福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2.損害賠償裁判記者会見へいらした記者の皆様へ&お話し会のお知らせ

被曝の真実を知っている被曝された方々は、広島、長崎の時と同じように一生、被曝の恐怖に怯えて 暮らさなければならなくなりました。

しかし皆様の心に留めておいて頂きたい事は、今の日本に住んで いる限り、空気や食べ物、建材など、様々な形で大なり小なり、全ての国民が被曝者であるという事です。

今も、放射性物質が飛散し、その事態が収集出来ていないのは事実です。

さらに、その健康被害は世代を越えて受け継がれていくという、本当に恐ろしい性質を持っているのです。私達だけの問題でこの裁判をやっているのではありません。被災者だけの問題ではなく、全ての国民の問題なのです。

どうか、私達を孤立させないで下さい。

西日本にいれば、今はまだ、比較的安全な食べ物を選んで食べる事が出来ます。しかし安全な食べ物を作って下さっている生産者の方々が放射能に気を付けずに食事をされ、病気になる方々が多くなったら、安全な食べ物はドンドン先細りしていきます。

放射能に気を付けずに食事をされている方々が数年、何十年後かに病気になったとしても、その方々はそれが放射能が大きな原因の一つである事にも気が付かないでしょう。

被災地の物を食べて応援と決めた方も、私のように食べないと決めた方も、その結果、被災地がどうなるのか、日本がどうなるのか!に思いを馳せ、日本全体が安全で平和になるよう行動して頂ければ幸いです。

被災地の物を食べる人がいれば、被災地の生産者の方々は作っていいのか、悪いのか悩みながら罪悪感を感じながら作る事もあるでしょう。しかも安く買い叩かれてしまいます。そして被災地では地産地消で大人はモチロン子供達も汚染された食べ物を食べる事を強要されます。食べて応援する事は、本当は避難しなくてはならない程放射能に汚染された被災地に人々を留まらせる事になるのではないでしょうか?

関東を含む被災地がこのままの状態だったら、健康な人が激減するでしょう。

病気の人が増えたら、健康保険料が上がります。介護される人が増えたら、介護保険料も上がります。特定疾病手当てを受ける人も、生活保護を受ける人も、増えるでしょう。

放射能の影響で出生率も更に下がると言われています。

健康で働ける納税者が減ったら、年金、教育費、子ども手当、高齢者手当て等々、思いもよらぬ国民生活のあらゆる所へ皺寄せがいくのです。

被災者だけの問題ではなく、全ての国民の問題なのです。

3.11以前、この国では一般公衆の被曝は年間1ミリシーベルト以下に規制されていました。ところが、今、国は年20ミリシーベルト以下になれば帰ってこいと言っています。

これを許せば、国は今回の対応を前例にして、なし崩し的に国民人一人の権利をないがしろにしていくでしょう。

どうか、私達を孤立させないで下さい。

福島棄民政策というよりも、国民棄民政策なのではないでしょう か?

東京オリンピックが決まりましたが、このままでは日本が世界の信頼を失うのも時間の問題なのではないでしょうか?

裁判と一緒に「健康診断署名」「食品の安全を求める運動」「除 染、焼却に伴い、避難地域を解除させない運動」等と一緒にやっ ていく事が非常に大切です。

 

私達は、これまでも家族を守る為に様々な発信をしてきました。この国の未来の為、世界の為、 色々やってきました。

しかし、私達の力だけでは到底足りません。

私は活動の為、余りにも忙しく普通の生活が出来ません。街を歩くと普通の親子連れを見かけます。私だって、子供たちともっとしっかり 向き合って、お喋りしたり、一緒に遊んだり、お風呂に入ったり、普通に暮らしたいです。

 

国民の多くが真実を知らないが故に非人道的な事が罷り 通ってしまいます。皆様の身近な所で、被災者のお話し会を開いて下さいますよう、お願い致します。この裁判には多くの大きな意義があります。

 

国民の皆様お一人、お一人がご自分の問題として捉え裁判の傍聴で、もっともっと私達の声を聴き、被災者を応援する事で、この国の民を一緒に守って下さい。お願い致します。

                         

~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~*.*~

おすすめブログ&多くの問題の根底が繋がっている事を分 かって下さい。

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

私のブログです。

ワリと面白く描けたので、お忙しい所スミマセンが読んで頂けたら嬉しいです。拡散もお願い出来たら、助かります。勝手を言って申し訳ありません。

ある避難者のお片付け。 - 福島から京都に避難して

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

ある避難者の苦悩 - 福島から京都に避難して

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-225.html

そして一人になった。 - 福島から京都に避難して

http://kyania.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

福田先生と私の講演会のご案内

滋賀県彦根市で、お話しさせて頂く事になりました。以下、転送 です。 --------------------------------『福島の今を忘れずにー 聞いて、知って・・・』

★講演 ・福田章典さん(大津市・福田診療所 所長) ・私(「福島から京都に避難して」ブログ主宰)

★9月21(土)14時から

★彦根市、東地区公民館 ーJR彦根駅前 平和堂駐車場裏ー駅から5分

★参加費500円

★問合わせー岡田・090・5673・6952

避難していらした方は受付で申し出てくだされば、参加費はかか りません。

福田先生は

「原発の危険性、放射能の危険性を医師として十分認識していた にもかかわらず、自分がほとんど何もしてこなかったことが、本 当にはずかしい、申し訳ない」

との思いで、 「5人いらしたら、県内どこでも行きます」と。

移動時間に余裕のある時はサイクリング自転車で行くという、ア イアンレース選手でもあります。

内容は、「放射能はなぜ人体に危険か」「内部被曝の危険性」 「低年齢層への被害」などを、あまり知らない方にもわかりやす く、医師の立場でお話しされます。(と思います。何度か講演を聞 きました。)

先生の講演で、「無神経さによる2次被害」のようなことを受け る心配はないと思います。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) 16:39:22|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みのもんたさんの叫び&原発避難者の声を聞く会&訴訟説明会&(*^^*) | ホーム | 1.損害賠償裁判記者会見へいらした記者の皆様へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/341-553f1db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。