福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島県田村市に焼却炉が作られないように、皆さんのお力をお貸し下さい。拡散希望です。m(__)m

福島県、田村市に焼却炉を作る計画があります。
皆さんのお力をお貸し下さい。

取り合えず、皆さんで関連部署に事実関係の確認、焼却炉を作らないよう、お伝えして頂けたら助かります。

被災地を守る事で日本を、世界を、私達自身を守っていきましょう(^○^)〃

以下、福島から転送です。
--------------------------------

田村市長公室メールフォームはここです。
http://www.city.tamura.lg.jp/form/detail.php?sec_sec1=2

田村市役所
〒963-4393 福島県田村市船引町船引字馬場川原20
Tel:0247-81-2111(代 表) Fax:0247-81-2522
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〇〇です。

民報にも載りました。
「環境省が減容化施設を計画 都路、川内にまたがる東電施設に」
http://www.minpo.jp/news/detail/201307129592

鮫川で地権者たちと揉めている(一部不同意、公文書偽造で争う構え)ので、
今度は自社施設敷地内に作ってしまおう、という腹ではないかと思います。
酷すぎます。

「処理で出る焼却灰は両市村外の民間管理型処分場に搬出する予定」だそうですし、
どこまで放射能汚染を広げようというのか、その黒い腹にげんなり…。

説明会、田村市外の方も参加可にしていただきたいです。
空気はつながっていますから。

本当に悔しいことだらけです。

~~~~~~~~~~~
今日16日午後、k.m.rさんの三人で田村市役所災害対策室に行ってきました。

この田村市の焼却炉は、環境省が直接田村市都路?の区長に説明会開いたそうです。
(やいちゃんがくれた新聞読んでね)「環境省が減容化施設を計画 都路、川内にまたがる東電施設に」

http://www.minpo.jp/news/detail/201307129592

だから、田村市役所災害対策室は、何も分からず、何も言えないと話していました。

福島市にある、福島県環境再生事務所 放射能汚染対策課 というところか管轄しているそうです。
電話番号も聞いてきました。近いうちにrちゃんが連絡を取ります。
その後、対策を考えましょう。

mさんが都路の区長さんに話を聞いたら、区長さんは「地元の人の判断に任せる」と話したそうです。
区長としての判断や市長としての判断は、出さないで腹の中にしまっておくということでしょうか?

建設予定の大久保と言う予定地は、放射能汚染が低く住民は帰還していて酪農や畑をやっているそうです。

3人で話したことは、県内に30か所の焼却炉を作る予定と話していましたので、その全部の予定を聞いてきましょうということです。(公表しないけれど、予定は着々と進んでいるはず)

次の手、つまり中間管理施設も最終処分場も福島県内に建てることは、東電や国の暗黙の了解で進めているので、私たちは最終的にどのような事を訴え市民を巻き込むかを考えねばなりません。

中間管理施設を作るなら(あくまで中間管理施設です)、条件として国内原発全基廃炉ですね。
それが最低でも条件です。この考え方を広めましょう。
最終処分場ができるまで、毎年更新の管理費を東電から受けとり、福島県民のために使う。

放射能は燃やすことも移動することも出来ないなら、皆さんはどのような条件がいい?


ふくしまの女たちのブログに記事をアップしました。

http://onna100nin.seesaa.net/article/369507622.html

SNS(ツイッターやFB等)で拡散するアクションが大事♪
それには、みなさまの協力が必須です。
みなさま、よろしくお願いいたします。

http://onna100nin.seesaa.net

---------------------------------------------------------------------
焼却による健康被害の報告についての分かり易いブログ

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/fdf5d250fb06da26bdd09f0943dc339f

原発を止めるのは勿論ですが、

放射性物質の焼却(福島でも)拡散についての危険性も同時に考えられた良いですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/18(木) 19:07:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<給食:行政による測定で汚染が出た場合の対応 - 厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能からまもりたい | ホーム | 何度悔やんでも悔やみ切れない~その子の被曝の限度枠は誰にも判らない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/293-c4a88968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。