福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

支援法の抜本的解決を求める署名*ひこねお喋りウォーク

■請願署名~広めてください! 原発事故の被害を直視してください。被害者の声を聞いてください。 子ども・被災者
支援法の幅広い適用と早期実施 賠償の時効問題の抜本的な解決を求める請願署名 署名用紙のダウンロード PDF

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-8a8b.html

【請願内容】 1.原発事故子ども・被災者支援法の早期かつ十分な内容の実施を求めます。 ・福島県全域と少なくとも追加被ばく線量1mSv以上の幅広い支援対象地域を設定し、 この地域の人たちの自己決定(避難する場合もその場にとどまる場合も)に応じた十 分な支援をしてください。 ・支援法を実施・推進するため、被害当事者や支援者を中心とした様々な主体の意見 を反映させる常設機関を設置してください。 ・福島県内、および県外についても、国が責任をもって、幅広い専門家や当事者の参 加を得た上で、健康管理体制を構築してください。 2.賠償請求の時効問題を抜本的に解決するための特別立法を求めます。 ・原発賠償請求権の行使につき、少なくとも3年間の短期消滅時効を適用しないこと を定めてください。 ・事故時から20年間の除斥期間(客観的に権利行使ができなくなる期間)を適用し ないことを定めてください。 ・全ての被害者が、過度の負担無く損害賠償請求できる十分な権利行使期間を定めて ください。

~~~~~~~~~~~~

<原発いらんねん、おしゃべりウォーク ひこね>

福島原発からは、放射能汚染水が今もどんどん海に流れています。とめる手だてもなく、命の源である海が汚されていきます。
先日、福島の43人の子どもたちに小児・甲状腺ガンとその疑いがあることが発表されました。
情けなく、腹立たしく、不安でいっぱいです。

今こそ原発をやめるとき!人任せでは止まりません。選択の時を生きる私たちの責任は重いのです。


恒例のおしゃべりウォーク、13回目を迎えます。私たちは、福井原発のすぐ近くで、琵琶湖の風をうけながら、やっぱり歩き続けます。皆さんもぜひご一緒に。


政治・宗教団体とは無縁の脱原発ウォークへのお誘いです。拡散いただけるとありがたいです。
*ひこね子どもと明日を守る会Facebook http://www.facebook.com/hikonekodomotoasita

<原発いらんねん、おしゃべりウォーク ひこね>

*2013年9月11日(水)
*集合時間/10時30分・集合場所/彦根市立図書館前広場
・集合後、意見情報交換後出発。 

コース
彦根市立図書館前・広場→関西電力・彦根営業所前→市民会館前→彦根市役所前→彦根駅前(12時頃解散予定)

◆反原発・脱原発に直接関係のないテーマや政治団体・宗教団体の旗やのぼり、プラカードはご遠慮ください。

◆荒天の場合、中止することがあります。当日現地決定。
◆参加される方は、太鼓などの楽器、プラカードや垂れ幕などを各自ご自由にお持ちください。
◆手ぶらや無言、マスクやお面着用の参加も大歓迎!!途中参加、途中のお帰りももちろんOK。
〓毎月11日に行います。特別の事情がない時は、平日は10時30分、土日祝日は14時集合です。


<呼びかけ人>
岡田涼子、ひこね子どもと明日を守る会
スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 01:03:10|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<汚染水説明理解されず 五輪招致 海外記者「失望した」 - 社会*放射能汚染の食品、Tppの学習会 | ホーム | 子どもの血液検査結果から見えてきたこと 関東全域の子どもたちに血液検査を!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/330-36cdc0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。