

継続的な働きかけで、関東を含む被災地の人々が少しでも安全になるように、福島の皆さんが声を挙げやすくなるように、どうか皆様の力をお貸し下さい。小さな事のようですが、とても大事な事なのではないでしょうか。

 

因みに私には小さな事ではありません。とても大きな事のように思われます。だから電話をする時には、心臓がバクバクします。でも、これからも頑張ります。

 

回り回って、被災地の人々が避難や保養が出来ますように。回り回って、雇用が生まれ、「死にたい」と思う方々がいなくなりますように。

 

ウクライナ・ナロジチ 1000人中全員が病気

 

http://kyania.blog.fc2.com/?no=32

 

ハローワークの叫び声。&あ なたと繋がりますように。

 

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 16:26:15|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大阪府の原木椎茸から放射能検出されています。 | ホーム | 放射性物質の管理・規制する権限を自治体から環境省に一本 化する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/268-6def36cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。