福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「放射能による健康被 害を止めよう」のご案内

健康診断、食品の安全の要求、(暫定基準値100ベクレル撤回)放射能汚染の拡散に反対する運動や、避難の権利運動の全国交流と方針の討議 を行う事になりましたので、多数の皆様の参加をお願い致します。

 

7/28(日)全国交歓会・分科会「放射能による健康被 害を止めよう」のご案内

9:30~13:00 星陵 会館ホール

 

詳しい内容は、こちらに載せるそうです。→ http://hinankenri.blog.fc2.com/

全交分科会ビラ1.pdf Adobe Acrobat ドキュメント[324.7 KB] ダウンロード

 

この運動を通して、放射能や原発等に関心の無い人々にも、

「被災者だけでなく、少なくとも日本国民全体が被害者になりうる事を知って頂きたいです」もはや他人事では済まされない。

「健康被害が無いかのように振る舞っている、政府や東電に『被害がある事を沢山の国民が知っている事、ごまかしようの無い事実である事』を自覚 して頂きたいです」

という訳で、集いに是非お集まり下さいますよう重ねてお願いいたしますm(__)m

 

安全な食べ物は勿論、避難、保養、脱原発、放射能汚染瓦礫、等々に繋げていきたいです。

一般の方々はもちろん、放射能測定所、農家の方々、漁民の方々、生産者の方々に

も集まって頂き、食の基準値100ベクレルを決めた厚生労働省への申し入れと署名活動の今後についてなど話し合いをしたいと思っています。

 

以下は、関連のとても大きな集会です。28日と共に、ご参加頂けますと大変心強いです。

 

ホーム - hinan ページ!

 

http://hinan.jimdo.com/?mobile=1

 

7/26 環境省・復興庁へ署名堤出&院 内集会、 そして「署名呼びかけ 人集会」のご案内

 

【予定】

★請願と院内集会(参議院会館)

7/26【金】15:30~ 環境省・復興庁へ署名提出と請願、 16:30~ 院内集会

 

★「どこでも誰でも放射能健診」署名の 呼びかけ人集会(日比谷図書館・地下) 7/26 18:30~

100万人署名運動に向けた方針と討論 (どなたでも参加できます

 

★7/26請願と呼びかけ人集会チラシ

 

.pdf Adobe Acrobat ドキュメント[290.8 KB] ダウンロード

 

皆さんも、ぜひ署名の呼びかけ人になって、この署名を広げて ください。

 

7/26請願と呼びかけ人集会と呼びかけ人募集

 

.pdf Adobe Acrobat ドキュメント[178.9 KB] ダウンロード

 

7/28 全国交歓会・分科会「放射能による健 康被害を止めよう」

 

私・キャニアは★印二つ目「どこでも誰でも放射能健診」署名の 呼びかけ人にもなっております。

他にも沢山の方々に呼び掛け人になって頂いています。

 

ハイロアクションの武藤類子さん、矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)、木下黄太さん(放射能防御プロジェクト)、野呂美加さん(NPO法人チェルノブイリへのかけはし)、ユーリ・バンダジェフスキー博士(医学者 ウクライナ)、井戸川克隆さん(前双葉町長)、林敬次さん(医師医療問題研究会)、川田龍平さん(参議院議員 )、守田敏也さん(フリーライター)、山川義保(平和と民主主義をめざす全国交歓会共同代表)、高瀬晴久(平和と民主主義をめざす全国交歓会共同代表)

他、多数。

 

☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**☆.・**


動きは小さくとも

動きは見えなくとも

その流れや 波動は

伝わりゆくもの

すぐには 見えなくとも

変化は訪れ来る


 --------------------------------

私も信州味噌をは測ってもらいました。数ベクレル出ました。原因は塩なのか?大豆なのか?・・・・・

 

以下、世田谷こども守る会さんから

厚労省日報ダイジェスト6月18日(第665報)

6月18日は超過基準の報告はありませんでしたが、太平洋沖 のヒラメとマダラから、最大でそれぞれ59および87Bq/kgの 数値が検出されています。山形県では、前日の秋田県産野生 ネマガリダケの基準値超過を受けて、尾花沢市産の同品目が 検査されました。結果は、11Bq/kgの検出でした。こうした対応 の素早さは、消費の安心へとつながると思います。 世田谷こども守る会 事務局 堀 厚労省日報ダイジェスト6月18日(第665報) ※基準値超過なし 山形県尾花沢市・ネマガリダケ 11Bq/kg山形県・原乳 Ge1.1Bq/kg以下 山形県・サクランボ8検体 11~16Bq/kg以下 茨城県・スズキ 24Bq/kg茨城県・ヒラメ9検体 うち6件 2.6~59Bq/kg 茨城県・マダラ10検体 うち6件 3.1~87Bq/kg 茨城県・その他海産物37検体 うち12件 3.3~17Bq/kg 茨城県涸沼・ウナギ15検体 うち6件 7.7~9.4Bq/kg 茨城県涸沼川・ヤマトシジミ 16Bq/kg 長野県・流通品米ミソ2検体 Ge12Bq/kg以下 参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034si7.html

===================




① 子どもは、小中学生は全部福島から強制疎開する

、これは本当にやらなければいけない。  

肥田舜太郎医師(アヒンサー3号 2011.12)

② 日本人は権威に楯突かない民族です。今は子ども

の未来を最優先に考えて、声を上げてください。 

ぬまゆさん(福島県 教師 女性41歳 ブログ 2011.8.7)

③東京の子どもの70~80%は福島原発事故による放

射性セシウムを体内に持っています。 

・内部被曝対策:免疫力を上げる/乳酸菌を摂る/野菜

は茹でる/魚の内臓を食べない などです。  

矢ケ崎克馬さん(琉球大学 講演 2012.3.20 大阪)


④放射能に関する市民意識調査報告書

福島市が行った上記調査(2012.9月)の一部は下記のようです。

・小学生のいる世帯の調査結果

〓内部被曝について大いに不安である 83.2%(458世帯中381世帯)

〓できれば避難したい           50.5%(432世帯中218世帯)

福島県の子どもたちの将来が心配   96.5%(452世帯中436世帯)

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/uploaded/attachment/14143.pdf


アメリカ合衆国原子力規制委員会 放出量推定

http://aoitombo.s100.xrea.com/nrcair.html


福島大学 3月に6000万Bq/m2強の放射能計測

http://aoitombo.s100.xrea.com/koukaryo3.html

スポンサーサイト
  1. 2013/07/02(火) 13:48:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<農家が語る補償の現実 | ホーム | 助けられる命があったのに助けられなかった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/274-6b14c7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/03 08:53)

尾花沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/07/03(水) 08:53:08 |
  2. ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。