福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「頑張って」って?(ToT) & 引き裂かれる被災者

私が関西に避難してきた頃、CM で、とあるアイドルグループが「頑張って・頑張って・頑張って・・・」と、繰り返していた。

 

別に、そのアイドルグループが悪い訳でも何でも無いのだが・・・・・・・・なんのCM かも覚えていないが・・・。

 

「これ以上・・・何を頑張れば良いのよ~~~(T_T)」と、見る度に非常に落ち込んでいた。

それ位、自分で言うのもなんだが、限界を越えまくって頑張っていた。

 

何処に行っても、それなりに良くして下さった。特に親戚は、申し訳無い程、良くしてくれた。

 

でも、何処に泊まりに行っても所詮は根なし草・・・・・・・心も、体も休まる時が無かった。

 

今でも、実家等に身を寄せて避難されている方は・・・・・・と思うと、本当に言葉が無い。    私の行動が回り回って、皆様の安らぎに少しでも繋がりますように。

 

 

~*・*~*・*~*・*~*・*~*・*~*・*~*・*~*・*~*・*~

 

福島・二本松]引き裂かれる被災者


http://www.jimmin.com/htmldoc/146802.htm


以下、一部転載



福島では、安全論議がゼロか100かになっていて、真っ当な論議ができない分断状 況にあります。放射能のことを口にすると、「復興に水を差すな!」「がんばっている 人に失礼だ」という非難が返ってくることもあります。


考え悩むことに疲れて、単純化された結論や楽観論に乗りたい気持ちは、よくわかり ます。汚染地で生きていくには、そういう態度に慣れていかざるを得ないのです。


「がんばろう東北」なんて言われるけど、福島では放射能にじっと堪える、というこ とです。健康被害についても、「出た時に考えればいい」と言う人もいます。それでい いのかって思います。具体的なことを知って、どういう対処をするのか落ち着いて考え ていきたいと思っています。水俣病をはじめ過去の反省に立ち、警戒は解くべきではあ りません。


私と妻は、ここで暮らし続けようと思っていますが、子どもは早く県外に出そうと 思っています。全寮制の学校に入れるのも選択肢です。


中略


私が生きているうちは実現しないかもしれませんが、福島に子どもたちや女性たちが 心から戻ってくることができるよう、この地に種を蒔きたいと思います。欲望・科学へ の慢心、失望・あきらめ、そして放射能という見えない敵に背を向けず、この地で農業 をしたい。怒りや正義の主張ではなく、希望にあふれた汗を流したいのです。


以上


ピンクの部分・・・・・・・・・・


正義感溢れ、潔く、この方にお逢いしてみたいと思う程の魅力を感じさせて頂きました。

原発事故後のチェルノブイリを見ると、到底、実現出来ないように思われます・・・・・。


しかし、このような志しの方々が福島にはいらっしゃる・・・・・。

もっと楽観的に考えていらっしゃる方々も・・・・・。


どのように、この方々の気持ちに寄り添って、運動を進めていけば良いのでしょうか・・・・・・・・・・・。


日々、苦悩です・・・・・・・。


誰か、放射能さんが無害になるお薬?を速く開発して下さい・・・・・・・幸子さん・・・・・・・・・・・・ため息





スポンサーサイト
  1. 2013/07/04(木) 15:27:27|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一部のお金持ちの利益の為に危険な教育が子供達になされようとしています | ホーム | 花まる農家*除染が、賠償を遅らせる方便になっている」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/277-81b80825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。