福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

団結祭&あなたもつ らいのね(ToT)

団結祭

子供達と私は、署名集めをちょっとだけお手伝い。遊びスペースもあり、段ボールのトンネルをくぐったり、楽しく過ごさせて頂きました。
後片付けをお手伝い、風船を沢山頂き、只今、我が家は明るい風船プール状態になっています。

関西のアチコチでも、毎週金曜行動、若しくはそれに類似する行動を様々な方々が、やって下さっています。そんな光景を目にすると、心が穏やかになれます。希望が湧いてきます!
皆さん、本当に有難うございます!

経産省前再稼働反対の金曜行動の上映を見させて頂きました。イベント風で、とても楽しくて、何回も行きたいなと思える内容でした。そして、こんなにも楽しく盛り上がってくれている人々がこんなにも沢山いるんだ~!と嬉しくなり、元気が出てきました。
許されるなら、経産省前に行きたいなあ~
って思いました。経産省前のように 市民の誰もが参加しやすい、市民の誰もが、また行きたくなるイベントだと良いな~f(^ー^;と思いました。。そういう意味で、今日の団結祭は、日本のさまざまな問題、しかし根底では繋がっている問題を取り上げつつ、お祭りになっていたので、一般市民も参加しやすくて、良いな~(*^^*)と思わせて頂きました。

*******
帰りに心斎橋筋の商店街に寄りました。何故かというと、私の靴は8年以上も履いていて、ソロソロ草臥れてきたからです。もう、9年になるかも?そして、外出先で知った事ですが、下の子の靴の爪先が開いていましたし・・・・・。

まず、下の子が「トイレに行きたい」というので、お洒落な家具屋さんに入りました。その後、家具や雑貨を見るのが好きな私はついでに、店内を散策しました。二階に行くと、お家の内装や家具をコーディネートするブースの幾つかで、何組かのご家族が、プランナー?の方々と共に相談されているようでした。

「このご時世に家を建てるのね・・・・・その前に、原発を、まず止めなきゃね。」

私達も家を建てる時、広い住宅展示場で、上の子をハイハイさせながら、「あーでもない、こーでもない」と色々話し合ったものです。ちょっと背伸びをして、お気に入りのパーティーキッチンにして、照明は・・・、カーテンは・・・と。
家が出来てからは、木の香りのする我が家で、森林浴をしながら、上の子が長い距離をハイハイしていました・・・。

今の我が家の毎日を思うと、本当に幸せで贅沢な毎日でした。人は失ってから、それまでの幸せに気付く生き物なのですね。

歩くようになると、早く歩きが上手になるようにとの想いで、靴無しの靴下のみで、外を歩かせた。・・・・・原発事故以降、被災地では、そんなことは絶対に出来ない。それなのに国民の多くは、関東でさえもそんな恐ろしい自体になっている事を知らない・・・・・。これからの日本は本当にどうなるのでしょうか?

気が付いた人から、自分の出来る範囲の事で良いのですから、心ある行動をして頂くしかないですね。

私が、そのお店で、我が家を建てる時の事を思い出し、胸が押し潰されそうな悲しみに浸っている時、上の子が、「早く出よう。なんかイヤ・・!」と言い出しました。理由を聞くと「出てから言うから。」と。その意見を尊重して「何か怖いものでも見たのかな?」と思いながら、外に出ました。
理由は「とにかく、なんかイヤ」との事でした。前にも似たような出来事が幾つかありました。
家を建てた時、まだ幼かったけど、何となくその時の事を覚えていたのかな?それとも、私の心を敏感に感じとってしまったのかな?

我が家の福島の家は、築10年が経ちますが、私にとっては木の香りのする未だに新築と同じ感覚の、愛する我が家です。・・・・
あなたに逢いたい。逢いたい・・・・・・・・・・・

原発事故以来、たった一度しか逢ってないね・・・・・・・・。

あなた達も辛いのね。

あなたを建てる前に原発の事を考えなくちゃいけなかったんだね。

無知でゴメンね・・・・・。

愛してるよ。


その後、靴を見る元気も無くなり、帰路につきました。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/05(月) 15:23:18|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大飯原発を即止める署名 https://fs222.formasp.jp/k282/form2/ | ホーム | 私のブログって?!&アメリカ にどう思われているのかな?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/44-2c5d39cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。