福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イグマ&視力の低下予防

長女は三度のご飯より、本が好きかも知れない。有り難い事だ。

読書量に成績が比例すると聞いた事がある。なのに、通信簿、三段階評定の最高レベル「とても良く出来る」が一つも無かったのは何故?

やはり、「母である私の行いが悪いのだろう」と反省はするけれど・・・・・。

長女は姿勢も悪いので、視力が低下しないかと母としては気にもなる。

下の子は、
「お願いだから、もっと本を読んで頂戴m(__)m」
と拝みたくなるほど、読書量が少ない。小さい時に読み聞かせは良くしていたので、読書は嫌いではない。

でも、語彙力がイマイチで、とても気になる。
去年、図書館で長女がパソコンでお取り寄せの本を、検索しているのを見た下の子一年生が「イグマの本を見たいので自分も検索したい」と言うので、20分位以上、検索に付き合った。
日頃、ほったらかしにしている事が多いので、「イグマって何だ?」と思いつつ、「イグマ」とハッキリ言い切る下の子に頑張って付き合ったのだ。

しかし!見つからない。

だいぶ経ってから、パソコンが「ヒグマ」のキーワードを出した・・・・・・・・

下の子のリアクションはこうだ。
「ヒグマσ(^_^;)?・・・・・・ヒグマ・・・・・・・・あっ・・ヒグマだ」

そう「イグマ」ではなく「ヒグマ」だったのだ。

微笑ましいやら・・・呆れるやら・・・・反省するやら・・・・・・・
兎に角、複雑な思いの母だった。


--------------------------------
放射能の影響で、免疫力が弱まるので、被災地では視力の低下も気になるようです。
というわけで、以下、子供福島ネットワークから転送です。
~~~~~~~~~~~~~~~
遠くを見た後 近くを見る
遠くを見る時も近くを見る時も力を入れてしっかり見る
この繰り返しを20回繰り返すのが、近視や遠視を直す方法として知られています
参考
http://www.miyukisintaiin.com/

--------------------------------------------------
視力の低下予防

> お子さんの視力、下がっていませんか?
>
> 10月10日は目の愛護デーだったのですが、室内にばかり居ると、近い所をみるのに合う目になり、近視が進みがち…。
>
> カーテンを開けてなるべく外の遠くを眺めたり、星を見たりすると良いと思います!
>
> 小学校高学年から急に視力が下がることが多いのですが、ほとんどは寝床や暗い所で本やマンガを読むことが原因のようです。
>
> それから…、次のことも心がけると、視力が良くなることがかなり多いです!
>
> よかったらやってみてください。
>
> イ テレビからは3m離れる。
>
> ロ 緑黄色野菜を1日70g以上食べる。
>
> ハ シャープベンシルではなく、Bか2Bなどの濃い鉛筆を使う。
>
> ニ 日向で本を読んだり、ライトを見つめたりしない。青空でのスキーは「雪目」にならないようにゴーグルを。
>
> ホ 暗い所で本を読んだり、寝ころんで本を読んだりしない。
>
> ヘ なるべく遠くを見つめる。
>
> ト 「目が悪くなるよ」という声かけから、「こうすると目が良くなるよ」という声かけに変える。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/24(水) 14:08:03|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっぱりEM って放射 能対策に良いかも?!比嘉照夫氏の緊 急提言 甦れ!食と健康と地球環境 | ホーム | 同情だけ貰うと、とても惨 め。&YouTubeで「マスコミ報道鵜 呑度 日本人70%、 英国人 14% >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/37-e3d97dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。