福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「伊達市民の3人に1人が、年間1ミリシーベルト超え」福島県ガラスバッジダイジェスト|フクシマンの福島リポート(郡山市) |Ameba (アメーバ)

私は行政が発表した数字は参考程度に見るようにしています。
空間線量だって、市民が測定した結果と行政が測定した結果では、かなりの差があるからです。過小評価もいいところです。
でも、お知らせ頂いた方有り難うございます。参考にさせて頂きます。m(__)m

福島県ガラスバッジダイジェスト
http://s.ameblo.jp/masa219koro/entry-11589137626.html

一部抜粋

1年間に、

伊達市民の、

3人に1人 (33.5%)





が、

日本の法律で定められている、

年間被爆限度1ミリシーベルトを超える、

1mSv以上~5mSv未満

の外部被ばくを、積算で

していたことが解かりました。

~~~~~~~~~~~~~~~
以下、転送

一日一回脱原発&デモ情報 in 大阪
http://ameblo.jp/amebloacchan/

ワタミ会長 「ブラックではない」再春館製薬「公平な番組作りを」市民の声が企業に圧力をかける 
山本太郎のインタビューを突然打ち切り、CMを流した読売テレビ「ミヤネ屋」。
これを見て怒った視聴者が、番組のスポンサーである再春館製薬に怒りの矛先を向けました。
あわてた再春館製薬は、
「テレビ局に対して公平な番組作りを行っていただけるよう申し入れを行いました」
とのコメントを公表しました。
ワタミの会長も、「ブラック企業」という評判を、けっこう気にかけているようです。
消費者の声は、企業にとっては一番気になるもの。
消費者の立場を生かして、おかしな動きをする企業には抗議の声を上げましょう。
思っているより効果的かもしれません。

小出裕章 氏:除染には、反対です。一番やらなければいけないのは汚染地域の人々を逃がす事
ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」の動画より。
目新しいことではなく、小出さんがずっと言い続けてきたことですが、
この基本的なことが日本ではまったく実現されていません。

三宅洋平  政治を動かすゲリラ戦 ネットを飛び出し、じいちゃん、ばあちゃんに伝えてくれ
今回、惨憺たる結果に終わった参院選に、新風を吹き込んだ三宅洋平。
朝日のオピニオン欄に大きく取り上げられていました。

ダイエット に効果的!―サバ缶、あなたは食べますか?
鮭缶、さば缶、さんまのかば焼き缶、シーチキン…。
日本では魚介類の缶詰がたくさん出回っていますね。
みなさんは食べていますか? 
それってかなり危険かもしれませんよ~。

脱原発イベ ント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・ 8月12日(月)~8月16日(金)
スポンサーサイト
  1. 2013/08/10(土) 00:57:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原発ブラブラ病?&厚労省日報ダイジェスト等 | ホーム | 除染危険手当要求争議勝利解決報告会御礼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/305-0c8af76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。