福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間伐で線量低減/森林整備と除染一体化図れ

たった10パーセント前後の空間線量が低減したからって、福島が安全な所になるわけないのに、移住・避難・放射能健診の強化などに力を入れて欲しいです。


除せんすればなんとかなるような雰囲気を新聞が作り出すのは、如何なものでしょうか?


皆様の意見を届けて頂けて下さいますようお願いいたします。私は、非通知の電話でいつも意見を入れるようにしています。


福島民報社への主な問合せ内容と担当部署の一覧です。

http://www.minpo.jp/contact/



--------------------------------

間伐で線量低減/森林整備と除染一体化図れ(8月25日付) 福島民友 

http://www.minyu-net.com/shasetsu/syasetu/130825s.html  

県は、東京電力福島第1原発事故により放射性物質で汚染された森林の除染対策として、間伐や植え替えなどの更新伐を行うと、空間放射線量が10%程度低減するとの実証試験結果を初めて示した。

森林除染に関しては、国の除染関係ガイドラインで住宅から20メートル以内が対象とされ、20メートルを超える部分の除染は手付かずの状態だ。

一定の除染効果があることが分かった今回の結果を踏まえ、国や県は間伐などの森林整備を取り入れた効果的な除染方法を早急に確立してもらいたい。  

実証試験では、

スギやヒノキなどの針葉樹林で間伐を行った結果、半減期による自然減衰分以外にスギ林で4~12%、

ヒノキ林で11%程度、空間放射線量が低下した。

広葉樹林では、更新伐により11~15%程度の低減効果が認められた。  

放射性物質は主に葉や枝、落ち葉などの堆積物、土壌に付着している。葉や枝は、時間の経過とともに林床に落ち堆積物となり、付着している放射性物質が土壌に移行することが予想される。  

県は、落ち葉などの堆積物や表土の広範囲の除去は、木々が倒れる恐れがあるとしている。

除去した汚染廃棄物も膨大になるとみられ、現段階では実施が困難な状況を踏まえると、間伐の実施は、空間線量を下げる効果だけでなく、堆積物や土壌の放射性物質をこれ以上、増やさないための有効な手法の一つになるだろう。  

混み合った木々を間引く間伐は、森林の手入れとして欠かせない作業の一つだ。間伐を行わない森林は林床に光が届かず、下草などが生えないために土壌がむき出しになる。

大雨により土壌が流出したり、土砂崩れが起きやすいとされる。放射性物質を含んだ土壌が流出すれば、除染が済んだ麓の生活圏が、再び汚染される可能性も懸念される。  

原発事故後、県内では間伐などの森林整備事業の実績が半減し、森林の荒廃が懸念されている。森林再生や林業振興の観点からも、森林整備事業を、除染や空間放射線量の低減策と一体的に進める手法の開発が求められる。  間伐の実施には課題もある。落ち葉や表土の除去ほどではないにしても伐採した木や枝の処分は相当な量になるだろう。減容化や処理方法などの技術開発を進める必要がある。

焼却する場合には焼却かすなどの仮置き場の確保も急がれる。作業従事者の安全確保も不可欠だ。  国の除染特別地域では生活圏の除染が終わっても森林の空間線量が依然として高く、地元からは森林除染の範囲拡大を求める声が上がっている。国は住民帰還の足かせになる問題として捉え、間伐による除染の有効性を早急に検討し、除染範囲の拡大につなげてほしい。

        

福島民友新聞 社説・編集日記TOP     

 

~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞~・、*∞

 

繋がれる未来が

どのようになるのか

それは 今にある

今が 繋がり

未来になる

覚えておいて欲しい

繋がった先が 未来になるのであれば

未来の為に

今を変えれば

未来も変化してゆくのである

スポンサーサイト
  1. 2013/08/27(火) 09:31:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福田先生と私の講演会&「チェルノブイリへのかけはし」野呂美加さんのお話会in滋賀 | ホーム | エートス&原発被災者、国を提訴へ 支援法「基本方針示さず違法」 : 日本経済新聞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/322-08217cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。