福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

分断されたのは何故 ? & 私達に出来る事。

ある日の夜、私達親子三人で電車に乗った。がら空きの車中。ベンチに座った 私たち3人の前に知らない普通のご家族4人。

奥さまは小綺麗にされ、週末だし家族揃って何処かにお食事にでも行かれた帰りかなぁ?

原発事故前は、私達もいくらかのお洒落をして、家族4人揃ってアチコチ出掛けたね。
今、思い出しても極普通の日常生活だったけど・・・・・休日の朝は犬の散歩がてら、家族揃ってパン屋さんに、朝食用のパンを買いに行ったね。

家族揃って、お買い物に行っただけ・・・・・・それ一つとっても、本当に幸せだった。
私は、言い表せない程、空虚な気持ちになってしまった。

そして、電車を降りた直後、上の子がとてわもふて腐れてこう言った。
「前に座っていた家族、嫌な感じだった! 」
私が聞いても、何がイヤだったのかは答えない。

貴女も、家族揃った私達の日々を思い出してたんだね。

・・・・・ゴメンね。

多感な時期の子ども達にとって、ただ、父親が側にいる・・・・・それだけで、どんなに有り難かった事か。

そんな事にも気が付かず、夫に感謝の足りなかった愚かな私だった。
ご免なさい。

私達、夫婦の絆がもっと強ければ、子ども達が父親とこんなに離ればなれになる事は無かったかも知れない・・・ゴメンね。

今、夫は、父は、福島に残っている。
放射能の事を語っても、私とは意見がまるで違う。

何故、私達被災者が家族や地域の方々と心まで分断されてしまう事になってしまったのでしょうか?


私は、少しでも皆の距離が近付く事を願いながら、遠い関西の地で、微力ながらも自分に何が出来るのか、日々問う。

何もしないよりはマシ。

原爆医師の肥田舜太郎先生が「30万人が変わったら日本は変わる」と仰っておられたこと。私は忘れない。

どんな些細な事でも良いんです。取り敢えず、気が付いた人から何かやりましょう!

私達自身を守る為に、家族の為に、世界の為に!!

というわけで、
「震災瓦礫が燃やされ、放射能が拡散され危険地帯が拡がらないようにして下さい。他にいくらでも被災地の支援はある。そちらにお金を使って欲しい。」と連絡を入れて下さったら嬉しいです。以下、転送。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆様
大阪市、敦賀市、高浜町の広域処理の担当課に意見しようと思いましたので、連絡先をまとめてみました。


大阪市環境局施設部施設管理課災害廃棄物広域処理グループ

住所: 〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス12階)
電話: 06-6630-3361 ファックス: 06-6630-3582
メールフォーム:

https://sc.city.osaka.lg.jp/mail/inquiry.cgi?so=2237ff5e52a9a5cfc7196b57e5eaa34ce81772f7&ref=kankyo%2Fpage%2F0000163892.html

敦賀市廃棄物対策課
所:〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
フロア:3階
電話番号:0770-22-8185
FAX番号:0770-22-6042
メールアドレス:

haikibutu@ton21.ne.jp

開館時間:午前8時30分から午後5時30分

http://www.city.tsuruga.lg.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=254

高浜町住民課/政策推進室

電話番号0770-72-7703/0770-72-7711
メールアドレス

zyumin@town.takahama.fukui.jp / seisaku@town.takahama.fukui.jp
http://www.town.takahama.fukui.jp/page/seisaku/gareki2-1.html
大阪市、敦賀市、高浜町から京都市の距離を調べました。敦賀市80km、大阪市此花区53km、大飯郡高浜町55km。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/14(水) 23:54:14|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月の不当逮捕。昨日(11/ 13)の此花不当弾圧について | ホーム | 帰りたいね。& 原発民衆法 廷、福島の村田弘さんの陳述書>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/55-2e0c233f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。