福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YouTubeで「関電前逮捕 事実関係証言 2012 /10/5」を見ませんか

今日は(^○^)
皆様、昨日は、投げやりなメールでご免なさい。ご心配頂いた皆さん、スミマセン。有難うございました。

昨日の大阪のデモに参加された皆様、お疲れ様でした。有難うございました。いつもの、デモなら、交流会気分、お散歩気分でしたが、昨日は、ちょっと違っていましたね。

私は夕方からのデモに参加出来ました。大阪市役所前の集会所からデモのスタート地点まで、15分以上歩いたと思いますが、途中、滝のような雨、足元には川のような雨、雷も鳴り、「先日、雷が落ちて、亡くなられた方もいたのよね--------」と不安と逃げ出したい気持ちと闘いながら、知らない人達と声を掛け合いながら、進みました。
スタート地点に着くと顔見知りの方々も何人かいらして、やっと、ホッとしました。逃げ出したい気持ちも何処かへいってしまいました。しかし、山下さんとはぐれてしまったのは、とても残念でした。(ToT)

デモスタート。一時間位歩いたと思います。その間、ずっと、皆、疲れと闘いながら、シュピレヒコール。

「皆が、頑張っているんだから」と思いながら、時折、気が付いたように、大きな?声で、頑張る私でした。靴の中も、服もビショビショ。雨が怪しいデモの時は長靴、カッパ持参が良いですね。

家では、最近、肥田舜太郎さんの本を読んだ長女が反原発に目覚め「ママ、原発止めて!」と真面目な顔で言って、子ども二人で色々、協力してくれています。複雑な気持ちを抱えながら、無理の無い範囲で頑張らなければ--------と、挫けながらも、子ども達も含め、皆様に励まされながら、行動する日々です。みんな、有難う(^○^)
そして、ご免なさい。

デモが、終わってから、不当逮捕に抗議する皆様にくっついて、天満署まで行きました。
天満署前では、10人以上の警察の方々が、仁王立ちになっていました。そして、そこに詰めかけた人々の内の何人かが思い思いに、言葉をかけたのでした。
私は、被災地と日本全体の問題点をいくつか話した上で、「そこに立ちはだかる前に、テレビや一般の新聞などでは見られない、情報をとって下さい。」とお願いしました。熱く?語っているうちに、足のダルいのも取れて、その後、元気に走って家路についたのでした。

しかし!家に着いたら、我が家は熱いシャワーが出るわけもなく( ̄▽ ̄;)
思いっきりムカついてしまったのでした。

今日は寝込むと思いきや、先週の関電前行動で、調子の悪かった喉まで、一晩寝たら、治ってしまいました~。不思議です。
(^○^)

みなさんの「気」が治して下さったのではないでしょうか?
有難うございました。

警察が捕まえたいのは誰でも良かったのだと思います。26日に出てこれるのかもしれませんが、拘留期間が延びたりしないよう、私達の代表のように捕まってしまった方が一刻も早く出てこれるように、皆様の真心の行動をお願い致します。

下は、不当逮捕の、あらましです。
他にも、「天満署不当逮捕」のように、入力すると、色々、出てきます。
見て頂いて、ご賛同頂ける方は、警察署に連絡をお願いします。
関西電力本社前、金曜行動に出来れば手書きのお手紙を持参されれば、下地先生が、請願書?と共に届けて下さるそうです。明日の大阪市役所前行動にお持ち下されば、金曜行動に行かれるどなたかにお願い出来るのではないでしょうか?(^○^)

天満警察署〒530ー0047大阪市北区西天満1ー12ー12
電話番号06-6363-1234

警察への意見、要望(府民応接センター)
電話番号06-6941-0030

http://www.youtube.com/watch?v=-9JiEuYPfYk&feature=youtube_gdata_player

転送希望です。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 23:08:07|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不当逮捕抗議の電話 | ホーム | 昨夜、怒りまくった理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/28-d711101a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。