福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもの血液検査結果から見えてきたこと 関東全域の子どもたちに血液検査を!

「ママレボ編集長通信No6」 ~三田医院の 三田茂院長に聞く~ 子どもの血液検査結果 から見えてきたこと 関東全域の子どもたちに 血液検査を!

 

http://momsrevo.blogspot.jp/2013/09/no6.html?m=1

 

一部、抜粋

 

 

 

◇「好中球」の値が平均値を下回っている Q 子どもたちの「白血球分画」の数値に変化が起きているそうです ね。

三田;はい。当院に検査に訪れる子どもは、ほとんどが東京や千葉、神 奈川、埼玉、北関東などのエリアに住んでいますが、これらの 医者の一般的な教科書である「小児・思春期診療最新マニュアル」 (日本医師会編)には、小学生の「好中球」の基準値は、3000~5000と 記されています。つまり、3000が基準値の下限値なのですが、事故以 降、当院に検査しにやってくる小学生の平均値は2500にまで下がってき ているのです。4000くらいの値の子どもが最も多いのが正常なのです が、分布図を見てみると、ピーク値が全体的にずれてきているのです。 (イメージ図参照) 繰り返しますが、「好中球」の値は、「小児・思春期診療最新マニュ アル」に記されているように、健康な小学生なら3000~5000であること が望ましいのです。 しかし、当院に検査に来る子どもたちの平均値 は、下限値の3000を切って2500まで下がってしまいました。子どもの 白血球中の「好中球」の割合が、明らかに減少してきています。これは、非 常に問題ではないかと思います。

 

三田;できれば、近所の病院か、かかりつけ医に行って「放射線の影響 が心配なので、血液検査をしてください」と、率直にお願いしてみてく ださい。イヤな顔をする医者もいると思いますが、そうやって少しずつ 医者の意識を変えていってほしいと思います。できれば、甲状腺エコー 検査と合わせて、一年に一度受けることをおすすめします。 血液検査の必要項目は以下にあげましたので、病院で検査を依頼する ときの参考にしてください。

 

<必要な血液検査項目> ・血算(白血球数、赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビ ン、血小板数、白血球分画)

 

・血液生化学( AST, ALT, γ-GTP, TG, HDL-C, LDL-C, HbA1c, 空腹時血糖, 血清クレアチニン,尿酸) ・甲状腺機能検査(FT4, TSH) ・CRP(炎症を調べる)

スポンサーサイト
  1. 2013/09/04(水) 22:02:08|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<支援法の抜本的解決を求める署名*ひこねお喋りウォーク | ホーム | 病気が増え続けているのは何故?&海洋汚染 沖縄編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/329-f87293fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。