福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生態系学者ティムシ・ムソー氏講演会


「昆虫は一般的に低線量被曝に強いと言われている」・・・・・という事は、人類他生き物に与える影響は昆虫に与える影響よりもっと酷いという事でしょうか。
そして、昆虫は世代交代が人間より早いから、人間より早く明確な影響が出たという事になるのでしょう。

以下、転送
--------------------------------
ムソー博士の講演会でも、この内容が報告されると思います。

「鳥や昆虫に異常 原発事故影響か 国際会議で報告」→添付ファイル参照
7月10日の日経新聞の記事です。7月8日、米シカゴで行われた「国際分子生物進化学会」にて。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASDG09018_Z00C13A7CR0000/

原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘
2013年07月09日(最終更新 2013年07月09日 11時11分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/25299

 【シカゴ共同】東京電力福島第1原発事故に伴って放出された放射性物質が、生物に及ぼす影響について考える国際分子生物進化学会のシンポジウムが8日、米シカゴで開かれた。日米の研究者らが、ツバメなどの鳥類やチョウなどの昆虫に異常が起きている可能性があると指摘し、さらに詳しい調査の必要性を訴えた。
 米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授は、1986年のチェルノブイリ原発事故後に、ツバメなどの羽毛の一部が白くなるほか、体に腫瘍ができるなどの異常が起きたと報告。

ティムシ・ムソー氏大阪講演会のご案内です。

ティムシ・ムソー氏はチェルノブイリでも動植物の放射能による影響の研究でも有名です。福島に今回6回目の調査にきていますが、その調査を終え全国講演が行われます。同氏は福島はチェルノブイリと同じであると動植物の異変から警告しています。ぜひ、大阪講演にご参加よろしくお願いします。

日時7月25日(木)18時開場、18時30分講演会開始、場所 エル大阪、参加費 700円、詳細はプログ参照願います。

http://seitaikei.blogspot.jp/?m=1

スポンサーサイト
  1. 2013/07/14(日) 23:30:05|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【緊急!署名を!! 】大拡散お願いします!! → Kさんを支える会:ネット署名始めました | ホーム | 【いわきの初期被曝を追及するママの会】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/285-37ca0bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。