福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広島で被爆された方のお話し&あす 署名「放射能健康診断と医療補償」

今日は広島で被爆された方のお話しをお聴きしてきました。私も戦争に繋がる今の被災地の現状などをお話しさせて頂きました。署名も集めて頂き、有り難かったです。

以下、〇〇さんが書いて下さった今日のお話しの概要と明日の署名活動のお願いです。
--------------------------------

16日(金)10時から11時30分又は13:00まで、大阪市役所前にて署名を集めます。遠い暑いですが、お越しください。

署名を集めていて、毎回、いろんな人と出会い、話に夢中になってしまいます。

前回の90才ぐらいの杖をついたおじさま、原爆後、ABCCは、被曝者の数字は集めるけれど、治療はしない。若かったら、政府に向かって、たたかっている、と。

今日15日敗戦の日、73才ヒロシマ被曝者1世のかたのはなしを聞きました。

彼女は涙をみせずです。
68年前の体験は壮絶なもの、色つきの描写、地面がういた。顔の傷
、頭のきず、やけど、など、ずっとジクジクして治らない。五歳で被爆した傷が30才?で子供を産んでやっと膜が張ってきた。

その日は幼稚園に行かなかったことで原爆死をまぬがれた。
瞬時に真っ黒に固まった犬、猫。
棒切れで、
おじいちゃんの死体に群がるとりたちを追っ払った、うじをとる。


水を求めて群がった人、最後の水を飲めて、よかったとも!
こどもに見えるのは、がれきと炎、熱気、
回虫が、鼻から口から。

背中におぶわれていた弟さんのオムツの下の皮膚は1枚はがれて、カッターシャツのようなものでオムツにした。

被爆後消えていた5年間の記憶が50年以上経ってから、ようやく戻り、被曝された身体で、様々なところで話されています。


被曝の証明は毛根が意味があるので、おいておくようにと。
歯も取っておいて日付記入。写真や日記等で記録を取っておいて。女の子であれば、嫁入り道具の一つとして持たす。

1945年その時、日本軍はアジアになにをしていたのかにも、思いをはせたい。

「食の産地、ベクレル表示を求める」署名も集めます。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/15(木) 23:38:02|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近の短いお話し会の原稿の抜粋① | ホーム | 復興庁:被災者支援 先送り密議 暴言ツイート裏付け- 毎日jp(毎日新聞)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/312-97d9a6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。