福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食べて応援したらどうなる? & 放射能市民測定所12月号チラシ

被災地の食べ物を食べ続ける事によって、被災地がどうなるかご存知でしょうか?農家の方々は安く買い叩かれ、被災地では、大人は勿論、子ども達も地産地消で汚染された食べ物を食べる事を強いられます。

夏休みに私達が福島に帰った時、スーパーには京都では決して選ばないようような危険地帯の品物ばかりが、売られていました。それを買って食べるしかありませんでした。

外部被爆をしていなかったはずなのに、関西にいながら、内部被爆の様々な症状が出て苦しんでいる私達が、どんな思いで買い物をし、どんな思いでそれを口にしたか・・・・・・・ご想像頂けるでしょうか・・・・・?

西日本には、沢山の休耕田と土地が余っていると聞いています。

何故、汚染地帯に人々を留まらせなくてはならないのでしょうか?

食べて応援して下さる方々、有難うございます。私もそういう気持ちでした。
しかし、老若男女、汚染地帯の食べ物を食べ続けると、どうなるかお分かりでしょうか?
その症状が出るのは数ヶ月後か数年後か数十年後かは判かりません。
このブログを読んで下さっている、心あるあなたなら、病気になら無いかも知れません。
しかし、もし神様があなたに試練を与えて下さった時、あなたの経済を支えて下さる方はいらっしゃいますか?・・・・・あなたの介護をして下さる方は、いらっしゃいますか?

あなたが病気になり医療にお世話になったら、健康保険料が上がります。
あなたが介護状態になったら、介護保険料が上がります。
その他、国民一人一人の経済的負担が増えるでしょう。

あなただけの問題ではなくなります。

食べて応援して下さる方も、食べないと決められた方も、被災地の人々を安全にする事により、日本、世界を守り、皆さん自身を守る事に繋げていって下さい。
どうか、皆様お一人お一人の力を貸して下さい。お願い致します。
~~~~~~~~~~~~
というわけで、下記のような要望を、福島県は基より、関東など の被災地にも届けて頂きますよう、お願い致します。

皆様のお住まいの市町村にも、「しっかり測らない事が、風評被 害にも繋がるので、出来るだけゼロベクルに近くまで食べ物の放射能の測 定をして欲しい。」とお伝え下さい。そしたら、海の物も、キノ コも食べられます。(T-T)

「福島県(被災地)内の食材の放射能測定をする際の検出限界値を下 げて、出来るだけゼロベクルに近い物が給食や食卓に上がるよう にして欲しい。そうする事で、全国に危険な食材が出回る事を防 いで下さい。」

「関東を含む、被災地の健康を守る事を真剣に考えて下さい。」

「そうする事により、全国民の将来の健康、金銭的負担を減らし て欲しい。」

福島県知事宛先

<連絡先>福島県知事直轄広報課〒960-8670 福島県福島市杉妻町 2-16 電話:024-521-7012 FAX:024-521-7901 kouho@pref.fukushima.lg.jp

郡山市長宛先

<連絡先>総務部秘書課福島県郡山市朝日一丁目23-7 電話番号: 024-924-2003 ファックス番号: 024-934-4351 hisho@city.koriyama.fukushima.jp

飽食大国日本!

原発事故前は食の4割が棄てられています。なんとか、工夫した いです。

まずは、多くの方々(出来れば、すべての国民)が真実を知って下さる事で、日本が守られていきます。
----------------------------
京都の放射能市民測定所の12月号のチラシを添付します。

一つでも多くの食材を測り、市民の声をスーパーや行政に届けていく事。それが、皆様を守る事につながります。

どうか、丹波橋駅から直ぐの所にある京都市民測定所に足を運んで下さいますよう、お願い致します。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/13(火) 12:11:24|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お話し会の予定 | ホーム | 嬉しい事&福島の村田弘さん の原発民衆法廷の意見陳述書>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/52-72f5dbc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。