福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国と東京電力に対する集団訴訟裁判に思う事

[  転送・拡散 希望 ]

 

原発事故による損害賠償問題で、国と東京電力に対する集団訴訟が全国各地

で準備されています。

 

この裁判を通して、私達の損害賠償は勿論ですが、実現したい事があります。

 

被災地の方々が声を上げられないのなら、遠くの私達が代わりに裁判という形で声を上げ、被災地の方々が声を上げられるように、「避難させて!マスクをさせて!」と言えるような環境作りをしていきたいです。

裁判をされる方々が多ければ多いほど、被災地に残された方々の応援になるのではないでしょうか?

 

この裁判が、回り回って被災地の人々が少しでも安全に導かれていかれますよう、願わずにはいられません。

 


広島の原爆で被曝された方が、「裁判は絶対に早くやった方が良い」と言われていました。その方は「裁判を起こしたのが遅くて後悔している」と言っておりました。
証拠はだんだん無くなってくるしとも仰っておられました。

ですから、関東はもちろん、被災県に関わらず、出来るだけ沢山の方々に取り合えず8/4の裁判の説明会だけにも出て頂けますよう、お願い致します。一番下に案内があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福島集団疎開裁判

 

「4月24日、仙台高裁は「避難させて」という子どもたちの求 めが却下されました。

 

その結果、裁判所 は判決の中で、

(1)、郡山市の子どもは低線量被ばくにより、生命・健康に由々し い事態の進行が懸念される、

(3)、被ばくの危険を回避するためには、安全な他の地域に避難す るしか手段がない

(4)、「集団疎開」が子どもたちの被ばくの危 険を回避する1つの抜本的方策として教育 行政上考慮すべき選択肢であると初めて認めました。

 

にも関わらず、子供たちの訴えが却下されてしまったのは、私達大人達の声がまだ小さかったからです。

 

簡単に取れるテレビや新聞などのマスメディアが真実を語ってくれないから声が出せないのです。

 

 

谷岡国会議員と子供被災者支援法の勉強会では、母親達の悲痛な叫びが上がりました。

原発事故後約2年近くは子供達にマスクをさせる。お弁当を持っていかせる。長袖長ズボンを着せる。などして我が子を守るお母さん達が極少数でしたが、いました。子供達も、そのお母さん達の思いを汲んで、他の大多数の子達と違うそれらの事をして自分の体を守ってきました。

 

しかし事故後、2年を過ぎる頃には、それらをしないと将来、恐ろしい健康被害にあうかもしれないと分かっていても、他の子達と違う事をして自分の身体を守るという事が、出来なくなってしまいました。

先生も「ちょっとおかしいから、マスクを外しなさい」と簡単に言ってしまいます。でも、そんな福島の先生を責める事も出来ないと思うのです。先生も、真実を知らないからです。

子供達は、その空気を読み、他の子達と同じ事をする事で、身体は守れないと分かっていても、精神を守ろうとするんです。懸命に子供を守ろうとしていた母親達もそんな我が子に「それでもあなたは一人で頑張りなさい」と言えなくなってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~

私が原発事故後数回、郡山に帰って近所の十五人以上の方々や地元議員さんにお会いして感じた事は、大部分の方々が簡単に取れるテレビや新聞などのマスメディアしか見ていない。「漠然とした不安を感じながらも、福島でやっていくしかない」と思っている事です。

 

でも、少なくともお隣のとても仲の良かった方には去年から三回に分けて真実を伝えさせて頂きました。一回目は、なんとか受け止めて下さいました。しかし「大袈裟ね~」というような、その方の心の声が伝わってきました。

そして伝える回を重ねる事に、心の距離が拡がっていくのを感じるのです。あんなに仲良く楽しく過ごさせて頂いた方なのに!です。これが、正しく分断なのだと感じました。

 

関東を含む被災地の方々に直接言ってもダメなら、そこから遠く離れている私は、こちらで出来るだけの事をしていきたいと思いました。

 

その内の一つが裁判だと思うのです。

 

以下、転送です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この度、京都でも「東日本大震災による被災者支援弁護団」が、集団訴訟の説明会を下記により開催することになりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 原発損害賠償 集団訴訟説明会

+++++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時 2013年8月4日(日)13:30~16:30

◆場所 メルパルク京都 6階会議場

    http://www.mielparque.jp/kyoto/access/

◆主催 東日本大震災のよる被災者支援弁護団




●集団訴訟Q&A


http://www.hisaishashien-kyoto.org/BLOG-ACTIVITY_REPORT/2013/06/no1025621.html



スポンサーサイト
  1. 2013/08/02(金) 19:08:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子ども・被災者支援法に対するご意見 | ホーム | 内部被曝学習会 * 安田節子さん講演会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/302-cc12bed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。