福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島とインドのこのアート交流プロジェクトを応援してください。

日本や福島の現実を海外に伝える事や「どこでも、誰でも放射能健康診断署名」を海外で集める事で、海外から日本政府に働き掛けて頂けるような切っ掛け作りをしていきたいです。又、海外での原発のあり方や輸入に警鐘を鳴らす事にもなると思うのです。


以下のホームページに英語版の署名用紙と日本語版の署名用紙が載っています。


http://hinan.jimdo.com/?mobile=1


関東を含む被災地で学校や行政等に交渉をして下さっていた方々が、疲れきっています。「考えすぎ。大袈裟。精神を病んでいる。」等と、勘違いされ、大勢の人々が苦しんでいます。

 

私もまた、日本国内では、様々な立場の方々がいる中で、福島や日本の現実を訴えていく、難しさを痛感しております。


海外に訴える事で、今までとは違ったやり方で、行政交渉が出来たり、私達被災者の立場が確立出来たら、幸いです。


インドでの原発のあり方や原発の輸入に警鐘を鳴らす事が出来るのでは、、、と思います。又、万が一、インドやインド周辺の国で原発事故があった場合、ご自分の国がどのような対応をとるのか、想像して頂けるのではないでしょうか?


そして、今まで署名を日本の中央政府(環境省や復興庁)に、持っていっていたのを、インドの日本大使館に持って行く事で、日本政府に危機感を持って頂きたいです。


日本国内から言っても暖簾に腕押しのような所もあるので、署名を集める事で、海外の皆様から日本政府に働きけをして頂く切っ掛けになれば、幸いです。

クラウドファンディングで資金を募集しています。

お陰さまで目標額の半額ほどの費用が集まりましたが、

期限内に目標額をクリアしないと募金が活用されません。残り、数日です。

是非応援お願いいたします。↓


https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart


西日本の私達が被災地を支えて行く事が、関東を含む被災地の方々と日本を守る事になります。

--------------------------------

以下、転送です。


画家でジャーナリストの増山麗奈です。


福島の母子とインドへ行き、アートを通じて交流をします。


来年の夏には20人の子ども達を連れて行く国際交流ツアーに育てていきたいです。

是非応援してください。


現地では児童労働を経験したインドの子ども達と福島の子ども達とのアート交流、自然エネルギーの施設視察などを行ってきます。

 

インドでの様子を製作中の映画「ママの約束」(ドイツの脱原発の様子、激動の日本、世界中で食とエネルギーの自給自足にむけて動きが始まっている様子追うドキュメンタリー)で撮影する予定です。クリーンでフェアな地球を一緒に作りましょう!

 

福島とインドの子ども達が原発について話し合う国際交流企画

-心身ストレスを抱える子ども達がアートで交流!-

 

私たちはインドにて児童労働者の支援を行うボランティア団体、ボーンフリーアートJapanです。

私たちは福島の原発事故を体験した福島の子ども達と児童労働を体験したインドの子ども達が交流するプログラムを12/27~1/6にインド(バンガロール)にて実施します。 

 

現在、日本政府はインドと日印原子力協定を結び、インドへ原発を輸出しようとしています。

 

そんな中、日本とインドの子ども達が多角的な視点で「原発」や「核」という問題についてとらえ、共同でアート作品を制作します。

 

「ヒューマンエラー」で著名なFrying DuchmanのLee Tabascoさんが子ども達に楽曲を提供し、日本とインドの子ども達が歌詞を制作して歌う音楽交流を行う↓

 

http://www.youtube.com/watch?v=c6fQuwLex4Q

 

ほか、絵画やダンス等、アートによる国際交流を行います。子ども達の目線で、本当の豊かさとは何か?私達は何をすべきか?を考え舞台発表を行うプログラムです。


本プロジェクトに関する詳細は、クラウドファンディングサイトでもご覧いただけます。


https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

 

★ボーンフリーアートJapanとは

インドにあるボーンフリーアートスクール(NGO)では、児童労働のバックグラウンドを持つ子ども達に対し、

音楽やダンス、絵画、彫刻などのアートを通じた教育を行うことで子ども達の社会復帰を支援しています。

当団体は日本からボーンフリーアートスクールの活動を支えると共に、日本の子ども・若者に対してもアートと

平和教育による活動を通じて、子どもたちの権利を守る平和な世界をつくるため活動しています。


【お申込み・お問合せ】ボーンフリーアートJapan


http://www.bornfreeart.org/


電話:080-6687-4118  E-mail:info@bornfreeart.org

(事務局住所:大阪市東住吉区南田辺2-2-29(阪口方))

【帰国後の報告会について】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下の報告会を予定しています。

■□■市民社会フォーラム協力企画のご案内■□■

     インド福島子どもアート保養 プロジェクト報告会

「インドで体験した事~福島の子どもの目線から」

【日時】 2014年1月6日 (月)  

午後6時30分 ̄午後8時30分 (午後6時開場)

【入場料】 1.000円(資料、チャイ代込み)

【場所】元町映画館2階

神戸市中央区元町通4-1-12TEL&FAX:078-366-2636 

【 出演者 】

増山麗奈 (画家・ジャーナリスト)

YUZUKI (福島から札幌へ避難した12歳) 

牧野進一郎 (インドに同行する高校講師) 

りあん (一緒にインドに行く12歳)

【主催】ボーンフリーアートjapan

【問い合わせ】080-6687-4118 info@bornfreeart.org

-------------------------------------------------------------------------

画家・ジャーナリスト

増山 麗奈

info@renaart.com

080-6687-4118

T&F 03-6779-4538

♪3冊同時出版しました♪

げんばくとげんぱつ(子どもの未来社)

http://p.tl/Ykeu

母親たちの脱被曝革命(扶桑社)

http://p.tl/0Wur

原発依存国家(扶桑社)

http://p.tl/6z9g

福島&インド子どもアート交流プロジェクト進めています。

応援よろしくお願いいたします。

☆全ての子ども達が安心して生きれる社会を☆


https://motion-gallery.net/projects/bornfreeart

 

スポンサーサイト
  1. 2013/12/22(日) 16:10:06|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | 電話をしてみて下さいませんか?&食べて応援?>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/25(金) 21:09:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/07/16(木) 19:47:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/377-cc58cd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。