福島から京都に避難して

3.11の原発事故で、福島から大阪、そして京都に母子避難しました。その体験を伝え歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私達が今、生活出来ているのは・・ ・&原発作業員が去ってい く 福島第一原発“廃炉”の現実 |一日 一回脱原発 |Am eba (アメーバ)

今、日本に住む私達が、世界の人々が、生きているのは、原発作業員さん達のおかげです。
ご自分の身体の危険を感じながらも、捨て身で作業をして下さっている皆様。皆様を送り出して下さる家族の皆様。

本当に、有難うございます。
本当にご免なさい。

形は違うけど、沢山の方々が、関西でも、頑張って下さっています。
本当に有難うございます。

私も、日々模索して、微力ながらも、自分に出来る事を、私なりにやっています。


皆が、お互いを認めあい、高め合って、元気をもらいながら、時には元気を与える事もある。
そうやって、前向きに、生きていきたい。

人間は一人では生きられないのだから・・・・・

意見の違う所があったら、逃げずに歩み寄れる所を探したい。

何もかも投げ出したくなる時もある。

・・・・・けれど、沢山の方々が支えて下さっている事を忘れずに、何とか踏みとどまる。
そしてまた、少しずつでも、良かれと思う方角へ、前に進んで行く。

それしかない。


今日出逢った皆様に。
話しを聴いて下さった皆様に。
私を毎日支えてくれている子供たちに。
遠く離れていても家族である事を忘れないでいてくれている夫に。
遠く離れていても、文句一つ言わず、私達の避難生活を認めてくれているお義母さん、父に。

心からの有難うを言わせて下さい。
皆様のお陰で、今日も何とか、頑張れました。本当に有難うございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下、転送です。

原発作業員が去っていく。
福島第一原発“廃炉”の現実 |一日一回脱原発 |Ameba (アメーバ)

http://s.ameblo.jp/amebloacchan/entry-11399081583.html
スポンサーサイト
  1. 2012/11/25(日) 00:59:04|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日、高槻行動 野 田さんが来るらしい。 | ホーム | 不当逮捕され無い為に & 救援署名へのご協力のお願い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyania.blog.fc2.com/tb.php/67-78010455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。