福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現在でも52%が「避難したい」*山本太郎出演の「朝日のあたる家」大阪上映会

福島の方から頂いた情報です。いつも有り難うございます。

 

--------------------------------

 

先週の9月11日に東京災害支援ネット(とすねっと)がアンケート結果を公表しました(全部で50ページもあります)。

調査は2013年7月20日から8月12日までとのことですから、直近のアンケート結果ということになります。

 

避難した人や避難したい人達は、今でも少数派だと思って肩身の狭い思いをしていると思います。

このようなアンケート結果は避難した人や避難したい人にとって、

「やっぱり間違っていないんだ」という勇気を与えることになると思います。

 

 

http://blog.goo.ne.jp/tossnet/e/f37d9eb19baac0eeba02bc0de5312aed?st=0

 

アンケートに回答したのは以下の人達です。

「原発事故による避難世帯」(東京や山形へ避難している人) 85人(550人へ配布したうちの回答者で、7割が小学生以下の子どもを持つ)

「原発事故による被害地域住民」(栃木や福島などの汚染地域に住んでいる人) 62人(300人へ配布したうちの回答者で、8割が小学生以下の子どもを持つ) 

 

●「原発事故による避難世帯」へのアンケートで目を引いたのは「福島への帰還を考えていますか?」という問いです。

「考えている」が20%、「考えていない」が64%でした。

 

「考えている」の主な理由は、

1.家族みんなで一緒に暮らしたいから(母子避難はやだ父親も一緒がいい) 71%

2.故郷を離れたくないから 59%

 

「考えていない」の主な理由は、

1.山林や田畑の除染は不可能だと思うから 81%

2.除染の効果に疑問を感じているから(放射線量は下がらないと思うから) 78%

3.将来の疾病リスク(ガンなど)が否定できないから 74%

4.特に子どもの健康面への影響を考えているから 65%

 

●「原発事故による被害地域住民」へのアンケートで目を引いたのは「避難が可能であれば、あなたや他の家族も避難したいと思いますか?」という問いです。

「思う」が52%、「思わない」が45%でした。

 

「思わない」の主な理由は、

1.仕事があるため 61%

2.避難住宅の支援が得られない 46%

3.お金がない 32%

 

「放射線の被ばくを防ぐという点で、次の場所は安全だと思いますか?」との問いに、

1.地域の学校 安全だと思う 19% 安全と思わない 74%

2.地域の通学路 安全だと思う 3% 安全と思わない 92%

3.近隣の公園 安全だと思う 2% 安全と思わない 95%

4.自宅の庭 安全だと思う 13% 安全と思わない 82%

5.自宅の室内 安全だと思う 40% 安全と思わない 56%

 

この結果で面白かったのは、「自宅の室内」だけは安全だと思っている人が意外に多いということです。

私はこの回答を見て笑ってしまったのですが、よく考えてみたら自分で自分を笑っていることに気が付きました。

 

私もそうですが、自分の家の室内だけは毎日掃除してますし、「自分の家ぐらいは安全だと思っていなければやってられない」という思いがあるのでしょう。

よくよく考えてみると、自室の中だって事故前の放射線量を大きく上回っているし、

室内に放射能の埃が入ってきているのは当然のことなので、

全然安全ではないことに気付かされました。

「慣れ」っていうのは本当に怖いものですね。

 

 

------------------

[震災復興プロジェクト 近畿:1311] 山本太郎出演の「朝日のあたる家」大阪上映会

 

マスコミが応援してくれないという厳しい現実、太田隆文監督は自ら走り回られています。私たちも、できることを応援しましょう。

この現実を知る必要があります。それは今です!

この映画は、原発事故の恐ろしさを、身近な人に知っていただく効果的なツールです。

 

◆待望の大阪上映が実現しました!この機会にぜひご試聴ください。

 

豊川は一番手、大阪は2番手。豊川では、すでに盛り上がっています。

大阪での成功が、これから全国の映画館に影響を与えます。

連日の満員御礼ができますように、なんとしても、成功させましょう!

 

「原発へのアクションをしているので、作品などで表現する必要はない」と思っていた山本太郎が、脚本を読んで考えを変え、初めて出演した原発を扱った映画。

 

 

『朝日のあたる家』

(2013/日本/118分/渋谷プロダクション)

【2013年 9/21(土)~10/18(金)】

 

静岡県、湖西市。自然に囲まれた美しい町。そんな町に住む平田一家。お父さん(並樹史朗)は農業。お母さん(斉藤とも子)は主婦。長女(平沢いずみ)は大学生。妹(橋本わかな)は中学生。日本中どこにで

もいる平凡な家族。

ただ、長女のあかねだけは、この町が好きではなかった。大きなショッピングセンターがない。映画館やコンサートホールがない。そう思って都会の大学を受けたが合格したのは近所の大学のみ。就職は大

都会でして、一人暮らしを夢見ていた。

 

そんなとき起こった大きな地震。原子力発電所で事故。やがて避難勧告。そして避難所へ。1日で帰れると思っていたら、何ヶ月も帰れない。父は仕事を失い。母はノイローゼになり、妹は病気になる。

 

ようやく許可された一時帰宅も、1時間の制限付き。荷物を取ってくることしか許可されない。福島と同じ事態にな

っていたった。もう他人事ではない。あかねたちの家族もまた、大きな悲しみの渦に巻き込まれて行く・・・。

 

 

・公式サイト:http://asahinoataruie.jp/wp/

 

キャスト・スタッフ出演:並樹史朗、藤とも子、平沢いずみ、橋本わかな、藤波心、いしだ壱成、山本太郎 他

監督・原作・脚本・編集・プロデューサー:太田隆文

 

・公式HP:http://asahinoataruie.jp/index.html

 

・原発事故の悲劇を描く映画「朝日のあたる家」監督日記

   http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2013-03-01-1

 

・ブログ「朝日のあたる家」ジャスミン革命

   http://asahinoataruie.blogspot.jp/

 

・FBページ「朝日のあたる家」何でも話そう会

   https://www.facebook.com/asahinoataruie

 

---------------

 

シアターセブン

http://www.theater-seven.com/2013/movie_asahinoataruie.html

 

「朝日のあたる家」上映時間

 

9/21(土)

■各回上映前、太田隆文監督による

舞台挨拶予定

?11:00~12:58

?14:00~15:58

?15:20~17:18

?18:00~19:58

 

9/22(日)

■各回上映前、太田隆文監督による

舞台挨拶予定

?11:00~12:58

?15:20~17:18

?18:00~19:58

 

9/23(月)~9/27(金)

?11:00~12:58

?15:20~17:18

 

9/28(土)~10/4(金) 12:30~14:28

 

10/5(土)~10/11(金) 12:20~14:18

 

10/12(土)~10/18(金) 16:30~18:28

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2013/09/21(土) 21:56:11|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亡命証?& 東日本はウクライナよりも絶望的に見える」ベラルーシの医師の発言より*東京*パブコメ | ホーム | 【報道と事実は違います】 いわき市からの避難者mikoさんのお話 【日本中のお母さんへ】-gooブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/345-239d2a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。